もくじ

  1. 1 髪の乾燥がくせ毛に繋がる!?パサパサ髪とうねりの原因とは
  2. 2 髪のパサパサ&くせ毛を抑えるならコレ!おすすめの保湿ヘア ケア商品
  3. 3 知っておきたい!パサパサ髪とくせ毛を抑えるテクニック
  4. 4 毎日のヘアケアでパサつき、くせ毛知らずのうるサラヘアに
  5. 全ての目次を見る
Comment akane 1
あかね

パサパサの髪やくせ毛は広がったりツヤがなかったり、だらしない印象になりますよね。 せっかくお洒落しても髪がキマらないと本当に残念…。

そこで今回はパサパサ髪やくせ毛・うねりを解消して、うるサラヘアになる方法を調べました!

「パサパサに傷んだ髪を改善したい」
「くせ毛をどうにかしたい」

そんな風に考えている人は少なくないはず。

実はパサパサ髪くせ毛の原因のひとつには、髪と頭皮の乾燥があります。

乾燥により髪がパサパサになるのはイメージが湧きますが、乾燥でくせ毛になるのはなぜなのでしょうか。

それは乾燥で髪と頭皮環境が悪化し、キューティクルがはがれて髪の水分量が変化するから。

そのため、湿気があるときは髪が必要以上に水分を吸収したり、逆に空気が乾燥しているところでは水分が出ていってしまったりと髪の水分のバランスが崩れ、くせ毛うねりに繋がるのです。

そんなパサパサ髪やくせ毛を改善するためには、重点的な保湿ケアで髪と頭皮のダメージを補修する必要があります。

今回は髪の保湿をするのに最適なヘアケア商品を紹介していきます!

パサパサ髪やくせ毛を抑えるためには、乾燥を防ぎ保湿することが大切。

今回は以下のヘアケア製品のおすすめを紹介します。

  • シャンプー
  • インバス(洗い流す)トリートメント
  • アウトバス(洗い流さない)トリートメント

ヘアケア製品の中でも毎日使用するシャンプーは特に重要です。

市販のシャンプーの多くは洗浄力を重視しているため、必要以上に頭皮や髪の油分を洗い流してしまい、乾燥を招くことがあります。

そんな状態でトリートメントやコンディショナーを使っていくら保湿しても、根本的な解決にはならないのでまずはシャンプーの選び方を見直しましょう。

<シャンプー選びのポイント>

  • 洗浄成分は「アミノ酸系」

シャンプーの洗浄成分は洗浄力が高すぎず頭皮と髪に優しく使えるアミノ酸系がおすすめです。

【アミノ酸系洗浄成分の具体例】
◯ ココイル〜
◯ ラウロイル〜
◯ ステアロイル〜

シャンプーを買う際は、上記のような成分名がつくものがあるか成分表を確認してみましょう。

アミノ酸は私たちの体を構成するタンパク質の元になっているものなので、髪や頭皮への負担が少なく、低刺激で洗い上げることができます。頭皮や髪に必要な油分を残したまま洗い上げるので、髪や頭皮が乾燥することがありません。

おすすめのシャンプーは、「haru黒髪スカルププロ」

haru黒髪スカルププロはアミノ酸系の無添加シャンプーです。

天然由来成分配合で頭皮の蓄積汚れを落としながら、保湿成分が頭皮と髪をしっかり保湿し、乾燥から守ります。

泡立ちが良いので、髪同士が擦れて傷むのを防ぐ効果も。
香りは、爽やかな柑橘系です。

価格は3,000円以上と高めですが、リンスやコンディショナーがいらないオールインワンなので、コスパは悪くないと言えます。

Large comment akane 1

haru黒髪スカルププロは、開発者の女性が出産を経て、忙しいなかでもきちんとケアができるシャンプーがほしいという思いから作られたもの。
頭皮や髪に良いのはもちろん、オールインワンなので時短にもなる点もメリットですよね。

普段はシャンプーとコンディショナーで済ませるという人も多いかもしれませんが、パサついた髪やくせ毛を落ち着かせるには、インバス(洗い流さない)トリートメントがおすすめです。

パサパサの髪やくせ毛はダメージなどで髪内部の水分が不足している状態。
そんなパサついた髪を内部から補修してくれるのがトリートメントなのです。コンディショナーでは表面をコーティングすることしかできないので、パサパサ髪やくせ毛が気になる方はトリートメントを使いましょう。

<インバストリートメント選びのポイント>

  • 保湿成分が配合されている
  • ダメージ補修ができる

パサパサ髪やくせ毛が気になる方は保湿成分、ダメージ補修成分を多く含むしっとり系のトリートメントがおすすめです。

また週に1、2回の特別ケアとしてヘアパックを取り入れるのもおすすめ。

おすすめのインバストリートメントは、「ラ・カスタ アロマエステ ヘアマスク21」

ラ・カスタは、オーガニックの植物成分が配合されているトリートメント。

ハーブエキス、アルガンオイルなどが髪を補修・保護するので、髪をしっとりうるサラヘアに導いてくれます。

フローラルハーブの香りにはリフレッシュ効果が期待できますよ。

Large comment akane 1

ヘアトリートメントを髪につけたらヘアキャップやホットタオルで3~5分ほど蒸らしてから洗い流すと、より効果的。
トリートメントが髪の内部までしっかり浸透して、艶やかな髪へと仕上がるのです。

アウトバス(洗い流さない)トリートメントは、髪を乾かす前の濡れた状態に付けるとドライヤーの熱から髪を守る効果が期待できます。

<アウトバストリートメント選びのポイント>

  • ミルクタイプ
  • 保湿成分が配合されている

アウトバストリートメントはオイルタイプとミルクタイプがありますが、パサパサ髪やくせ毛が気になる人にはミルクタイプがおすすめ。

ミルクタイプは水分が多く含まれているので、乾燥しやすい髪の内部に浸透しやすいのです。

おすすめのアウトバストリートメントは、「giovanni 2chic モイストヘアスタイリングクリーム」

giovanni(ジョヴァンニ)は、自然派ヘアケア製品のパイオニアとして、アメリカで人気が高いブランドです。

配合成分のオーガニックアボカドとオーガニックオリーブのオイルが、ドライヤーの熱から髪を守り、しなやかで、まとまりやすい髪へと導きます。

香りは強すぎないフローラル系。

ミルクタイプなので、重すぎず、サラッとした仕上がりです。

Large comment akane 1

giovanni 2chic モイスト ヘアスタイリングクリームは、パサつきやくせ毛を抑えるほか、枝毛・切れ毛も補修し防いでくれます。
また、髪に潤いを与え、まとめやすくなるのでスタイリング時にも使えます。

Comment akane 1
あかね

保湿力の高いヘアケア製品だけでなく、普段のドライヤーの仕方にもパサパサ髪やくせ毛を抑えるポイントがあります。特にくせ毛やうねりのある方は、ドライヤーの方法を間違えると乾燥したパサパサ髪になりやすいため、ドライヤーの方法を一度見直してみてください。

パサパサ髪とくせ毛を抑えるドライヤー方法のポイントは、以下の通りです。

  • 根元をしっかりと乾かす

  • ドライヤーを近づけすぎず15cm程離して使う

  • 毛流れに沿って髪を乾かす

  • 一通り乾いたら、最後は冷風で仕上げる

まず大切なことは、髪の根元をしっかりと乾かすこと。

髪の根元がきちんと乾いていないと、寝ている時などに跡がつきやすくなります。

また、ドライヤーを近づけて使うと、ドライヤーの熱により頭皮や髪が乾燥してしまいます。

乾燥を防ぐためにも、15cm程離して使うと良いでしょう。

髪を乾かすときは下から上ではなく、毛流れに沿って上から下へと乾かしていきましょう。

毛流れに沿って乾かすことで、キューティクルが整い、髪が毛羽立たなくなります

そうすることで、見た目のパサつきを抑えることができるのです。

髪が一通り乾いたら、冷風に切り替えて仕上げることが大切なポイント。

冷風によってキューティクルが固定され、髪にツヤが生まれますよ。

Comment akane 1
あかね

パサパサ髪やくせ毛、うねりの原因となる乾燥を防ぐために、毎日使うヘアケア製品を見直して、少しずつ改善していきましょう。

最後に、うるサラヘアになれるヘアケア方法を、もう一度まとめておきます。

<うるサラヘアに導く保湿ケア>

  1. シャンプー
    頭皮と髪にやさしく使えるアミノ酸系シャンプーを選ぶ
  2. インバストリートメント
    髪の内部から補修するインバストリートメントを使用する
  3. アウトバストリートメント
    ドライヤーの熱から守るためにアウトバストリートメントを使用する
  4. ドライヤーのかけ方
    15cm離して頭皮と髪の乾燥を防ぎ、最後に冷風を当てる

これらのポイントを意識して、頭皮と髪の乾燥を防ぎましょう。
パサパサ髪やくせ毛でお悩みの方も毎日のケアがうるサラヘアへと導いてくれるはずです…!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。