Navi megumi

もくじ

  1. 1 女性の薄毛ってどうやって治療したらいいの?
  2. 2 ホルモンバランスの崩れやストレスで起こる「FAGA」
  3. 3 女性の薄毛「FAGA」の治療方法とは
  4. 4 女性の薄毛「FAGA」治療におすすめの病院2選
  5. 5 病院に行く時間が取れない方は「リアップリジェンヌ」がおすすめ
  6. 6 予算や進行度と相談しながら、早めに対策しよう!
  7. 全ての目次を見る

女性にとって、髪はヘアスタイルなどで自分を表現するためにも重要なもの。

薄毛や抜け毛で地肌が見えていることに気づいたらとてもショックで、「一刻も早く治したい!」と思うことでしょう。

そこで、今回はつむじや分け目を中心に髪全体が薄くなる女性特有の薄毛「女性男性型脱毛症」、いわゆる「FAGA」の治療方法について解説していきます。

FAGAの原因やおすすめの病院についても紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

治療方法の話をする前に、「FAGA」とは女性のどんな薄毛なのかというお話をしますね。

FAGAは、つむじや分け目を中心に髪全体が薄毛になる症状(びまん性脱毛)が基本的な症状ですが、たまに生え際や側頭部が部分的に薄毛になることも。

主に加齢や女性ホルモンの減少から閉経前後の女性がFAGAになることが多いのですが、ストレスや生活習慣の乱れなどが原因となって、30歳前後や思春期の10代で発症する女性も増えています。

年齢的な問題も関係しつつも、頑張り屋さんな女性が多い現代社会だからこその薄毛、とも言えるかもしれませんね。

ではお待ちかねの、女性の薄毛「FAGA」の治療方法についてお話ししていきます。

FAGAの診療科は、皮膚科よりも、薄毛への専門的な処置を施してもらいやすい毛髪外来(注)や脱毛症外来(注)、薄毛専門クリニックで受診するのが良いでしょう。

ただし、「自分の薄毛の原因がFAGAかわからない!」という女性は、まず皮膚科に行ってFAGAかどうか診断してもらってくださいね。

次にFAGAの治療方法そのものについて。治療方法は大きく分けて6種類。

  • 外用薬
  • 内服薬・サプリメント
  • ホルモン補充療法
  • HARG(ハーグ)療法
  • グロスファクター(グロースファクター)療法
  • 脂肪肝細胞療法

お医者さんとよく相談して、自分に合ったものを選んでくださいね。

ちなみに、FAGAの治療は基本的に健康保険が適用されず、自費診療(全額負担)となるのでご注意を。

注:髪の毛に関係する悩みを抱えている方のための外来です

女性の薄毛「FAGA」の治療には、外用薬を使うのが一般的な方法となります。

主に使用されるのはミノキシジル外用液です。

ミノキシジルは国が発毛効果を認めるリアップシリーズ(大正製薬)の発毛剤に配合されている成分で、「日本皮膚科学会ガイドライン」に記載されたFAGAの治療方法でもあります。

ガイドラインに載っている中で最も推奨されている治療方法ですが、効果には個人差があるので誰でも症状が改善されるとは限りません。

女性の薄毛用の内服薬には「パントガール」があります。

パントガールは、ドイツで有効性が検証されて女性の薄毛・抜け毛の効果と安全性が認められた飲み薬で、髪を作るのに必要なアミノ酸などを含んでいます。

平均治療期間は3〜6か月ほどで、妊娠中の使用は推奨していない病院が多いようです。

他に、髪を作るための栄養補助として、マルチビタミンや鉄、銅、亜鉛などが含まれた医療用サプリメントを用いることがあります。

女性ホルモンの減少が薄毛の原因となっている場合は、女性ホルモンのバランスを調整する薬を使うことも。

ホルモン補充療法(注1)は、日本ではまだあまりメジャーな方法ではないのですが、欧米ではすでに一般的な治療方法として認知されています。

ただしホルモン補充療法を行うと、性ホルモンに関する重大な影響が身体に起こることもあるため、お医者さんとよく相談して健康被害が起きないように用いることが重要です。

注1:ホルモン補充療法は、主に飲み薬や注射で体に足りない女性ホルモンなどを補充する治療方法です。

あまり聞きなれない「HARG(ハーグ)療法」。

アレルギーや副作用などのリスクが極めて低いと言われている毛髪再生治療(注2)です。

方法としては、培養した幹細胞の上澄み液から採取されたタンパク質とタンパク質に含まれる成長因子(注3)を凍結乾燥させ、特殊な薬剤にして頭皮に注入します。

頭皮に注入したタンパク質が、細胞を回復させるための信号を出すことで、弱った毛乳頭や毛包幹細胞などを元気にさせるのが狙いです。

ただし、すべての毛乳頭や毛包幹細胞が必ず元気になるというわけではないので、理解した上で施術を受けてくださいね。

施術時間は約20~30分と短時間なので、忙しい女性にも比較的受けやすい毛髪再生治療です。

注2:毛髪再生治療とは、髪を生み出す細胞と頭皮に栄養を与え、正常で健康な毛周期をもたらすことを目的とした治療方法のことです。

注3:成長因子は、髪の毛が成長するための信号を発する役割を持っています。

「グロスファクター(グロースファクター)療法」もHARG療法と同じく毛髪再生治療です。

グロスファクター療法は、「成長因子」を配合した薬剤を頭皮に注射する療法になります。

HARG療法でも説明したように、成長因子は髪の毛が成長するための信号を発する役割を持っていて、頭皮の不足した成長因子を注射によって補うことで髪の成長を促すのがこの療法の目的です。

注射する薬剤の種類が多く、ものによって成長因子の数やベースになる薬剤が異なります

薬剤によっては一概に女性の薄毛への効果があるといい切れないところがあるので、事前にその医療機関で扱われている薬剤を確認しておくのをおすすめします。

また、医療機関ごとに施術方法も異なるため、施術方法で病院を選ぶのもありです。

例えば、グロスファクター療法の施術にはたいてい麻酔が必要となりますが、麻酔を使いたくない女性は施術に麻酔を使用しない医療機関を選ぶと良いでしょう。

「脂肪幹細胞療法」も、培養した脂肪由来の幹細胞を脱毛部分に注射して行う毛髪再生治療。

患者自身の細胞を使用するので、拒絶反応などのリスクが低いのが特徴です。

前にも説明したように、成長因子は髪の毛が成長するための信号を発する役割を持っています。

幹細胞を頭皮に注入することで、毛根周囲の細胞が活性化して成長因子が作られ、休眠状態の毛乳頭や毛包幹細胞を元気にします。

また、抗炎症効果のある成長因子も生まれるので、育毛や発毛に適したトラブルのない健康的な頭皮を目指せるという嬉しい効果もありますよ。

FAGAの治療法を紹介してきましたが、 最後に編集部おすすめの、全国展開をしている女性の薄毛クリニックを2つご紹介します。

自分で女性の薄毛クリニックや病院を見極めたい、という方のために、 クリニックや病院を選ぶ時の6つのポイントものせておきます。

  • 料金が明示されているか
  • 無理のない金額か(半年くらいは月に1回ほど通うことになるから)
  • 信頼できるスタッフや医師がいるか
  • 治療実績は豊富か
  • 治療法や副作用、費用などの疑問・質問にちゃんと答えてくれるか
  • カウンセリングなどの際に考える時間をちゃんとくれるか

自分で探す方、どこで薄毛治療を受けるか迷った方は、参考にしてみてくださいね。

※価格はすべて税込で、2017年8月時点のものです。

「東京ビューティークリニック」は、クリニックが行ったアンケートによると、発毛満足度が99.4%という高い満足度を得ているクリニック。

銀座、渋谷、新宿のほか、横浜、札幌、大阪、福岡などにクリニックがあり、どの店舗も駅から近いので通いやすさが特徴で、女性の薄毛治療実績も豊富です。

気になる価格をみてみましょう。ちなみに全額自己負担となります。

  • 初回カウンセリングと頭髪診断 :無料
  • 治療をする場合
    ・初診料:5,400円
    ・血液検査:21,600円

東京ビューティークリニックで受けられる薄毛治療と価格は以下の通りです。

  • 育毛薬パントガール
     ・1か月分初回:7,560円
     ・2回目以降:8,640円
     ・内容:ドイツで有効性が検証され、世界で初めて「薄毛・抜け毛の効果と安全性」が認められた、女性用育毛剤

  • オリジナル発毛薬「リバース レディ」
     ・内服薬1か月分:15,120~22,680円
     ・外用薬1か月分:15,120円
     ・内容:ミノキシジルやビタミン、亜鉛などが含まれている内服薬・外用薬

  • オリジナルカクテルDr'sメソ(FAGAメソセラピー)   ・1回2cc:54,000円
     ・1回4cc:75,600円
     ・内容:ミノキシジルや成長因子を配合した薬剤を用いる、グロスファクター療法

  • FAGA幹細胞再生治療(無痛)
     ・1回2cc:64,800円
     ・1回4cc:86,400円
     ・内容:治療法で説明した毛髪再生治療の中ではHARG療法に近いですが、薬剤は注入ではなく散布。幹細胞の成長因子のほか、ミノキシジルなども含まれた薬剤を使用

そのほか、植毛や育毛ケア用品の購入もできます。

「東京美容外科」は、整形や豊胸などの処置を行っていますが、女性の薄毛治療も行えます。

東京のほか、青森、大阪、沖縄、海外などにもクリニックがあります。

気になる価格を見てみましょう。ちなみに全額自己負担となります。

  • 初回カウンセリング:無料
  • 発毛治療を契約した場合
    ・初診料:無料 ・血液検査料:無料

東京美容外科で受けられる薄毛治療の一部は以下のような内容です。

  • 育毛薬パントガール
     ・初回税込7,560円
      ※諫早院、山口院、佐賀院は初回も税込8,640円
     ・2回目以降税込8,640円
     ・内容:ドイツで有効性が検証され、世界で初めて「薄毛・抜け毛の効果と安全性」が認められた、女性用育毛剤

  • オリジナル「Rebirth Lady」
     ・内服薬1か月分:15,120~22,680円
     ・外用薬1か月分:15,120円
     ・内容:ミノキシジルやビタミンなどが含まれた内服薬・外用薬

  • オリジナル育毛メソセラピー
     ・1回2cc:54,000円
     ・1回4cc:75,600円
     ・内容:グロスファクター療法で、薬剤の2大成分はミノキシジルと成長因子

ほかに、育毛ケア用品の購入などもできます。

病院にはなかなか行けないけどFAGAが薄毛の原因とわかっている女性は、薬局でも売っている女性用発毛剤「リアップリジェンヌ」を使うのも手です。

女性の壮年性脱毛症(FAGA)に効果が期待できるミノキシジルを配合しています。

処方せんのいらない「第一類医薬品」で薬局でも購入できますが、頭皮の発疹やかゆみ、頭痛などの副作用が起きることもあるので、異変を感じたら使用を中止してお医者さんに相談してくださいね。

薄毛が気になり出したら、一度専門の医療機関を受診するのをおすすめします。

気にしすぎているだけで、実は薄毛というほどではない、ということも案外あるんですよ。

本当に薄毛の場合も専門家に相談できますし、悩んでいるなら、まずは見てもらいましょう。

女性の薄毛に対応している医療機関でもそれぞれ治療方法や価格は違うので、お財布の中身や薄毛の進行度などを考えて、あなたの薄毛に合った治療方法を選んでくださいね。

薄毛が進行する前に、早めにお医者さんの手を借りて対策をしましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。