Navi ann

もくじ

  1. 1 ボブがもっさり広がってしまうのは“すく”ことが原因!?
  2. 2 髪の毛が重い女性に似合う“髪型のポイント”をチェック!
  3. 3 重いボブを軽くしたい女性におすすめの髪型〈3選〉
  4. 4 脱・重いボブ!おしゃれなレイヤーボブに挑戦しよう!
  5. 全ての目次を見る
あん

せっかく軽くしようと思ってボブにしたのに、髪が伸びたらもっさりしてきた...なんて経験ない?

ボブは重い印象になりがちだけど、軽いボブにするためにただ「すく」のはあまり良くないみたい。

そこで今回は、重い髪をすくとどうなるのか説明してから、軽い髪型にしたい女性におすすめのボブスタイルを紹介するよ〜!

すぐに髪型が知りたい方はこちら>>軽い髪型にしたい女性におすすめ〈レイヤーボブ3選〉

ボブがもっさり広がって重い印象に…
あん

もっさりと広がってしまうボブって重たい印象に見えるよね。。

このもっさりヘアには“すく”ことが関係しているみたい…!すいたら髪の毛の量が減るから、広がらなくなるんじゃないの?!って思うけど、なぜだろう…?

髪をすく=髪の毛全体を間引く、ということ。
すくと全体の長さは変わっていないように見えますが、実際は短い毛がたくさん出来上がっている状態ですよね。

見た目があまり変わらないから、とすき過ぎてしまうと気がついたら毛先がスカスカ!代わりに、短い髪が根元に増えることで、根元からもっさり広がる*悲惨な髪型になってしまうことも…。

このように、ボブが重いからと髪をたくさんすくと、はねる、広がる、もっさり感が出る...なんてことになりかねません。

そこで、髪が重い、量が多い女性におすすめしたいのがレイヤーカット
では、すくのとレイヤーカットは具体的に何が違うのでしょうか?その違いを確認しておきましょう。

髪の量を調整するヘアカットの方法には「すく」と「レイヤーカット」があります。
他にもありますが、今回は良く使われるこの2つのカットの違いを確認しておきましょう!

それぞれの意味はこちら!

  • すく:毛量を調節するカット
  • レイヤーカット:段を入れるカット

髪をすくとは、すきバサミやヘアシザーを使って全体の髪の毛を間引くことで、見た目の長さを変えずに髪のボリュームを減らすこと。
「髪型やスタイルを変えずに軽くしたい」「長さを変えずに少なくしたい」という女性におすすめです。

ただ、この毛量を調節するために用いる「すく」カットを多用しすぎると、もっさり広がったり、はねたり、扱いにくいボブヘアになってしまうため注意してくださいね。


一方のレイヤーカットは、髪にをつけることで軽さや動きを出すカット。こちらは髪型を作る一つの要素として用いられます。
「重たい髪に動きをつけたい」「すっきり軽いヘアスタイルにしたい」といった女性には、レイヤーカットがおすすめです。

あん

ここまで見てきた内容を踏まえて、髪の毛が重い女性に似合う髪型のポイントをまとめたからチェックしてみてね!

ポイントを抑えて、髪の毛が重い女性でも似合うボブの髪型を探そう♪

髪が重い・量が多いことはデメリットに感じている人も多いはず。でも、過度にすくことなくポイントさえ抑えれば、似合う髪型はたくさんあります!

髪型のポイントは、3つの要素の掛け合わせで決まります。

  • 髪の長さ
  • スタイル
  • 前髪

では、髪が重い女性はどのようなポイントで髪型を選べばよいのでしょうか?

髪が重い、量が多い女性に似合う髪型のポイントはこれ!

  • 【長さ】
    ショートボブ〜ミディアム
  • 【スタイル】
    ・レイヤー
    ・ワンレングス
  • 【前髪】
    ・ノーバング
    ・ショートバング
    ・シースルーバング

髪の重い・量が多い女性は短くしすぎると髪の毛の硬さが目立ちやすく、女性らしさがなくなってしまうのでおすすめしません。
ボブぐらいの長さは、ちょうど髪の量が重い女性におすすめだということです。

スタイルはきれいに段を入れたレイヤーか、くせ毛でなければ重さを生かしたワンレングスがおすすめです。

ボブヘアですき過ぎてしまうと、もっさりと重い印象の髪型になってしまうので、髪の毛を軽くするのにはレイヤーがおすすめ◎
ワンレングスとは髪の表面を長めにし、内側にいくほど短くするスタイルのこと。そうすることで、量が多い髪もまとまりのある印象に仕上げられます。

前髪は、重い印象にならないよう軽いものを選んでくださいね。
ぱっつんと呼ばれるフルバングは、重い印象になってしまうので避けましょう!

あん

それでは重いボブを軽くしたい女性におすすめの髪型を紹介するよ〜!

今回は3種類のボブヘアを紹介するから好みのものを見つけて、挑戦してみてね。

切りっぱなしボブは、毛先の切り口がバツっと切りっぱなしに見えるボブのこと。

重さを生かしてあえて重ために髪の毛を残すことで、ボリューム感が抑えられます!

さらに、オイルスタイリング剤を全体につけることで、ウエット感がでてオシャレな雰囲気を演出しつつ、髪の広がりを抑えることもできますよ。

どうしても重たさがきになる場合には、美容師さんに内側の髪の毛を少しすいてもらうのも◎

レイヤーショートボブとは、の入ったショートボブのこと。内側が長めでトップの方が短いのが特徴です。

段を入れることで、全体的に動きが出て軽やかな印象に…◎

すっきりと軽いボブにしたい女性におすすめの髪型です!

こちらはミディアムボブをマッシュウルフにしたミディアムマッシュウルフ

マッシュウルフの「マッシュ」とはマッシュルームのように丸みのある髪型のこと。
「ウルフ」は中央〜毛先にレイヤーを入れて襟足を軽くした髪型で、狼の毛並みに似ていることからウルフと呼ばれています。

毛先の髪の毛を少なくするようにレイヤーを入れるので、軽やかで動きのある髪型になります!

あん

今回紹介したように「重いボブはすけばいい!」という考えはとっても危険!
すきすぎて短い毛が増えてしまうと、もっさり広がりやすい髪になることがあるから注意してね。

重いボブを軽いボブにするには、重さを生かした髪型やレイヤーをうまく使った髪型がおすすめだよ♪


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。