Navi ann

もくじ

  1. 1 簡単にできる、前髪セルフカット術を身につけよう!
  2. 2 ①前髪のセルフカットに必要なものを揃える
  3. 3 ②なりたい前髪のイメージを決める
  4. 4 ③セルフカットの方法を確認して、実践!
  5. 5 ④軽く・薄く、前髪の量を調整する
  6. 6 前髪のセルフカット術を覚えて、サロン要らず!
  7. 全ての目次を見る
Comment ann 1
あん

前髪カットのために、わざわざ美容室へ行くのはちょっとめんどうだよね。。

そこで今回は、おうちで簡単にできる“前髪セルフカット”の方法を紹介するよ!

前髪の種類別にカットのやり方を紹介するから参考にしてみてね。

まずは前髪セルフカットに必要なものを用意しましょう。
前髪のセルフカットに必要なものはこの3つ

  • ヘアカット用のはさみ
  • 目の細かいコーム
  • ピンもしくはヘアクリップ

はさみは文房具用だと髪の毛を傷めてしまうので、必ずヘアカット用のものを使ってくださいね。
ピンやヘアクリップは、カットしない部分を留めるのに使用します。

準備が整ったら、次はなりたい前髪のイメージを決めていきましょう!

Comment ann 1
あん

今回紹介するセルフカットでできる前髪には4種類あるよ♪

まずはこの中からどの前髪にしたいか、イメージを決めよう!
気になる前髪をクリックしてみてね。

フルバングは、いわゆるぱっつん前髪のこと。
フルバングは、マッシュヘアミディアム〜ロングヘアの女性によく似合う前髪で、若い印象になります。

カットのやり方はこちら>>フルバングのセルフカット方法

ショートバングは、オン眉とも呼ばれる、眉毛の長さまで切った前髪のこと。
個性的な印象で、ショート〜ロングヘアまで幅広い長さの髪型と相性◎

カットのやり方はこちら>>ショートバングのセルフカット方法

シースルーバングは、おでこが透けて見えるぐらい薄い前髪のこと。
若く可愛らしい印象で、ボブやミディアム〜ロングヘアと相性抜群です。

カットのやり方はこちら>>シースルーバングのセルフカット方法

斜めバングは、名の通り、斜めに流す前髪のこと。
斜めに流す前髪は女性らしい印象で、ミディアム〜ロングヘアによく合います◎

カットのやり方はこちら>>斜めバングのセルフカット方法

Comment ann 1
あん

なりたい前髪が決まったら、さっそくセルフカット!

動画でセルフカットの方法を確認してから実践してみてね☆

まずはじめにブローで前髪の生えグセを伸ばしておきます

  • 1)前髪にする範囲を決める
     横幅は左右の黒目の外幅を目安にするとバランス◎
     根元が左右均等の三角形になるように髪をとる
  • 2)カットしないサイドの髪をピンで止める
  • 3)希望よりも少し長めに切る  毛先はジグザクになるようにはさみを入れる
  • 4)最後に整えて、完成☆

前髪の根元の三角形の奥行き=前髪の厚さなので、奥から取ると厚めのフルバングになります。

動画にもあったように、はじめから希望の長さでカットしてしまうと、失敗した時に取り返しがつかなくなってしまうので、少しに長めにカットしていきましょう!

前髪部分の外側が短すぎてしまうと、顔が丸く見えてしまうので注意してくださいね。

  • 1)フルバングの方法で前髪を眉毛と同じ長さにカットしておく
    ここではパツンと切ってOK
  • 2)前髪を上部と下部に分けて、上の毛束をピンでとめる
  • 3)残しておいた下の部分を切る
     毛先2cmほどのところに上から下に向かってハサミを斜めに入れ、すく
  • 4)とめていた上部の髪をなじませてから切る
     同じ要領で毛先を軽くすく

あまり根元に近いところから切ってしまうと、短い毛が増えて前髪が浮いてしまうので注意しましょう。
特に4)の上部の髪は毛先をすいて、全体をなじませる程度にしておくと◎

シースルーバング(薄い前髪)を作る方法は大きく分けて2種類あります。

①前髪を作る幅をそもそも少なくすることで薄い前髪をつくる方法
②通常も前髪をすくことで薄く仕上げる方法

素人でも失敗せず、シースルーバングを作れるのは①のやり方!
ということで、今回は①のやり方を紹介します。

まず、前髪の生えグセを消すようにブローをしておきます。

  • 1)根元が小さい三角形になるように、前髪薄めにとる
     サイドの髪は落ちてこないようにピンでとめておく
  • 2)希望の長さより少し長めに切る
  • 3)最初に三角形でとった前髪をさらに分ける
     さらに分けた毛はサイドにとめておく
  • 4)残った極薄の前髪を巻く  太めのこてか、カーラーがおすすめ
  • 5)下ろして、散らせば完成☆

一番重要なのは、小さく左右均等の三角形になるように前髪を取ること。
ここで髪の毛を多くとりすぎてしまうと薄くならないので注意してくださいね。

セットでしっかりとカールするのも可愛く仕上げるポイントです!

カット不要!シースルーバング風アレンジ

Comment ann 1
あん

カットしなくても、いつもの前髪をシースルーバング風にすることができるんだよ〜!
今回はそのアレンジ方法も教えるね♪

シースルーバング風アレンジは、ヘアピンストレートアイロンだけで簡単にできます!

  • 1)ストレートアイロンで前髪を巻く
  • 2)薄く残す前髪の量を決める
  • 3)それ以外の前髪をねじってサイドにヘアピンで固定する
  • 4)ヘアピンの周辺の髪をほぐして馴染ませたら完成☆

はじめにストレートアイロンでしっかり巻いておくのがポイント◎

まず、前髪の生えグセを消すようにブローをしておきます。

  • 1)根元が小さい三角形になるように、前髪薄めにとる
     サイドの髪は落ちてこないようにピンでとめておく
  • 2)前髪を流す方向を決める
  • 3)流す方向にくしを入れ、さらに小さな三角形になるように前髪を分ける
     残った毛はサイドにとめておく
  • 4)流す方向と反対側に引っ張りながら毛先を揃えて切る
     流すことを考慮して長さを調節する
  • 5)3〜4を何回かに分けて繰り返す
  • 6)毛先をすいて調整したら、完成☆
     少量の毛束をねじって毛先にすきバサミを入れる

ポイントは、流す方向を逆方向に前髪を引っ張りながら切ること。
すくときに根元からすいてしまうと、スカスカでまとまりがなくなってしまうので注意してくださいね。

Comment ann 1
あん

最後に前髪の量や重さを調整する方法を紹介するよ〜!

自分で前髪をすくことができると、サロンに行かずに前髪のメンテナンスができるようになるからおすすめだよ◎

セルフで前髪をすくのに必要なものはすきバサミピンだけでOKです◎

  • 1)前髪をブロッキングする
     上と下の2つに分けて内側(下)の髪から切る
  • 2)少量ずつ毛束をとり、ねじる
  • 3)ねじった毛束の中央毛先の2箇所にすきバサミを入れる
     ※ハサミは必ず下から上に向けて入れる
  • 4)2〜3を繰り返してブロッキングしておいた外側(上)の髪も行う
     ※外側(上)はすき過ぎないように毛先中心にすきバサミを入れる
  • 5)全体的にすきバサミを入れたら完成☆

ポイントは少量ずつすくこと。
中央より上にすきバサミを入れないこと!

すき過ぎてしまうと、浮きやすく、まとまらない前髪になってしまうので注意してくださいね。

Comment ann 1
あん

今回は4種類の前髪のセルフカット方法前髪をすく方法を紹介したよ。

これをマスターすれば前髪カットでサロンに行かなくても大丈夫◎
前髪を切りたくなったら動画を見ながら、前髪のセルフカットに挑戦してみてね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。