Navi megumi

もくじ

  1. 1 シャンプーに含まれるシリコンは髪や人体に悪影響!?
  2. 2 ”シリコン”の意味とは?
  3. 3 シリコン=有害ではない!意外と多いシリコンシャンプーの勘違い
  4. 4 こんな女性にはシリコン入りのシャンプーがおすすめ
  5. 5 ”ノンシリコン”が注目される理由とメリットは?
  6. 6 あなたはどっち?髪質や悩みでシリコン・ノンシリコンを選ぼう
  7. 全ての目次を見る
Comment megumi 4
めぐみ

ノンシリコンシャンプーが髪に良いっていう話、よく聞くわよね。だから、なんとなくシリコンは髪によくないっていう印象の人も多いんじゃないかしら?でも実際シリコンは髪に悪いの?悪いとしたらなぜ?って具体的には知らない人も多いわよね。今回はシャンプーなどのヘアケアにおけるシリコンの役割や意味を詳しく説明するわよ。

シャンプーなどに含まれるシリコンは、正しくはシリコーン表記されます。
しかし、シャンプーに含まれるシリコーンが一般的にはシリコンと呼ばれることも多く、ここでも「シリコン」と統一してご紹介します。

さて、シリコンとは、酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物天然には存在しません。

シャンプーのシリコンはコーティングの役割を担っていて、髪をしっとりまとまりやすく仕上げたり、指通りを良くする、ツヤを出すなどの効果があります。

厳しい基準をクリアして使用されている通り、一般的には安全とされている物質です。

またシリコンには以下のような特徴があります。

  • 熱や光に強い
  • 柔軟性が高い
  • 通気性が高い

このようにシリコンは科学的に安定性があるため利用価値が高く、オイル、ゴム、カーワックスなど、さまざまな分野で幅広く活用されています。

Comment megumi 4
めぐみ

「髪のことを考えればノンシリコンシャンプーを使うほうが良い」なんて言われたり、シャンプーに関してシリコンは悪者にされがち。でも、シリコンは悪者ではないの。ここでは、シャンプーに含まれるシリコンについて、勘違いされがちなことをまとめて紹介するわ。

  • シリコンは毛穴を塞ぐ?
  • シリコンは頭皮にダメージを与える?
  • シリコンは薄毛の原因になる?
  • シリコンは有効成分の浸透を妨げる?

シリコン入りのシャンプーを使ったからといって、毛穴が詰まる、塞がるということはありません。

シャンプーにおけるシリコンの配合量や、髪の表面に薄く広がりやすいという性質などから考えて、毛穴を塞いでしまうことは考えられないのです。

万が一シリコンが毛穴に入り込んでも、洗髪時に洗い流されたり、髪の毛の成長とともに毛穴から外に排出さるので心配いりません。

ただし、シャンプーをきちんとすすがなければ、毛穴にシャンプーの成分が残る可能性が…。

これはシリコン入りのシャンプーであろうが、ノンシリコンシャンプーであろうが関係ないので、シャンプーでの毛穴詰まりを防ぎたいなら、シャンプーの種類を変えることよりもしっかりすすぐことが大事と言えるでしょう。

シリコン入りのシャンプーの使用が、頭皮のダメージになることは基本的にありません。

シリコン自体は人体にとって有害なものではなく、アレルギー反応も少ないとされています。そのため、シリコン入りのシャンプーを使っても頭皮のダメージになる可能性はさほどないと言えるのです。

ただし、シリコン自体が肌に合わない体質の場合は、肌荒れに繋がる可能性があるので、万人にとって必ずしも安全で、一切ダメージがないとは言い切れないことも覚えておきましょう。

薄毛対策にはノンシリコンシャンプーが良いといったインターネット広告を見たことがある人もいるのではないでしょうか?

…ということは、シリコン入りのシャンプーは薄毛に繋がるのでは?と思ってしまいますが、シャンプーに含まれるシリコンと薄毛は無関係です。

シリコンによって毛穴が詰まって薄毛になるのでは…。
シリコンが頭皮にダメージを与えるから薄毛を招くのでは…。

といった憶測が、このような噂に繋がっていると考えられますが、これまでに説明した通りシリコン入りのシャンプーで毛穴が詰まったり頭皮がダメージを受けることはありません。

また、シリコンに薄毛を招くような作用は確認されていません。

シャンプーにおいてシリコンは髪の表面をコーティングする役割があります。

このことから、シリコン入りのシャンプーを使うと頭皮がコーティングされて育毛剤などの成分が浸透しないと言われることがあります。しかし、頭皮までコーティングされるという事実はありません。

ただしきちんとシャンプーをすすいでいないければ、毛穴にシャンプーが詰まってしまい、毛穴から浸透するはずのものが浸透しにくくなることは考えられます。

もちろんこれはシリコンのせいではなく、ノンシリコンシャンプーでも同じことが言えます。

Comment megumi 1
めぐみ

何かと悪者にされがちなシリコンだけど、人体にとって悪影響なわけではないのね。

シャンプーにおいて、シリコンは悪者ではないどころか嬉しい効果も。

シリコンは髪の毛を外側からコーティングする働きがあるので、以下のような髪の女性にはシリコン入りのシャンプーがおすすめと言えます。

シリコンシャンプーはこんな女性におすすめ

  • ・ブリーチやデジタルパーマで髪が傷んでいる
  • ・広がりを抑え、まとまる髪にしたい
  • ・指通りが良くツヤのある髪にしたい
  • ・ロングヘアで絡まりやすい

また、髪の毛をコーティングすることで、髪の毛同士の摩擦や髪とブラシの摩擦を軽減し、摩擦によるヘアダメージを減らす効果も期待できます。

髪のダメージを少しでも減らしたい、ごわつきや見た目の艶やかさ、指通り悪さ、髪の絡まりを解消したい女性はノンシリコンよりもシリコン入りのシャンプーの方が向いていると言えるでしょう。

Comment megumi 1
めぐみ

逆にふんわりした仕上がりにしたい人や、ダメージが少なくて髪が絡まることもない、髪をさらっと軽めに仕上げたい人は、ノンシリコンシャンプーが向いているわ。

Comment megumi 1
めぐみ

実際、シリコンは有害ではないし、シリコン入りのシャンプーが向いている人もいるわ。でもそうなると気になるのが、”ノンシリコン”よね。なんでこれほどノンシリコンのシャンプーが多くて、ノンシリコンが注目されているのか、ノンシリコンのシャンプーのメリットってあるの?そんな疑問を解消するわよ。

シリコン入りのシャンプーを使うと手触りがよくなり、髪のダメージが復活した感覚を得られます。しかし、髪のダメージは復活しません。

また、シリコン入りシャンプーの仕上がりは重く、べたつきが感じられることがあります。さらに、他の成分があまり髪に良くなくてもシリコンによって仕上がりがよく感じられるという側面も。

一方、ノンシリコンのシャンプーは、素の髪の状態を知ることができ、髪の状態に合わせたヘアケアを行いやすくなります。

ナチュラル思考が流行している昨今において、ダメージや髪に良くない成分を「ごまかす」かのようなシリコンは受け入れられにくいのかもしれません。

そして、軽くてさらっとした自然な仕上がりになるというメリットもノンシリコンシャンプーが「良いシャンプー」という印象を持たれ、注目されている理由の一つと言えるでしょう。

Comment megumi 1
めぐみ

シリコン入りのシャンプーとノンシリコンのシャンプー、どちらにもメリットがあって、どちらも悪いものではないわ。大事なのは、シリコンが配合されている意味や、ノンシリコンが注目されている理由を知ったうえで、自分の髪の悩みや目的に合ったものを選ぶことよ。

<シリコンシャンプーがおすすめの人>

  • 髪のダメージが気になっている
  • 髪の広がりを抑えたい
  • ロングヘアで絡まりやすい

<ノンシリコンシャンプーがおすすめの人>

  • 特に気になる傷みはない
  • 髪をふんわり仕上げたい
  • さらさらとした軽めの髪に仕上げたい

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。