Navi ann 3567a55d730e7fc81eceb4f1b3cc64f6d6bce7fc40b438d8ab989303f0b9c3c0

もくじ

  1. 1 乾燥による頭皮のかゆみでお悩みの女性へ
  2. 2 【対処法】今すぐ抑えたい頭皮のかゆみにはこれ!
  3. 3 あなたの生活に潜む【頭皮を乾燥させる原因】とは
  4. 4 乾燥から女性の頭皮を守る【5つの方法】
  5. 5 頭皮の乾燥による症状がひどい女性は皮膚科へ
  6. 6 かゆみを伴う頭皮の乾燥には早めの対策を!
  7. 全ての目次を見る
あん

頭皮が乾燥しているということは、頭皮のバリア機能が低下して、刺激を受けやすくなっているということ。

もっとひどいかゆみやフケ、そして炎症を招いてしまうことも…。

そこで今回は、すぐにでもできる頭皮の乾燥やかゆみを防ぐ方法について紹介するよ〜!

頭皮の乾燥によるかゆみやフケをすぐにでも抑えたい場合、頭皮用のローションを使いましょう!

『メディクイックH 頭皮しっとりローション』は、保湿成分に加え、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムセンブリエキスといった4種の薬効成分も配合されています。

いますぐにでもかゆみを抑えたいのであれば、ぜひ使ってみてくださいね!

ただし、ローションを使っても、頭皮の乾燥によるかゆみやフケの根本的な改善にはなりません

頭皮の乾燥によるかゆみを抑えるために重要なのは、その原因を知り、適切な対策をとること。
まずは、自分の頭皮が乾燥する原因を押さえておきましょう。

頭皮が乾燥してかゆみやフケが出る理由…それは皮脂の減少
皮脂には頭皮のバリア機能があり、頭皮を外的ダメージから守ったり、水分蒸発を防いだりする役割があります。

つまり、皮脂が少なくなると頭皮のバリア機能が低下するため、頭皮が乾燥してかゆみフケなど頭皮トラブルを引き起こす可能性があるのです。

生活の中に潜む頭皮が乾燥する主な原因は次の7つ!

  • 加齢
  • シャンプーの洗浄力が強すぎる
  • 洗髪の頻度が多い
  • シャワーの温度が高い
  • ドライヤーの間違った使い方
  • 紫外線の影響
  • 空調の影響

どれかに心当たりはありましたか?
頭皮の乾燥・かゆみを対策するなら、まずは原因を取り除く必要があります。

そのうえで、これから紹介する頭皮の乾燥やかゆみを防ぐ方法を並行して行いましょう!

それでは早速、頭皮の乾燥を防ぐ5つの方法を紹介します!

  • ①シャンプーと洗髪方法を見直す
  • ②ドライヤーのやり方を見直す
  • ③保湿アイテムを使用する
  • ④紫外線/空調による乾燥に注意する
  • ⑤生活習慣を見直す
シャンプーと洗髪方法に注意!

頭皮が乾燥する原因は皮脂の減少です。
頭皮の水分蒸発を防ぐ役割をしていた皮脂が少なくなることで、頭皮の水分が失われ乾燥してしまうのです。

その原因として考えられるのが、頭皮タイプにあっていないシャンプーの使用です。
例えば、乾燥肌の女性が洗浄力の強い高級アルコール系のシャンプーを使ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥へと繋がってしまいます。

そこで乾燥肌の女性におすすめなのが、髪や頭皮と同じ弱酸性アミノ酸系のシャンプーです。

高級アルコール系やアミノ酸系などシャンプーの種類は成分表を確認しましょう!

Large comment ann 5 2ada6a66dff780dfc0464793d2c6da3312fd0191e1310b7bfe33ec5c73baf0c5

アミノ酸系シャンプーを見分けるには、裏の成分表示を確認しよう!

成分は配合量の多い順に表示されているから、水の後、2〜5つ目に「ココイル〜」「ラウロイル〜」などのアミノ酸成分が入っているか確認してみてね。

「ラウリル硫酸〜」「ラウレス硫酸〜」といった成分があれば高級アルコール系シャンプーなので要注意だよ!!

&Hair おすすめのアミノ酸系シャンプー「haru」

また、間違った方法で洗髪していると、皮脂の落としすぎ頭皮への刺激により、頭皮の乾燥やかゆみを引き起こしてしまいます。

特に気をつけてもらいたい洗髪時の注意点はこの3つ!

  • 爪を立てたりゴシゴシ洗わない
  • シャワーの温度は38度ほどのぬるま湯
  • シャンプーを使った洗髪は1日1回まで

頭皮を洗う際に爪を立てるのは頭皮のダメージとなって、炎症やかゆみに繋がってしまいます。
頭皮は指の腹を使ってやさしくマッサージするように洗いましょう。

また、シャワーの温度が高すぎると、頭皮のバリア機能を果たす必要な皮脂まで洗い流されてしまうので注意してくださいね。

必要な皮脂まで洗い流さないために、シャンプーを使用した洗髪頻度は1日1回にとどめて、1日の汚れを洗い流す意味でに行いましょう!

\ さらに詳しい洗髪方法についてはこちら /

ドライヤーのやり方にも注意!

ドライヤーで頭皮を乾かし過ぎてしまうと頭皮の乾燥を招く可能性があります。
さらに、自然乾燥半乾き状態では頭皮に雑菌が繁殖しやすくなり、かゆみを招きかねません。

乾かさないのも、乾かし過ぎるのも頭皮環境の悪化を招きかねないので注意が必要なのです。

それでは、正しい乾かし方を確認しておきましょう!

ドライヤーで髪を乾かす手順はこちら!

  • ①タオルドライ
  • ②根元から乾かす
  • ③徐々に毛先に向かって乾かす
  • ④最後は冷風で乾かす

まず、頭皮や髪の毛を傷つけないように、やさしくタオルで水気を拭き取ります。
ここで頭皮の水気を拭き取ることが大切です。

髪の毛をドライヤーで乾かす際は熱風の当てすぎを防ぐために、ドライヤーを20~30cm離して乾かしましょう!

根元を中心にざっと乾かしたら、キューティクルに沿って上から下へハンドブローしていくと、ツヤのあるまとまる髪に仕上がりますよ◎

全体が乾いてきたら最後に冷風を当てて、粗熱をとっておきましょう。

\ さらに詳しい乾かし方についてはこちら /

保湿剤を使って頭皮を保湿しましょう!

頭皮の乾燥によるかゆみにお悩みの方は、保湿アイテムの使用がおすすめです。

頭皮を保湿することで、頭皮の乾燥を防ぎ、かゆみを抑える効果が期待できます。

保湿アイテムには、保湿力の高い順に「オイル」「クリーム」「ローション」の3種類があります。

ローションタイプは、べたつきが少なく伸びが良いため、毎日手軽に保湿したい女性に特におすすめ。
乾燥がひどい場合には、クリームタイプやオイルタイプのより保湿力の高いものが適しています。

もしくは、顔のケアを同じようにローションタイプを塗布した後、クリームやオイルを使用するとより保湿力が高まります◎

ご自身の乾燥度合いや好みなど、自分に合ったものを使用してくださいね。

\ &Hairおすすめの保湿ローションはこちら /

保湿成分配合の育毛剤もおすすめ!

「育毛剤は薄毛の人が使うもの」と思っている女性は少なくないと思います。

しかし、育毛剤には頭皮環境を整える効果が期待できます。
保湿成分が配合されている育毛剤は頭皮の乾燥やかゆみに悩む女性にもおすすめなのです!

\ &Hairおすすめの育毛剤はこちら /

紫外線対策をしっかりしましょう!

紫外線が強い季節、日焼け対策として顔や腕に日焼け止めを塗る女性は少なくありません。
しかし、頭皮の紫外線対策は見落としがち

実は、体の中で太陽に一番近い「頭皮」は最も紫外線の影響を受けやすい部分なのです。
紫外線のダメージによって、頭皮のバリア機能を果たす皮脂膜が破壊され、結果的に頭皮の乾燥やかゆみが引き起こされてしまうことがあります。

そのため、日差しの強い日は肌だけでなく頭皮のUVケアも行うようにしてくださいね。

頭皮の紫外線対策がこちら。

  • 日傘を使う
  • 風通しの良い帽子をかぶる
  • UVヘアスプレーを使う
  • 髪の分け目を定期的に変える

まずは、できるだけ頭皮に紫外線が直接当たらないように、日傘や帽子を使用しましょう。

ただし、風通しの悪い帽子は頭皮が蒸れてしまうため、長時間の使用は避けてくださいね。

長時間外出する場合は、頭皮にも使えるUVスプレーを頭全体にふわっとかけておきましょう!

頭皮の乾燥には生活習慣も関係しています…!
あん

次は、毎日の生活の中で頭皮の乾燥やかゆみを防ぐ方法を紹介するよ〜!

今回紹介するのは特に気をつけたい「食生活」「ストレス」「睡眠」の3つ。

それぞれ詳しく見ていこう〜!!

《食生活》

食事による栄養摂取は、頭皮環境を正常に保つためにも非常に重要。

特に頭皮が乾燥でお悩みの方はたんぱく質ビタミン類を積極的に摂取しましょう!

そこで、おすすめしたい食材が大豆
豆乳や納豆なら忙しい女性でも手軽に栄養を摂取できますよ◎

ただし、大豆だけではビタミンAとCが不足してしまうので、野菜で補ってくださいね。


《ストレス》

ストレスがたまると自律神経の働きが乱れ、血管の収縮するため血行不良を招きます。

血行が悪くなるとせっかく摂取した栄養素が頭皮まで行き渡らずに、たんぱく質ビタミンが不足して、結果的に頭皮の乾燥やかゆみに繋がりかねません。

ストレス社会といわれている現代でストレスをためないことは難しいので、意識的にストレスを解消するようにしましょう。

例えば、こんな対策があります。

  • 無理のない運動(ヨガなど)
  • 人とコミュニケーションをとる
  • 思ったことを紙に書き出す
  • 掃除や料理に没頭する

ストレスの感じ方はもちろん、発散方法も人ぞれぞれ異なるのであなたに合うものを見つけてくださいね。


《睡眠》

睡眠不足は、自律神経ホルモンバランスの乱れにつながり、血行不良を招く可能性があります。

また、紫外線や外的ダメージを受けた頭皮は、夜寝ている間に修復しているため、睡眠は非常に重要です。

頭皮の乾燥やかゆみを抑えるために、さらには頭皮環境を整えるためには、良質な睡眠をとることが重要だといえるでしょう。

睡眠の質を高めるためにおすすめの方法がこちら。

  • 寝る90分前にお風呂に入る
  • 軽いストレッチをする
  • アロマを焚く
  • 寝る30分前から液晶画面を見ない
  • 暗くして寝る

生活習慣の改善は、頭皮の乾燥やかゆみだけでなく体の健康にもつながります。
この機会に毎日の生活習慣を見直してみましょう。

症状がひどい場合は皮膚科を受診しましょう!

頭皮の乾燥が招くのはかゆみだけではありません。

頭皮の乾燥の症状がひどい場合、皮膚疾患の一つである乾燥性皮膚炎の可能性があります。
特に次の項目に当てはまる人は要注意!

  • 頭皮に痛みがある
  • 頭皮が赤い
  • 湿疹ができている
  • 細かいフケが出ている

これらの症状に心当たりがある女性は皮膚科を受診しましょう。

あん

今回は、頭皮の乾燥とかゆみを防ぐ5つの方法を紹介したよ!

頭皮の乾燥・かゆみを治したい女性は、まずは原因を取り除いてから対策をしてね。

簡単にできる対策ばかりだから、頭皮の乾燥やかゆみが気になる女性はすぐにでも対策を行ってくださいね。

症状がひどい場合は、放っておかないですぐに皮膚科を受診しよう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。