もくじ

  1. 1 頭皮の乾燥は、パラパラしたフケの原因!
  2. 2 <セルフチェック>あなたの頭皮乾燥の原因はコレだ!
  3. 3 <8つの対策>乾燥は女性の大敵!美しい髪は頭皮ケアから
  4. 4 その頭皮の乾燥、セルフケアだけでは改善が難しいかも!?
  5. 5 フケ・乾燥の対策には正しい頭皮ケアを!思い当たる原因を改善しよう
  6. 全ての目次を見る
Large comment megumi 4

もともと乾燥肌なんだけど、最近とくにかゆみやフケが増えてきた。 仕事がら清潔にしなくちゃいけないのに、フケが落ちてきて本当に困ってる…。 こんなときは、できるだけ早く治したいわよね。 今回は、こんな悩みを抱えている方のために、フケが落ちてしまう原因や対処法を紹介するわ。 今までいろいろ試した人も、まずフケが出る原因から考えてみてはどうかしら? フケを抑える対処法も紹介するので、参考にしてみてね。

頭皮の乾燥は、フケの原因の一つ。

そもそもフケは肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れることで大量に剥がれ落ちる垢や角質のことを指します。通常通りにターンオーバーを繰り返している肌からも、垢や角質は剥がれ落ちているのですが、健康な肌であれば剥がれ落ちる角質は細かいため目立ちません。

しかし、頭皮が乾燥すると皮膚を守るためどんどん新しい肌が作られ、まだ剥がれるはずに時期ではない角質が大量に剥がれ落ちます。これこそ、大量のフケの正体。

どんどん新しい肌が作られても、その肌はまだ皮膚を守れるほどの力を持っていません。そのため、外部の刺激から頭皮が守られずさらに乾燥が進む、フケが出るといった悪循環が生まれてしまうのです。

また、頭皮が乾燥すると乾燥から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまうこともあります。お風呂上がりは乾燥気味なのに、時間が経つとベタつくというのは、皮脂が頭皮を守るためにたくさん分泌されているからこそ起こること。

頭皮の皮脂が多くなりすぎると、その皮脂を餌とする菌が繁殖し、菌が出す酸によって頭皮が刺激されターンオーバーの乱れ、フケが引き起こされることも。

つまり乾燥は、単なる乾燥によるフケ以外に、頭皮のベタつきと関係するフケを引き起こす可能性もあると言えるのです。

Comment megumi 1
めぐみ

乾燥がなぜフケに繋がるのか、その理由がわかったところで、頭皮の乾燥を招いてしまっている原因を探って行きましょう。下のチェック項目に当てはまるものがあれば、それがあなたのフケの原因かもしれないわ。

Comment megumi 1
めぐみ

思い当たるものはあったかしら?でも、どうしてこれが頭皮の乾燥の原因になるの…?って思うこともあるわよね。気になるものは、下で確認してみてちょうだい。早く対策を見たいっていう人は、チェック項目で気になったものをClick!原因に対する対策を詳しく見られるわよ。

〈チェック項目を解説〉なぜこんなことで乾燥するの…?

1〜3:皮脂の洗いすぎで頭皮が乾燥している
皮脂が頭皮を覆うことで肌の水分の蒸発が抑えられてるが、その皮脂が洗い流されすぎて不足。水分が蒸発して頭皮が乾燥していると考えられます。

4、5:紫外線で頭皮のバリア機能が低下、乾燥している
皮脂は外部の刺激から頭皮を守るバリア機能を果たしているが、紫外線がこのバリア機能を低下させ、乾燥を招いていると考えられます。また皮脂が洗い流された直後に紫外線に当たることで、頭皮に直接紫外線が当たり刺激となって乾燥を招きます。

6〜8:外的・内的要因によって肌の水分量が不足している
ドライヤーの長時間使用、空気の乾燥は、頭皮から必要な水分を奪うため乾燥を招きます。また加齢によって皮脂や肌の水分を保持する物質が減少するので、肌が乾燥しやすくなります。

9、10:血流の低下、肌の回復能力の不足で乾燥している
偏った食事・睡眠不足・ストレスなどで血流が悪くなると、肌の新陳代謝が悪くなり、乾燥を招きます。睡眠は肌を回復させる成長ホルモンを分泌させますが、これが不足すると健康な肌が保たれず乾燥しやすくなります。

  1. 乾燥を防ぐシャンプーの習慣
  2. 頭皮の潤いを守るシャンプーの使用
  3. 頭皮の紫外線対策
  4. 乾燥させないドライヤーの掛け方
  5. ローション・オイルによる保湿
  6. 血流を促す頭皮マッサージ
  7. 睡眠時間の確保と質の向上
  8. +α 乾燥を防ぐ食べ物

シャンプーの回数や頻度、シャンプー時のお湯の温度は、頭皮を乾燥から守るために重要な要素の一つ。

シャンプーは1日1回まで。シャワーの温度は38℃程度のぬるま湯で行いましょう。
タイミングは夜が良いとされています。

シャンプーを使った洗髪では、髪の毛だけでなく地肌の汚れや皮脂も洗い流されます。頭皮を清潔に保つことは大切ですが、1日に何度もシャンプーを使うと、皮脂が洗い流され過ぎてしまい乾燥に繋がるのです。

また、お湯は温かいので地肌の皮脂を溶かして洗い流します。お湯の温度が高ければ高いほど、皮脂はたくさん洗い流されることに。熱いお湯でシャワーを浴びると頭皮に必要な分の皮脂まで流されてしまうので、ぬるめのお湯でのシャワー、シャンプーを行いましょう。

さらに朝シャンをしてすぐに出かけるのはあまりおすすめできません。シャンプーをした直後は、皮脂が洗い流されたばかりなので、紫外線から頭皮を守るための十分な皮脂がありません。この状態で外に出ると、頭皮が紫外線のダメージを受けやすくなるのです。どうしても朝シャンをしたい人はシャンプー後の頭皮の保湿や紫外線対策をしてから出かけるようにしましょう。

乾燥によるフケが気になる頭皮には、比較的洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプーがおすすめ。

アミノ酸系シャンプーは、不要な汚れを落としつつも、頭皮に必要な皮脂を残してくれるので、頭皮の乾燥を防ぐことができるのです。

さらにアミノ酸系の洗浄成分は人間の肌と同じ弱酸性。乾燥で敏感になった地肌を優しく洗い上げてくれることも特徴。

高級アルコール系や石鹸系の洗浄成分は、アミノ酸系の洗浄成分に比べると洗浄力が強く、地肌の乾燥を悪化させてしまう可能性があるので、使用は控えた方が良いでしょう。

Comment megumi 1
めぐみ

アミノ酸系、高級アルコール系っていうのは、シャンプーに含まれる洗浄成分のこと。だから、ボトルの裏側を見ればどの系統のシャンプーなのかわかるのよ。

気づかないうちに頭皮の刺激となり、乾燥の原因となっているのが紫外線。

日本で紫外線が最も多いとされているのは6月〜8月と言われています。しかし、春や秋、冬であっても紫外線は降り注いでいるので、日中のお出かけは特に注意しましょう。

頭皮の紫外線対策としては、日傘や帽子の着用が手軽で簡単です。ただし帽子は長時間被っていると蒸れて、雑菌の繁殖を招くので、長時間の着用は避けましょう。

また、日焼け止めを使えば、室内にいてガラス越しに入ってくる紫外線も防ぐことができます。頭皮の日焼け止めには、スプレータイプがおすすめ。吹きかけるだけでムラなく塗れ、ベタつきにくいのが嬉しいポイントです。

ただし、肌がもともと弱い人や、乾燥で頭皮が敏感になっている人には、日焼け止めの成分が刺激になることもあるので、頭皮に異常がある場合は様子を見ながら慎重に使用しましょう。

Comment megumi 1
めぐみ

頭皮に使用できる日焼け止めスプレーの中でも、手頃な値段で購入しやすいものと言えば、サンカットのスプレータイプじゃないかしら。ドラッグストアなんかでも簡単に変えるわよ。

Thumbnail fullsizeoutput 4f
Thumbnail fullsizeoutput 59
ドライヤーはまずは髪の根元から!髪に近づけすぎないように注意よ

ドライヤーの温風が長時間頭皮に当たると、頭皮の水分が奪われ乾燥してしまいます。しかし、ドライヤーを使用せず自然乾燥させることは、頭皮の雑菌の繁殖に繋がるため良くありません。

そこで抑えて起きたいのが、ドライヤーをかける前の一手間と、ドライヤーをかけるときのほんの一工夫。

ドライヤーをする前に、まずはタオルでしっかり髪の水分を拭き取っておきましょう。こうすることで、ドライヤーの使用時間を短くできます。ポンポンと髪の毛を抑えるように拭けば、髪へのダメージも抑えられます。

続いて、ドライヤーをかけるのですがまずは髪の根元、頭皮を乾かすように頭全体を乾かします。この時、同じ箇所に長時間ドライヤーの風が当たらないよう、こまめに動かしながらドライヤーをかけましょう。また、ドライヤーが近いと熱い風が当たり、乾燥しやすくなるので、20cmほど離してかけるのもポイントです。

Comment megumi 1
めぐみ

それでも乾燥が気になる、頭皮だけじゃなく髪の乾燥もひどい、という人は遠赤外線を利用したドライヤーがおすすめよ。遠赤外線は水分の粒子を振動させることで内部に熱を発生させて乾かすの。だから風は高温では無くなるし、短時間で頭皮や髪を乾かせるのよ。

エアコンや季節による空気の乾燥や年齢を重ねるに連れて起こる乾燥には、頭皮用のローションやオイルによる保湿がおすすめです。

ローションやオイルは、乾燥や外部の刺激から頭皮を守ってくれるのです。思わぬ頭皮トラブルを避けるためにも、頭皮に使うことを前提としている頭皮用のものを使用しましょう。

ローションは、お風呂上がり、頭皮が乾燥しきらないうちに使うのがポイント。そうすることで、水分の蒸発を防ぎ、頭皮の潤いを守ってくれます。

オイルは商品によって、クレンジングと保湿に使用用途が分かれます。

クレンジングに使用する際は、シャンプーをする前の頭皮にオイルをつけ、マッサージします。マッサージによって頭皮の血行が促進され、代謝がよくなるため乾燥を防ぐことができるのです。また、オイルの成分が頭皮の角質層まで浸透することで、頭皮の皮脂を補い、潤いを与えてくれます。

ただしクレンジングをしすぎると、オイルの成分で髪がベタベタしてしまうので、オイルマッサージは1週間に1回程度にとどめましょう。

お風呂上がりに使用できるオイルは、頭皮に少量垂らししっかりと馴染ませることで頭皮を保湿することができます。

Comment megumi 1
めぐみ

乾燥によるフケが気になる人向けの頭皮ローションといえば、ロート製薬から販売されている頭皮しっとりローションね。乾燥によって起こるフケに着目しているのはもちろん、髪につきにくいノズルを使用しているから、髪の毛が長い女性でも使いやすいのよ。

Comment megumi 1
めぐみ

頭皮の保湿オイルと言えば、昔ながらの椿油ね。少量なら直接髪の毛や頭皮にもつけられるし、シャンプー前のクレンジングにも使えるの。椿油100%だから余計な刺激もなくて、乾燥した頭皮にも優しく使えるわよ。

頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)を整えたり、乾燥を防いだりするためには、血行を良くすることも大切。

血液は肌を作るために必要な栄養や酸素を運ぶ役割を果たしています。肌は十分な栄養が得られないと、正常に作り出されなくなり新陳代謝(ターンオーバー)が乱れると言われています。

ターンオーバーの乱れが頭皮のバリア機能の低下、乾燥に繋がるので、血行の促進もターンオーバーの正常化と乾燥を防ぐためには重要と言えるのです。

血行促進の方法として、手軽でおすすめなのが頭皮マッサージ。いつでもどこでもできる、簡単な頭皮マッサージの方法をご紹介します。

Thumbnail fullsizeoutput 73
Thumbnail fullsizeoutput 69
左▶︎STEP① 右▶︎STEP②
  • STEP①
    側頭部から頭頂部にかけてをマッサージ
    5本の指で頭を掴むようにして、皮膚ごと動かすように円を描き、押しながら持ち上げます。側頭部、こめかみ辺り、頭頂部の3回に分けて行いましょう。

  • STEP②
    頭蓋骨から頭皮を剥がすように、前頭葉と頭頂部を圧迫
    手が小さい女性は深く手を組みすぎるとうまく力が入らないので、指先が交差する程度に浅めに手を組みましょう。

  • STEP③
    4本の指を使って前頭部の皮膚を中心に集めるようにマッサージ
    爪を立てないように注意しながら、ニキビをつぶすようなイメージで行います。

Comment megumi 1
めぐみ

マッサージは手でやるだけでも十分。ただ、手だと続けにくいわっていう人は、マッサージアイテムを使ってみると良いかもしれないわね。これなんて、独特の感覚がクセになるって人気なのよ。

頭皮の乾燥や乾燥によるフケの対策には、十分に質の良い睡眠をとることも大切です。

睡眠中に分泌が活発になる成長ホルモンは、体の健康や組織の修復をする働きがあるのですが、睡眠不足になると成長ホルモンも不足。肌の修復がされず乾燥しやすくなったり、フケが出たりすることがあるのです。

成長ホルモンは特に眠り始めの3時間に多く分泌されると言われています。この時間に、いかに良質で深い眠りにつけているかが大切。

良質な睡眠をとるためには、寝る1〜2時間前に入浴し体を温めて起きましょう。入浴後、体温が下がるに連れて副交感神経が働き、良質で深い眠りにつくことができます。

また、寝る前のスマホやパソコンの使用、テレビの視聴、喫煙、カフェインの摂取などは、眠りの質を下げてしまうため、できる限り避けましょう。

頭皮の乾燥によるフケを防ぐためには、食事への気遣いも大切です。日々摂取する栄養によって、肌の健康を守ることができるのです。

特に肌の乾燥に対して良いとされているのが、ビタミン類。

ビタミンB2 は肌の健康を維持するだけでなく、脂質の代謝を促進すると言われています。またビタミンB6も健康な肌を保つとして知られる栄養素の一つ。

その他、ビタミンCには肌の潤いに関係するコラーゲンの生成を助ける作用があったり、ビタミンEには肌の新陳代謝に重要な血液の流れを良くする作用もあるとされています。

さらに人の肌を作る上で欠かせないのがタンパク質。普段の生活で不足することはあまり考えられませんが、積極的に摂取することで健康な頭皮を保つことに役立ちます。

栄養素 主な食材
ビタミンB2 レバー、うなぎ、卵、納豆 など
ビタミンB6 かつお、まぐろ、レバー、肉 など
ビタミンC 柑橘類、野菜、芋 など
ビタミンE アーモンド、植物油、魚介類、西洋かぼちゃ など
タンパク質 肉、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品
Comment megumi 1
めぐみ

食事はバランス良くなんて良く言われるけど、結局どうしたら良いの?っていう人も多いわよね。でもこうやって、必要な栄養が含まれている食材をみてみると、意外と取り入れやすいものも多いわ。あまり神経質になっても大変だから、できる時にこういった栄養や食材を取り入れる工夫をしてみてちょうだいね。

頭皮が乾燥して起こるフケは、基本的に頭皮の皮脂や水分の不足によって起こります。しかし、一見すると乾燥によるフケのように見えても、実は皮膚が炎症を起こしていることも考えられ、この場合はセルフケアだけでは改善が難しいこともあるのです。

〈乾性フケに似た皮膚の炎症〉

  • 乾燥性湿疹(皮脂欠乏性湿疹)
  • 接触性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 乾癬
  • 白癬

乾燥性湿疹は、乾燥がひどくなり湿疹ができた状態のこと。市販のローションやシャンプーは、湿疹がある時には使用しないようにと記載されているものも多く、ここまでひどくなるとセルフケアだけでは改善が難しくなります。乾燥やフケとともにブツブツした湿疹がみられたら、まずは皮膚科で相談しましょう。

接触性皮膚炎は、ヘアケア剤の成分や金属などへのアレルギー反応、薬剤への刺激によって起こる皮膚の炎症。頭皮の場合、シャンプーやコンディショナーなどの成分、カラーやパーマの薬剤などが原因と考えられます。フケの特徴は乾燥していることですが、痒く赤みが出ている場合や、アレルギーに心あたりがある場合は接触性皮膚炎の可能性があります。

アトピー性皮膚炎はアレルギー症状が原因の皮膚炎。アトピーは、頭皮のほかにも肘や膝の裏にかゆみを伴う湿疹が出やすいことが特徴。アレルギーを起こしやすい、アトピー体質だという人は、アトピー性皮膚炎の治療を受けましょう。

乾癬は、今のところ原因は明確にされていませんが、銀色っぽいフケのほかに皮膚が赤っぽく盛り上がるという特徴がある皮膚疾患です。

白癬は足にできる水虫が頭皮に起こる疾患のこと。ペットや人から感染するものなので、家族などにうつさないためにも早めに治療を行う必要があります。

Comment megumi 1
めぐみ

フケと言っても原因は乾燥だけとは限らないわ。それぞれ原因に合った治療や対策をしないと、かえってフケや炎症が悪化することもあるから、上記の炎症に心当たりがあればできるだけ早めに皮膚科を受診して、原因を調べてもらってちょうだいね。

頭皮が乾燥する原因を紹介しましたが、自分に当てはまる項目はありましたか?

フケが出るからといって、いろいろな方法を試していたけれど、その方法が逆に悪化するきっかけだったという方もいるでしょう。

髪の毛を洗うのは、一日に一回にする。熱いお湯で洗うのは控える。髪を洗ったあとはドライヤでーきちんと乾かすということをまずは心掛けておきましょう。

また、外出するときは日傘や帽子などを使うか、頭皮専用の日焼け止めでしっかり保護しておきましょう。

さらに、頭皮の血行不良が原因で、頭皮環境が悪くなることもあります。

バランスの取れた食事や睡眠時間もしっかりととるようにしましょう。

Comment megumi 1
めぐみ

頭皮が乾燥する原因は日常の何気ないシーンにたくさん潜んでいることがわかったわね。だからこそ、対策もすごく難しいものばかりではなくて、ちょっとした気遣いでできることばかりなの。使うものをちょっと変えたり、毎日の習慣にしたりすれば、簡単に続けられる対策だから、ぜひ挑戦してみてちょうだい。最後に、頭皮が乾燥してしまう原因と、それに対する対策のおさらいよ。

  1. シャンプーを使った洗髪は1日2回以上する
    →シャンプーは1日1回まで
  2. 40度以上の熱いお湯でシャワーを浴びる
    →シャワーの温度は38度ほどのぬるめ
  3. 洗浄力が強いシャンプーを使っている
    →洗浄力が優しいアミノ酸系シャンプーを使う
  4. シャンプーしたあとすぐに外出する
    →シャンプーのタイミングは夜
  5. 紫外線が強い時期、頭皮の紫外線対策をしていない
    →日傘、帽子、日焼け止めスプレーで紫外線対策
  6. ドライヤーの温風を地肌に長く当てている
    →タオルドライと、こまめに動かす掛け方で乾燥を予防
  7. 季節、空調によって空気が乾燥している
    →ローションやオイルで頭皮を保湿
  8. 年齢で頭皮以外も乾燥気味である →ローションやオイルで頭皮を保湿
  9. 血行不良で冷えがある
    →頭皮マッサージで血行促進
  10. 睡眠不足など生活が乱れている
    →質の良い睡眠で成長ホルモンの分泌を促す

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。