Navi megumi

もくじ

  1. 1 フケ・かゆみ・ベタつきの原因は”脂漏性(しろうせい)皮膚炎”かも…
  2. 2 脂漏性皮膚炎の原因はアブラと菌《日常生活で要因になることとは…》
  3. 3 《自宅でできる》脂漏性皮膚炎の対策方法
  4. 4 《皮膚科で処方》脂漏性皮膚炎の治療に用いられる薬
  5. 5 脂漏性皮膚炎は処方される薬+セルフケアで治そう
  6. 全ての目次を見る
Comment megumi 1
めぐみ

フケやかゆみ、ベタつき、臭いなどの頭皮の悩みは、女性にとってかなり深刻。頭皮をしっかり洗っていても改善しないこともあるわよね。もしかするとその症状は、脂漏性皮膚炎という皮膚の病気かもしれないの。今回は脂漏性皮膚炎の症状や原因、さらに症状を和らげるための対策も合わせて紹介するわね。

原因、対策の前に脂漏性皮膚炎の症状をCheck

まずは脂漏性皮膚炎の症状をチェックして、気になる頭皮の症状が脂漏性皮膚炎によるものなのか確認しましょう。

一般的な脂漏性皮膚炎の症状が、こちらです。

  • 湿ったフケの量が大量に出る
  • フケが頭皮にこびりつく
  • 赤くカサつく
  • かゆみを伴う湿疹ができる

フケがひどくなると、かさぶたのようなものが頭皮を覆うことも。症状がひどいようなら、セルフケアだけでは悪化を防げないことがあるので、早めに皮膚科を受診しましょう。

また、これらの症状に当てはまらない、少し違う気がすると言う場合は自宅でのケアを始める前に皮膚科に行くのがおすすめ。頭皮トラブルの原因をしっかり突き止めてから対策することで、余計な悪化を防ぐことができますからね。

脂漏性皮膚炎の原因に過剰に分泌された皮脂と、肌に常在しているカビの一種、マラセチア真菌と言われています。

マラセチア真菌は皮脂を栄養源とする菌。皮脂を分解する際に肌の刺激となる遊離脂肪酸(ゆうりしぼうさん)を作り出し頭皮が強い刺激によって炎症を引き起こします。

つまり皮脂の量が増えると、それをエサとするマラセチア真菌、肌への刺激が増大。結果として、脂漏性皮膚炎の発症や悪化に繋がるのです。

皮脂量は体質によって元々多い人もいますが、日々の生活によって皮脂の過剰分泌が起こっている場合も少なくありません。

皮脂量が増える要因や、雑菌が繁殖しやすい状態をチェックして日々の生活に原因がないか確認してみましょう。

【要チェック】皮脂の過剰分泌・雑菌の繁殖を招く習慣

  1. 洗浄力が高いシャンプーを使用している
  2. 40℃以上のお湯で髪を洗っている
  3. シャンプーを1日に何回もする
  4. シャンプーのすすぎは短時間
  5. 髪を自然乾燥させている
  6. 帽子を被りっぱなしにすることがある
  7. 甘い物、脂っこい物をよく食べる
  8. 睡眠不足が続いている
  9. 過度なストレスを溜めがち

この中に思い当たるものがあれば、それが脂漏性皮膚炎を引き起こした要因かもしれません。これらのNGな習慣によって引き起こされる事態と、それに対して自宅で行える対策を確認しましょう。

頭皮のベタつきやフケなどの症状が気になる場合は、使用するシャンプーを工夫することで、ベタつきを解消しフケを減らすことが可能です。

過剰な皮脂は、脂漏性皮膚炎を発症・悪化させる要因のひとつですが、だからと言って洗浄力の強いシャンプーで根こそぎ洗い流すのはNG。不足した皮脂を補おうと、かえって皮脂分泌が盛んになってしまいます。

そこでおすすめなのが、洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプー。アミノ酸系シャンプーは、頭皮を乾燥から守るために必要な分の皮脂を残し、頭皮の乾燥を防ぐことができるのです。

洗浄力が弱くなると、汚れが落ちず良くないのでは?と思うかもしれませんが、マイルドとはいえ洗浄力はあります。大量の整髪料など特別な汚れがない限り、不要な皮脂汚れなどはちゃんと洗い流せるので心配いりません。

また、菌の繁殖によるフケなどが気になる人におすすめなのが、抗真菌成分を配合した薬用シャンプー。菌の繁殖を防ぎ、清潔で健康な頭皮環境を整えてくれます。

アミノ酸系シャンプー:ミノン薬用シャンプー

ミノン薬用ヘアシャンプーは、植物性のアミノ酸洗浄成分を使用した医薬部外品のシャンプー。

頭皮の汚れはちゃんと落としつつも必要な皮脂は残すので、乾燥や皮脂不足による皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。

有効成分として、炎症を抑える作用で知られるグリチルリチン酸2Kを配合。炎症を抑え、頭皮環境を健康に保ってくれます。

脂漏性皮膚炎に直接的な作用をするシャンプーではありませんが、頭皮の潤いを守って脂漏性皮膚炎に繋がる皮脂の過剰分泌を防ぐという意味では、脂漏性皮膚炎の対策として効果が期待できるシャンプーといえるでしょう。

抗真菌成分入り:コラージュフルフル

コラージュフルフルネクストシャンプーは、フケの原因菌の増殖を抑えるミコナゾール硝酸塩を配合した薬用シャンプー。

頭皮のニオイを防ぐ抗酸化・抗菌成分も配合されており、これらの薬効成分が雑菌の繁殖を防いで頭皮を健やかに保ちます。

地肌への優しさと、すすぎ落ちの良さにこだわって作られており、フケやかゆみなど悩みを抱える頭皮も優しく洗い上げます。

こちらも、脂漏性皮膚炎に直接作用するシャンプーではありませんが、皮脂量が多く雑菌の繁殖が気になる人や、頭が蒸れやすい環境にいる人にとっては、頭皮環境を健やかに保つために有効なシャンプーと言えるでしょう。

【脂漏性皮膚炎対策のシャンプー選び】

  • 洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーで皮脂の過剰分泌を防ぐ
    →ミノン薬用シャンプーがおすすめ!

  • 抗真菌成分配合シャンプーで雑菌の繁殖を防ぐ
    →コラージュフルフルネクストシャンプーがおすすめ!


コラージュフルフルのシャンプーには、今回紹介しているすっきりさらさらタイプと、うるおいなめらかタイプがあるから仕上がりや洗い心地の好みに合わせて選ぶのもいいかもしれないわ。

脂漏性皮膚炎の原因菌であるマラセチア真菌の繁殖を防ぐには、エサとなる過剰に分泌された皮脂を除去することが重要です。

しかし、シャンプーでゴシゴシ洗い過ぎたり、必要以上にシャンプーを使って頭を洗っていると、必要な皮脂まで除去してしまい、かえって皮脂分泌が盛んになるので要注意。

シャンプーの仕方や頻度などの習慣を見直して、頭皮の健康を守りましょう。

おすすめのシャンプー方法

  1. お湯だけで素洗い
    汚れの大部分を落とすことができ、シャンプーの泡立ちが良くなります。
  2. シャンプーを手で泡立てる
    シャンプーを手にとって、よく泡立ててから頭に乗せます。毛穴詰まりを防いで、すすぎ残しを減らします。
  3. 指の腹で優しく洗う
    指の腹で地肌を優しくマッサージするように洗いましょう。爪を立てたり、ゴシゴシ洗うと頭皮に傷ができ炎症を悪化させるので注意してください。
  4. 丁寧にすすぐ
    シャンプーの成分や汚れが頭皮に残ると、頭皮の刺激になります。2~3分かけて、じっくりすすぎましょう。

普段、さっと髪を濡らしてすぐにシャンプーをつけている、すすぎはシャンプーの泡がなくなればOK!と簡単に済ませている人も多いですよね。

ほんの少しの工夫と、ほんのちょっと時間をかける心遣いで頭皮環境を整えられるので、ぜひ今日から実践してみてください。

覚えておきたいシャンプー習慣

洗髪の注意点

  • ①お湯の温度は38℃
  • ②シャンプー洗髪は1日1回まで
  • ③シャンプーは夜に行う

まず覚えておきたいのが、髪を洗う時のお湯の温度。40℃を超える熱いお湯は、頭皮の皮脂を溶かし必要な分の皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥と乾燥を防ぐための皮脂の過剰分泌を招きます。

お湯の温度は38℃〜39℃ほどのぬるめに設定して、皮脂の流しすぎを防ぎましょう。

また、汗をかいたりすると1日に何度もシャンプーを使って頭を洗うこともありますよね。一見、頭皮を綺麗にしているので良いように感じますが、これも皮脂の洗いすぎに繋がります。

シャンプーを使った洗髪は1日1回までにとどめ、それ以外の洗髪はぬるま湯だけでじっくりすすぐ湯シャンにしましょう。

シャンプーを使って頭を洗うタイミングは夜がおすすめ。1日の汚れをしっかり落として寝ることで、菌の繁殖を防ぐことができます。

入浴後、髪の毛が濡れたまま放置すると脂漏性皮膚炎の原因菌であるマラセチア真菌その他の雑菌が繁殖しやすくなります。

湿疹やフケ、かゆみ、臭いなどの頭皮トラブルを招く原因にもなるので、入浴後はすぐにドライヤーで、頭皮と髪の毛をしっかり乾かしましょう。

頭皮に負担をかけずに乾かすには、ドライヤーは10~15センチ程度はなして使うのがおすすめ。

おすすめの髪の乾かし方

  1. 先にタオルで水分をとる
  2. 根本から乾かす
  3. 髪の毛を乾かす

まず、ドライヤーを当てる前にしっかりタオルで水分を拭き取りましょう。これを行うことで、ドライヤーの使用時間が短くなり、頭皮や髪への熱によるダメージを軽減できます。

続いてドライヤーを使ったドライ。まずは、髪の根元を頭皮を乾かすイメージで乾かしていきます。頭皮が乾いたら、髪の中間、毛先の順で乾かしましょう。

こうすることで乾かし残しを防ぐことができ、さらに髪のまとまりもよくなります。

脂漏性皮膚炎を引き起こす要因のひとつ、皮脂の過剰分泌を防ぐため、食生活や生活習慣を見直す対策もおすすめ。

食事は1日3食、栄養バランスに気を配りましょう。また、皮脂の分泌に関係すると言われている食べ物を意識するといいですね。

《NGな食べ物とおすすめの食べ物》

  • NG:皮脂分泌を増やすもの
    (脂っこい食事、糖分、コーヒー、アルコール、香辛料など)
  • おすすめ:皮脂分泌をコントロールする働きがあるとされるビタミンB群を含んだもの
    (レバー、たらこ、豚肉、牛乳、卵、ほうれん草、トマトなど)

生活習慣の見直しはホルモンバランスを整え、皮脂分泌を正常化させるのに効果的。ホルモンバランスを乱す習慣や、過度な精神的・身体的ストレスがかかる習慣は避けましょう。

《おすすめ習慣》

  • 規則正しい生活
    (睡眠時間の確保、食事時間の安定など)
  • ストレス発散
    (軽い運動をする、趣味を見つけるなど)
  • 過度な飲酒・喫煙を避ける

頭皮の保湿は、乾燥や皮脂不足による皮脂の過剰分泌を防ぐのに効果的。

普段から保湿をして、脂漏性皮膚炎などが起こりにくい頭皮環境に整えておくことが大切です。

特に入浴後は特に乾燥しやすいので、顔のスキンケアと同じように頭皮のケアも習慣化できると良いですね

頭皮の保湿には、頭皮専用の化粧水やローションの使用がおすすめです。フェイスケア・ボディケア用のローションや化粧水は、頭皮への使用を前提としていないことが多く、思わぬ頭皮トラブルに繋がる可能性があるので避けましょう。

キュレル頭皮保湿ローションは、頭皮のくり返すかゆみやフケ、カサつきをケアする保湿ローション。

頭皮に潤いを与えて乾燥を防ぎ、健やかに保ちます。また、ノンオイリー処方でサラッとベタつかず、頭皮に優しくなじむ使い心地が人気。

地肌の刺激になる場合もある、アルコールやメントール、香料、着色料は無添加。肌と同じ弱酸性で、敏感肌や乾燥肌にも優しく潤いを与えます。

脂漏性皮膚炎に直接作用するわけではありませんが、頭皮を乾燥から守って不要な皮脂分泌を防ぐ手助けをしてくれます。

頭皮のクレンジングは、体質的に皮脂の分泌量が多い、頭皮のベタつきが気になるという人におすすめの対策。

普段のシャンプーでは除去しきれない毛穴の余分な皮脂や汚れを落としながら、油分を補うことができます。

頭皮のクレンジングは、頭皮用のクレンジングオイルがあれば、自宅でも簡単にできます。

クレンジングオイルがない場合、オリーブオイルやホホバオイル、椿油などでも大丈夫。週に1~2回を目安に、シャンプー前の乾いた頭皮に行いましょう。

頭皮クレンジングのやり方

  1. 髪をブラッシング
    頭皮をマッサージするようにブラッシングをして、汚れを浮かしておきましょう。
  2. オイルを頭皮に付ける
    オイルを手に取り、髪の毛を避けながら地肌に付けていきます。指の腹を使ってマッサージするように、頭頂部から頭皮全体に広げてください。
  3. お湯で丁寧に流す
    馴染んだら5~10分おいて、丁寧にオイルを流します。
  4. シャンプーをする
    オイルが流れたら、シャンプーをしましょう。

大島椿のシャンプー前にオイルクレンジングする頭皮のオイルは、入浴前の乾いた頭皮に使用する、椿油100%の頭皮用クレンジングオイルです。

肌なじみのよいオイルが毛穴に詰まった皮脂や汚れを浮かし、すっきりと落とします。また、フケやかゆみ、ベタつき、乾燥などのトラブルが起きにくい、健やかな頭皮に整える働きも。

厳しい品質基準を満たした原料を使用し、香料や着色料は無添加。刺激が少なく優しく使えるオイルなので、敏感肌にもおすすめです。

Comment megumi 1
めぐみ

脂漏性皮膚炎は皮膚の疾患。いわゆる”病気”に当てはまるものよ。だから自宅でケアや悪化を防ぐことはできても、治すためにはセルフケアと同時に皮膚科の受診や適切な薬を用いた治療が必要なことも少なくないの。ここでは、脂漏性皮膚炎に用いられる薬について紹介するわね。

脂漏性皮膚炎の治療は、抗真菌薬やステロイド薬などの処方薬による治療が一般的。

脂漏性皮膚炎の治療に用いられることが多い処方薬がこちらです。

  • ローションタイプのステロイド外用薬
  • 抗真菌薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • ビタミン剤
  • ケトコゾナールシャンプー

ステロイド外用薬は、頭皮の炎症を抑える働きがあり、短期間で効果が出やすいのが特徴。ただし、副作用が出る場合もあります。

抗真菌薬は、マラセチア真菌などカビの活動を抑えます。即効性はありませんが、副作用がほとんど見られないことから、軽度の脂漏性皮膚炎や、症状が落ち着いた後の再発予防を目的に用いられることが多いのが特徴です。

強いかゆみを伴う場合は、かゆみを軽減させるヒスタミン薬。皮脂が過剰に分泌されている場合は、皮脂量をコントロールするビタミン薬を用いる場合もあります。

最近では、抗真菌剤のケトコナゾールが配合された医療用のシャンプーを処方する皮膚科も。脂漏性皮膚炎の治療を進める上で処方薬に頼るだけではなく、シャンプーを使ったケアや、食事の見直しなど、自宅でのセルフケアと合わせて行うように指導されることも多いようです。

Comment megumi 1
めぐみ

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂の過剰分泌と雑菌の繁殖によって、頭皮環境が悪化してしまうことだったわね。皮脂の過剰分泌や雑菌の繁殖を招く要因って、シャンプーのやり方だったり、不規則な生活だったり…意外に私達の身近なものばかり。その分簡単に対策やケアはできるけど、治すとなると皮膚科での治療も行わなければならないわ。脂漏性皮膚炎かも…と思ったら、セルフケアはもちろんだけど皮膚科でもちゃんと相談しましょうね。

【自宅でできる脂漏性皮膚炎の対策・頭皮ケア】

【病院で処方される脂漏性皮膚炎の薬】

  • ローションタイプのステロイド外用薬
  • 抗真菌薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • ビタミン剤
  • ケトコゾナールシャンプー

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。