Navi akane

もくじ

  1. 1 そもそも…”ボタニカル”って何?
  2. 2 購入前に必見!ボタニカルシャンプーはどう選ぶべき?
  3. 3 主なボタニカルシャンプーをCheck
  4. 4 今さら聞けない…ボタニカルシャンプーのQ&A
  5. 5 自分好みのボタニカルシャンプーを選ぼう!
  6. 全ての目次を見る
Comment akane 1
あかね

最近、ボタニカルという言葉をよく耳にしますよね。ボタニカルシャンプーは髪に良さそうで気になっているけど、具体的なことはよく分からないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ボタニカルシャンプーが一体どのようなものなのか、具体的にどんな商品があるのか、詳しくご紹介しますね。

ボタニカルという言葉には「植物の」「植物性の」という意味があります。

つまりボタニカルシャンプーとは、植物由来の成分を配合したシャンプー*のこと。

植物由来という意味から、ボタニカルシャンプーは自然派シャンプーとして注目され、頭皮や髪にも優しいというイメージを持たれることが多いです。しかし実際のところ普通のシャンプーとの違いはほとんどありません。

植物由来成分の配合量などに明確な基準は特になく、1種類でも植物由来の成分が含まれていればボタニカルシャンプーと呼ぶことができます。

加工前の成分が植物由来であればボタニカル成分と言えるので、どのような加工の過程を踏んでいるかなども名前からでは判断できません。

通常のシャンプーであっても、植物から抽出した成分を加工して使用しているものはかなり多いことを考えると、ボタニカルと名のつくシャンプーが特別だとは言えないのです。

地肌や髪への優しさを重視したいのであれば、"ボタニカル"という名前で決めるのではなく、洗浄成分の種類や添加物なども見極める必要があります。

Comment akane 3
あかね

ボタニカルと呼ばれていないシャンプーでも、ボトルの裏の成分を見てみると植物の名前がついた成分が含まれているものもたくさんあります。成分の名前からはわからなくても、元をたどると植物から抽出された成分であるものも少なくありません。こう考えると、他の商品との違いが明確にないことも納得ですよね。

Comment akane 1
あかね

ボタニカルシャンプーと聞くと特別な感じがしますが、他のシャンプーとそんなに変わらないようですね。では、どのように選び方をすべきなのでしょう?頭皮トラブルのリスクを減らし、満足できるものが選べるように、まずはボタニカルシャンプーの選び方をチェックしましょう。

《ボタニカルシャンプー選び方のポイント》

  1. 理想の仕上がり、悩みから選ぶ
  2. 価格から選ぶ
  3. 好みから選ぶ

髪質や髪の悩みは人によってさまざま。それぞれの髪の悩みに合った、理想の仕上がりに近付けるシャンプーを選びましょう。

髪のまとまりをよくしたい場合は、まとまりやすさに重点を置いたしっとり仕上がるものを選ぶのがおすすめ。

頭皮のベタつきや乾燥が気になる場合は、頭皮ケアに力を入れたものを選びましょう。

このようにまずは、自分の理想の仕上がりとマッチするかどうか、シャンプーの特徴に注目してみてくださいね。

シャンプーは毎日使うもの。さらに女性ならシャンプーだけでなく、トリートメントやコンディショナーとセットにして使う人も多いですよね。

いくら気に入ったボタニカルシャンプーが見つかっても、高くて買い続けられなければ、残念ながら使い続けることができません。

購入前にシャンプーの容量と価格を確認して、経済的な負担にならなそうな価格帯のものを選びましょう。

香りや泡立ちなど使用感も、女性のシャンプー選びには欠かせないポイントですよね。

ネットの情報や口コミである程度知ることはできますが、実際のところは使ってみなければわかりません。

お試しパックがあれば、先にそちらを使って使用感が好みに合うかチェックしてみるといいですね。気に入るようであれば、ボトルで購入すると安心です。

最近注目されている”ボタニカル”と名前がついたシャンプー。

その中でも、ボタニカル成分を大きく打ち出しているブランドやブランドごとのラインナップ、大手メーカーから販売されているボタニカルシャンプーをご紹介します。

  • BOTANIST(ボタニスト)ボタニカルシャンプー
  • ダイアンボタニカル
  • アミノメイソン
  • オルビス ナチュラルボタニカルシャンプー
  • Nature&Co(ネイチャーアンドコー)ボタニカルシャンプー
Comment akane 1
あかね

ボタニカルシャンプーと聞くと、真っ先にボタニストが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。ボタニカルシャンプーの代表格ともいえるボタニストのラインナップや特徴をチェックしましょう。

ボタニストは、植物とともに生きるボタニカルライフスタイルを提案する、髪と肌の人気ケアブランド。ボタニストのボタニカルシャンプーは、髪と地肌を健やかに整える植物由来の成分がたっぷりと配合され、植物の恵みで髪本来の美しさに近づけます。

ボタニカルシャンプーのラインナップは、次の3種類です。

  • モイスト
  • スムース
  • スカルプ

価格はどの種類も490mlで1,512円(税込)です。

ダイアンボタニカルは成分の90%以上が天然由来のものを使った、優しい使い心地にこだわっています。シャンプーの濃密な泡が、頭皮に詰まった汚れや皮脂まですっきり。

8種類の植物オイルや10種類のオーガニックエキスなど植物由来の保湿成分をたっぷり配合し、髪と頭皮に潤いを与えながら洗えます。

ダイアンボタニカルのラインナップは5種類。

  • リフレッシュ&スムース
  • リフレッシュ&モイスト
  • モイスト
  • ダメージリペアリング
  • モイストリラックス

480mlで997円(税込)というリーズナブルな価格も人気の理由です。

Comment akane 2
あかね

ダイアンボタニカルのシャンプーは5種類もあるから、自分の好みの洗い上がりや香りを選べるのが良いですね。

アミノメイソンのシャンプーは、自然の恩恵を受けたボタニカルの原料が主役。

仕上がりの違いによって、配合するフルーツやオイルを厳選し、乾燥してパサつきがちな髪に潤いとツヤ感を与えます

また、独自開発したオリジナルのアミノ酸の配合で、髪のダメージを補修しながら髪を保護する働きも。髪を潤いで優しく包み込んで健康的な髪へと導く、次世代のボタニカルヘアケアのできるシャンプーです。

アミノメイソンのラインナップは仕上がり別に2種類。

  • モイスト
  • スムース

どちらも450mlで1,512円(税込)です。

Comment akane 1
あかね

化粧品やスキンケア用品などで有名なオルビスのシャンプーにも、植物由来の成分を特徴としたシャンプーがあるんです。

オルビスのナチュラルリペアシャンプーは、ソメイヨシノ葉やウメ果実、オオウメガサソウ葉、ドクダミの4種類の植物エキスから成るボタニカルモイストコンプレックスを配合。

植物の力で地肌を保湿しながら、優しく洗いあげます。

植物由来の保湿成分とアミノ酸系洗浄成分により、乾燥によるダメージをケアしながら、潤いのある柔らかい手触りの髪に。次の日のスタイリングがしやすくなるような、健やかな髪を目指せるシャンプーです。

とろみが少なくさらりとしたテクスチャーが特徴。無香料なので、強い香りが苦手な方や整髪料と香りが混じるのが心配という方にもおすすめです。

価格は420mlで1,296円(税込)です。

Nature&Coは大手化粧品メーカーKOSEが展開するオーガニックブランド。

その中でもボタニカルシャンプーは、3種のボタニカル洗浄成分とヤシ油由来の洗浄成分を配合。キメ細かい濃密泡が、髪と頭皮の汚れを優しく包み込んで落とし、すっきりと洗い上げます。

きしまず、すすいだ瞬間からなめらかな指通りが感じられるのが特徴。保湿成分としてオーガニック認証を受けたオリーブ果実抽出オイルを配合しています。

さらに生命力が強いとされている植物の力をヘアケアにうまく取り入れ、髪に必要な物を贅沢に配合しています。

香りは思わず深呼吸したくなる、リラックスハーバルグリーン。いつものバスタイムを特別な癒しの時間へと変えてくれます。

価格は500mlで1,512円(税込)です。

Comment akane 1
あかね

NATURE&COのボタニカルシャンプーは、オーガニックなど素材にこだわっているのに、価格が比較的お手頃なところも嬉しいですね。成分にこだわりたいけど高いものは続けられない!という女性でも買いやすいのではないでしょうか。

Comment akane 1
あかね

ボタニカルシャンプーがどんなものかはわかっても、やっぱりいろんなイメージがあって今更聞けないこともありますよね。ここでは、今更聞けないちょっとした疑問にお答えします。

  • ボタニカルシャンプーが頭皮に優しいは嘘!?
  • ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーはどう違う!?
  • ボタニカルシャンプーは髪が軋みやすいって本当!?

ボタニカルシャンプー全てが頭皮に優しいとは限らない!

Comment akane 1
あかね

ボタニカルは頭皮や髪に優しいイメージがありますが、必ずしもそうとは言い切れませんし、違うとも言えません。ボタニカル=植物由来ということで、植物性の成分が少しでも入っていればボタニカルシャンプーと謳うことができます。つまり、その他の添加物の有無や、洗浄成分の優しさは関係しないのです。

ボタニカルとオーガニックの違いって何?

Comment akane 3
あかね

・ボタニカル=植物由来
・オーガニック=有機栽培の植物の成分

オーガニックシャンプーは有機栽培された植物由来の成分が1滴でも入っていれば、オーガニックシャンプーと謳うことができます。また、ボタニカルのシャンプーの植物成分が、オーガニック製法(有機栽培)かどうかは問われません。

ボタニカルシャンプーは髪が軋みやすい!?

Comment akane 2
あかね

ボタニカルシャンプーにはノンシリコンのものが多いので、軋むという印象が強いのだと思われます。でも全てが軋みやすいわけではありません。ボタニカルシャンプーでもノンシリコンではないものや、植物性の保湿成分を多く含んだものなど、軋みにくいものもありますよ。

Comment akane 1
あかね

ボタニカルシャンプーは、植物由来の成分を配合したシャンプーのことでしたね。ボタニカルシャンプーを選ぶ際は、理想の髪の毛の仕上がりに近付けるシャンプーの中から、価格や使用感を踏まえて選ぶのがおすすめです。毎日使うものなので、自分の好みに合ったボタニカルシャンプーを見つけてくださいね!最後に改めて、主なボタニカルシャンプーのおさらいをしておきましょう。

  BOTANIST(ボタニスト)
 ➡︎ラインナップをCheck
  ダイアンボタニカル
 ➡︎ラインナップをCheck
  アミノメイソン
 ➡︎ラインナップをCheck
  オルビス
 ➡︎詳細をCheck
  Nature&Co
 ➡︎詳細をCheck

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。