もくじ

  1. 1 夏の頭皮のかゆみは汗のせい…?
  2. 2 【原因】夏のダメージが頭皮に与える影響とは
  3. 3 【対処法】頭皮のかゆみを抑える方法
  4. 4 【対策】夏の頭皮のかゆみを防ぐ方法
  5. 5 【参考】夏の頭皮ケアには〈頭皮クレンジング〉がおすすめ
  6. 6 夏の3大ダメージから頭皮を守ろう!
  7. 全ての目次を見る
Comment ann 1
あん

あなたは「夏になると頭皮がかゆくなる」ことってあるよね。
このかゆみって汗のせいなのかな…?

気になったから、夏の頭皮のかゆみの原因と対策を調べてみたよ!
夏になると頭皮のかゆみに悩まされている、という女性はぜひ参考にしてみてね。

夏に頭皮がかゆくなる原因は次の「3大ダメージ

  • 汗と皮脂(頭皮が蒸れることで雑菌が繁殖)
  • 紫外線(日焼けによる頭皮の乾燥)
  • 空調(空気の乾燥による影響)

夏の暑さでは、汗をかくことは避けられませんよね。
しかし、汗をそのままにしておくと、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖するため、頭皮環境の悪化につながります。

汗と皮脂と混ざり、毛穴に詰まってしまうと臭いかゆみなど頭皮トラブルを引き起こすだけでなく、抜け毛の原因になりかねません。


また、夏になると一層強くなる紫外線は肌が焼けるだけでなく、頭皮にも悪影響を与えます。

体の中で最も太陽に近い頭皮は特に紫外線のダメージを受けやすい部分。
頭皮が焼けてしまうと、水分の蒸発を防ぐ皮脂膜が破壊して頭皮が乾燥してしまうのです。

さらに、夏は冷房による空気の乾燥で頭皮が乾燥しやすい時期。
空気が乾燥するのは冬だけと思われがちですが、実は夏こそ乾燥対策が必要なのです!


これらの夏の3大ダメージが頭皮のかゆみにつながっていると考えられます。

頭皮のかゆみをすぐに抑えたい!」という女性のために、市販のかゆみ止めを紹介します。

市販のかゆみ止めはドラッグストアで簡単に購入でき、今すぐどうにかしたいかゆみを、手軽に緩和することができます。

ただし、頭皮用のかゆみ止めは、かゆみを根本的に治すものではありません
あくまでも一時的にかゆみを抑える薬ですので、根本的な対策も忘れずに行いましょう!

ムヒHDは頭皮の炎症・かゆみ・原因菌の繁殖を抑えるのはもちろん、傷ついた頭皮の修復を助ける成分(アラントイン・パンテノール)を配合。

また使いやすいピンポイント容器で 、かゆみのある部分に直接塗布できる容器になっているので、手や髪が汚れることもなく、液ダレする心配がありません

外出先で突然「かゆくてどうしようもない」という時でもサッと使用できるのでおすすめです。

Comment ann 1
あん

紹介したかゆみ止めは一時的にかゆみを抑えるもので、根本的な対策にはならないから注意してね。

次は夏の頭皮のかゆみを防ぐ具体的な対策方法を紹介するよ〜!

汗と皮脂、紫外線、空調、この夏の3大ダメージは軽減できても避けることはできません。

だからこそ、事前の対策と頭皮をケアが重要です!
それでは、頭皮のかゆみを防ぐ具体的な対策方法を見ていきましょう。

汗をかいたままにしたり、蒸れた状態を放置したりすると、雑菌が繁殖して頭皮のかゆみに繋がると、先ほど説明しましたね。

夏場は汗をかきやすいので、特に頭皮を清潔に保てるように注意しましょう。

具体的な方法はこの3つ!

  • 汗はすぐに拭く
  • 蒸れない工夫をする
  • 夜シャンプー洗髪をする

汗をかいたら、できるだけすぐにタオルなどで拭き取りましょう。

その上に帽子をかぶったり、蒸れてしまうような環境はNG。
帽子は長時間がぶったままにせずに、時々はずして外気にさらすようにしましょう

そして、最も大切なのはにシャンプー洗髪をすること。

夜、しっかりと1日の汚れを落としてから寝ないと、頭皮の毛穴詰まりによる頭皮トラブルの原因となってしまいます。
1日の汚れを洗い流して、蒸れないようにドライヤーで頭皮までしっかり乾かしましょう。


正しい洗髪方法については、以下の関連記事も参考にしてみてくださいね。

長時間、頭皮に紫外線が当たってしまうと、日焼けをして頭皮のバリア機能が低下してしまいます。
その結果、水分が蒸発することで頭皮が乾燥してしまうのです。

紫外線の影響による頭皮の乾燥を防ぐには、まず紫外線対策。もし日焼けしてしまったらアフターケアをしっかり行いましょう。

具体的な対策はこちら。

  • UVスプレーの使用する
  • 帽子や日傘を使う
  • 頭皮の保湿剤を使用する

日焼け止めにはクリーム、ローション、ジェルなどのさまざまなタイプがありますよね。

しかし、カラダ用の日焼け止めを頭皮に使うのは、毛穴詰まりの原因となるためおすすめしません。
頭皮にも使用できるUVスプレーを使用しましょう。

頭皮に直接ではなく、髪の毛の表面にふんわりとかけるだけでOK!

その他、帽子日傘を利用すればより効果的な紫外線対策ができます。
帽子をかぶるときは蒸れないように注意してくださいね。

\ おすすめのUVスプレーはこちら /

日焼けしてしまったらアフターケアを!

もし日焼けしてしまった場合は、すぐにアフターケアを行いましょう。

おすすめは頭皮にも使える化粧水(ローション)で保湿をすること。
乾燥がひどい場合には化粧水の後にクリームやオイルを薄く塗ってさらに保湿するのがおすすめです。

\ 乾燥肌の方におすすめの保湿ローション /

夏は紫外線だけでなく、空調の影響で頭皮が乾燥しやすい環境です。

そのため、頭皮の乾燥を防ぐ対策を行いましょう!

頭皮の乾燥を防ぐ、具体的な対策はこれ!

  • 乾燥肌に適したシャンプーを使用する
  • 保湿剤を使用する
  • 洗髪方法を見直す
  • 空調に直接当たらない

乾燥肌の女性には「アミノ酸系シャンプー」がおすすめ

乾燥対策としてまず気をつけたいのがシャンプー

頭皮が乾燥しやすい乾燥肌の女性には、洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。
アミノ酸系のシャンプーは、頭皮・髪の毛と同じ弱酸性で頭皮にもやさしく乾燥を防いでくれます。

成分表示を確認して、水の次、2〜5項目に「ココイル〜」や「ラウリル〜」などの成分が入っていたらアミノ酸系のシャンプーです。

\ &Hairおすすめのシャンプーはこちら! /

頭皮の乾燥には保湿剤を使おう!

頭皮の乾燥は放っておくと、かゆみやフケだけでなく、湿疹や痛みを伴う皮膚炎とになりかねません。
そうなってしまう前に、頭皮の乾燥を感じたら保湿剤を使用して対策を打ちましょう。

頭皮に使用できる保湿剤には、保湿効果が高い順に「オイル」「クリーム」「ローション」など、いくつか種類があります。
頭皮の乾燥具合を見て好みのものを見つけてくださいね。

頭皮の乾燥を防ぐ洗髪時の注意点

頭皮が乾燥している女性は洗い方にも注意しましょう。
なんとなく行う毎日の洗髪に頭皮を乾燥させる原因があるかもしれません…!

乾燥肌の女性に特に気をつけてほしいのがこの2つ。

  • シャワーの温度は38度ほどのぬるま湯
  • シャンプーを使った洗髪は1日1回まで

シャワーの温度が熱すぎたり、シャンプー洗髪を1日に何度もしたりすると、頭皮のバリア機能を果たす必要な皮脂まで洗い流されてしまうので注意しましょう!

&Hairおすすめの洗髪方法をもっと詳しく知りたい方は、下記の関連記事も参考にしてみてくださいね。

Comment ann 1
あん

汗や皮脂の汚れが溜まりやすい夏の頭皮ケアには頭皮クレンジングもおすすめだよ〜!

頭皮クレンジングとは、ホホバオイルなどの植物性のオイルや、頭皮用のクレンジング剤を使って汚れを取り除く頭皮ケアのこと。

頭皮クレンジングのやり方を紹介するから試してみてね♪

では夏の頭皮ケアにおすすめ、頭皮クレンジングの手順を見ていきましょう!

  • ①乾いた髪の状態で、ヘアブラシを使って頭皮を軽くマッサージ
  • ②500円玉大くらいのオイルを手に取る 髪の毛をかき分けながら、頭頂部を中心に塗布する
  • ③指の腹を使って頭皮を軽くマッサージ
    頭頂部から徐々に下にさがるようにして、オイルを広げる
  • ④マッサージ終了後、オイルを流す
    しっかりお湯で予洗いをして、通常通りシャンプー洗髪をする

頭皮クレンジングで気をつけたいのは、高頻度にやらないオイルを頭皮につけたまま長時間放置しないしっかり洗い流す、の3点。

頭皮クレンジングは皮脂の余分な汚れを落とすため高頻度で行うと乾燥を招きかねません
夏でも週に1回程度にとどめ、しっかり注意点を守りながら行いましょう!

\ 頭皮クレンジングにおすすめの植物性オイルはこれ! /

Comment ann 1
あん

夏の頭皮のかゆみは「夏の3大ダメージ」が原因だったね。

頭皮環境を整えることは季節関係なく大切だけど、汗と皮脂で頭皮が汚れやすい夏は、特に清潔に保つように心がけてね!
あと、紫外線と空調で乾燥しやすいので、乾燥対策も忘れずに!!

夏の3大ダメージから頭皮を守って、かゆみ知らずな頭皮を目指そう〜!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。