もくじ

  1. 1 量が多い・重い髪は“すく”と広がりやすくなる!?
  2. 2 髪の量が多い女性に似合う“髪型のポイント”をチェック!
  3. 3 軽い髪型にしたいミディアム/セミロングの女性におすすめ〈レイヤースタイル 3選〉
  4. 4 髪が多くても軽いミディアム&セミロングの髪型にできる!
  5. 全ての目次を見る
Comment ann 1
あん

髪の量が多いと切ってもすぐ重い印象になるし、セットも大変だよね。

でも、量が多い、重いからって“すき過ぎ”には要注意!
スッキリするどころか、髪が広がりやすくなることがあるんだよ。

そこで今回は、髪の多い女性でも似合う、ミディアム~セミロングの軽い髪型を紹介するよ〜!

髪の毛をすくと、髪を軽く少なく調整することができます。
しかし、きれいに髪をすくには加減がとても重要で、すき過ぎてしまうと広がりやすいもっさり髪になりかねません。

そもそも髪をすくことは、全体の長さを変えずに髪の毛を間引いて毛量を調整する方法。
根元の方からすくと、毛先は軽く少なくなりますが、上の方には短い毛がたくさん残ります

すると、トップにボリュームが出てしまい、髪が広がったり、もっさり感が出てしまったりするのです。

そこで髪の量が多い、重い女性におすすめしたいのがレイヤーカット
では、すくのとレイヤーカットは具体的に何が違うのでしょうか?その違いを見ていきましょう。

髪の量を調整するヘアカットの方法には「すく」と「レイヤーカット」があります。
他にもありますが、今回は良く使われるこの2つのカットの違いを確認しておきましょう!

  • すく:毛量を調節するカット
  • レイヤーカット:段を入れるカット

髪をすくとは、すきバサミやヘアシザーを使って全体の髪の毛を間引くこと。見た目の長さを変えずに髪のボリュームを減らすことができます。
「髪型やスタイルを変えずに軽くしたい」「長さを変えずに少なくしたい」という女性には、髪をすくことがおすすめです。

ただ、この毛量を調節するために用いる「すく」カットを多用しすぎると、広がったり、はねたり、扱いにくいミディアムヘアになってしまうため注意してくださいね。


一方のレイヤーカットは、髪にをつけることで軽さや動きを出すカットで、こちらは髪型を作る一つの要素として用いられます。
「重たい髪に動きをつけたい」「すっきり軽いヘアスタイルにしたい」といった女性には、レイヤーカットがおすすめです。

髪が重い・量が多いことは一見するとデメリットに感じますが、過度にすくことなくポイントさえ抑えれば、似合う髪型はたくさんありますよ。

髪型は次の3つの要素の掛け合わせで決まります。

  • 髪の長さ
  • スタイル
  • 前髪

では、髪が重い女性はどのようなポイントで髪型を選べばよいのでしょうか?
今回ご紹介する髪型は長さがミディアム〜セミロングなので、スタイルと前髪のポイントを紹介します!

髪が重い、量が多いミディアム〜セミロングの女性に似合う髪型のポイントはこれ!

  • 【スタイル】
    ・レイヤー
    ・ワンレングス
    ・ストレート
  • 【前髪】
    ・ノーバング
    ・ショートバング
    ・シースルーバング

髪の重い・量が多い女性は短くしすぎると髪の毛の硬さが目立って、女性らしさがなくなってしまうのでおすすめしません。
ミディアム〜セミロングはちょうど重みで広がりを抑えられる長さです!

スタイルはきれいに段を入れたレイヤーか、くせ毛でなければ重さを生かしたワンレングスがおすすめ。

ミディアム〜セミロングですき過ぎてしまうと、トップがもっさりとして重たい印象の髪型になってしまうので、髪の毛を軽くするのにはレイヤーカットにしましょう。
ワンレングスは表面の髪を長めに残し、内側の髪を短くするカット方法。段が見えにくく、広がりにくいヘアスタイルを実現できます。

前髪は、重い印象にならないよう軽いものを選んでくださいね。
ぱっつんと呼ばれるフルバングは、重い印象になってしまうので避けましょう!

Comment ann 1
あん

それでは髪が多い女性におすすめの「ミディアム〜セミロングの髪型」を見ていこう〜!

今回はおすすめのレイヤースタイルを3つ紹介するよ〜!

お気に入りの髪型のを見つけて参考にしてみてね♪

髪が多くても、ストレートヘアであればボリュームが抑えられ、レイヤーを入れるとさらにボリュームダウンも可能!

髪型をそのままに、髪色を少し明るめにすることで、髪の量が多くても軽やかな印象にできます。

ミディアムは毛先が肩に当たってハネやすいので、レイヤーの入れすぎに注意しましょう。

梨花さん(@rinchan521)がシェアした投稿 -

「ウルフ」は中央〜毛先にレイヤーを入れて襟足を軽くした髪型。狼の毛並みににていることからウルフと呼ばれています。

毛先の髪の毛を少なくするようにレイヤーを入れるので、軽やかで動きのある髪型になります!
ふんわりさせすぎると頭が大きく見えてしまうため、ボリュームの出しすぎに注意しましょう。

重くなりがちなセミロングのストレートも、顔周りにレイヤーを入れることで動きが出て軽やかな印象になります!
顔周りのレイヤーは小顔効果も狙えておすすめですよ♪

毛先はゆるくカールさせると抜け感のあるニュアンスストレートになりますよ◎

Comment ann 1
あん

今回紹介したように「重い髪はすけばいい!」という考えはとっても危険!
すき過ぎてトップに短い毛が増えてしまうと、広がりやすいボリュームヘアになることがあるから注意してね。

髪が多いミディアム〜セミロングの女性は、重さを生かした髪型やレイヤーをうまく使った髪型がおすすめだよ♪


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。