Navi megumi

もくじ

  1. 1 湿疹やかゆみ、フケなど…「脂漏性皮膚炎」の症状
  2. 2 どうしてベタついちゃうの?「脂漏性皮膚炎」の原因
  3. 3 日常の中でできることは?「脂漏性皮膚炎」の対策方法2つ
  4. 4 診療科は?どんなことをするの?「脂漏性皮膚炎」の治療方法
  5. 全ての目次を見る

「頭がベタついてると、悪化した場合抜け毛が増える『脂漏性皮膚炎』っていう病気にかかることがある」って聞いたんだけど…それって本当?どんな病気?

ちゃんと頭を洗ってるはずなのに、臭いやフケやかゆみが…

「脂漏性皮膚炎」は頭皮の他に、顔、脇、胸、背中の上部などにも起こることがあります。

頭皮が脂漏性皮膚炎になった場合の主な症状は、頭皮が脂っぽくベタついてしまうほか、赤みや湿疹、かさぶた、かゆみ、ペタっとしたフケなど。

悪化すると髪が細くなったり、抜け毛が増えたりすることもあるので、思い当たる節があるなら早めに病院へ行った方が良いでしょう。

また、脂漏性皮膚炎は、「毛包炎(毛嚢炎)」という、おできやニキビのようなできものができることもあります。

頭皮の脂漏性皮膚炎の原因は、頭皮の皮脂量が増えたことで「マラセチア」という皮膚常在菌が増殖してしまったこと。

マラセチアは誰の肌にでもいる、ありふれた真菌(カビの一種)です。

ただし人の皮脂を食べるため、皮脂量が増えると皮脂をエサに異常増殖して、皮膚を刺激する物質を作ってしまいます。

皮脂が増える原因は、単純に洗髪が十分でないというほか、逆に洗いすぎによる乾燥だったり、不摂生などによる生活習慣から起こる頭皮環境の悪化だったりします。

「乾燥で皮脂が増えるってどういうこと?乾燥したんだからむしろ足りてないんじゃないの?」と思われていそうなので、乾燥による皮脂増加について少し説明しますね。

ニキビやテカリで嫌われがちな皮脂ですが、本来、皮脂は皮膚のバリア機能の一部。

量が多いのは確かに良くないのですが、適度な量であれば、皮膚をカバーして表面から水分が蒸発しないように守る働きがあります。

洗いすぎて本来必要な皮脂まで洗い流してしまうと、皮膚をカバーする皮脂が不足してしまうので、水分が蒸発しやすくなって皮膚が乾燥してしまいます。

そのため、皮膚は水分を蒸発させないために、もっと皮脂を出して自分を守ろうとします。

こうして、肌の乾燥によって皮脂が増えてしまうのです。

頭皮がベタッとしていると感じたら、以下2点に気をつけてみましょう。

  • シャンプー選びや洗い方で対策
  • 生活習慣を改善

それぞれの対策について、ちょっとだけ紹介しますね。

頭皮の脂漏性皮膚炎は皮脂量が原因の一つなので、シャンプーをうまく使って皮脂量をコントロールし、頭皮環境を整えてあげるといいですよ。

皮脂の分泌量が少なく、乾燥によって皮脂量が増えがちな乾燥肌の方は、洗浄力が優しくて必要な皮脂まで落とさないアミノ酸シャンプーを使うのがおすすめ。

一方、皮脂の分泌量が多く頭皮がベタつきやすい方は、比較的洗浄力の強いシャンプーを使えば、余分な皮脂を洗い流せるでしょう。

洗う頻度は1日1回
以下の手順で行うと、汚れや余分な皮脂を落としやすいですよ。

  • ブラシで髪をとかす
  • お湯だけで洗う(すすぐ)
  • シャンプーを手で泡立てる
  • 指の腹を使って丁寧に洗う
  • しっかりすすぐ

もっと詳しく選び方や洗い方について知りたい方は、「教えて!「肌質別シャンプーの選び方」と「おすすめの髪の洗い方」」ものぞいてみてくださいね!

生活習慣が乱れがちな方は、十分な睡眠時間をとったり、食生活を変えたりすれば皮脂量が減るかもしれません。

成人に必要な睡眠時間は6〜8時間です。
普段夜更かししてしまいがちな方は、最低でも6時間は寝るようにしてみましょう。

食生活に関しては、1日に必要な栄養素を食事からバランスよく摂ってくださいね。

脂漏性皮膚炎になってしまった場合、あるいはその疑いがあるから診てもらいたい場合、どの診療科がいいのでしょうか?

答えは「皮膚科」です。

ちなみに、脂漏性皮膚炎の治療は保険が利くので安心して治療を受けてくださいね。

治療方法は主に塗り薬フケ取りシャンプー。ひどい時は飲み薬を使うことも。

脂漏性皮膚炎の主な治療方法についてご紹介していきます。

塗り薬は、ケトコナゾールが主に処方されます。

真菌(カビの一種)が原因の皮膚感染症治療によく使われる、抗真菌作用を持った薬です。

海外ではこのケトコナゾールが入ったシャンプーも販売されていますが、日本ではまだ塗り薬だけ。

ちなみに従来は、即効性のあるステロイドがよく処方されていました。

しかし、ステロイドには、長く使うと皮膚が薄くなる・血管が拡張されるなどの副作用や、一度使用を止めるとまた症状が出てしまう方がいるといった特徴があったのです。

もちろん誰でも必ず副作用などが起こるというわけではないのですが、その懸念から最近はケトコナゾールの方が主流となっています。

頭皮に傷がない場合は、マラセチアに対して効果のある抗菌剤が配合されたフケ取りシャンプーを使うこともできます。

抗菌剤として、ジンクピリチオン、ピロクトンオラミン、硝酸ミコナゾールなどが入っています。

ちょっと心配になったけど、意外と簡単に対策できるんだ!治療も保険が使えるなら安心。とはいえ脂漏性皮膚炎にならないように、日頃のケアをしっかりした方がいいみたいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。