もくじ

  1. 1 ヘアミルクとは
  2. 2 ヘアミルクの人気ランキング
  3. 3 人気ヘアミルク【ミルボン・ジョンマスターオーガニック】編集部が使ってみた
  4. 4 検証①【ミルボン エルジューダ エマルジョン+】の使用感レポート
  5. 5 検証②【ジョンマスターオーガニック R&A ヘアミルク】の使用感レポート
  6. 6 お気に入りのヘアミルクを見つけて毎日を気分良く過ごそう
  7. 全ての目次を見る
Comment ann 1
あん

ヘアミルクを買おうと思っても、種類がたくさんあって迷っちゃうよね…。

どうやって選べばいいのかな?おすすめのヘアミルクが知りたい!


\ ランキングをすぐ見たい人はこちら /

ヘアミルクは、髪にうるおいを与え、パサつきや枝毛などを防止するためのアウトバス(洗い流さない)トリートメントです。

ヘアミルクに期待できる主な効果は以下の3つ。

  • 髪の保湿
  • ダメージ補修
  • パサつきや広がり、枝毛防止

「ヘアクリーム」と呼ばれている商品も、ヘアミルクとほぼ同じ役割のため、今回の記事ではヘアクリームも含めて紹介していきます。

アウトバストリートメントといえば、ヘアオイルもありますが、ヘアミルクとヘアオイルの一番の違いは、主成分です。

ヘアミルクの主成分は「水」「エタノール」といった水性のものであるのに対し、ヘアオイルは油をメインに配合しています。

そのため、ヘアミルクはヘアオイルに比べて、サラサラで軽いテクスチャになります。

保水力はヘアオイルの方が高い傾向にありますが、ヘアミルクに比べて価格が高かったり、重めな仕上がりになるといった特徴があります。

以下、ヘアミルクとヘアオイルそれぞれのおすすめの髪質をまとめたので、自分に合う方を選ぶようにしましょう。

【ヘアミルクがおすすめな方】

  • 髪の乾燥が気になる方
  • 髪のダメージが気になる方
  • できるだけ安価にヘアケアをしたい方
  • ナチュラルな質感に仕上げたい方

【ヘアオイルがおすすめな方】

  • アイロンやコテの熱から髪を守りたい方
  • しっかりと保湿をしたい方
  • 重めな仕上がりが好みな方
  • 髪にツヤを出したい方

ヘアミルクを使用する前に、まずは正しい使い方をチェックしておきましょう。

基本的には、洗髪後の濡れた髪につけてからドライヤーで乾かします。

ヘアミルクをつける時のポイントは、以下の3つ。

  • タオルドライして水気をある程度取ること
  • 髪全体につけるのではなく、毛先中心につけること
  • つけたあとは、櫛をつかってブラッシングすること

ヘアミルクの成分をより浸透させるためには、タオルドライでしっかりと水分をふきとっておくことが大切です。

傷みや乾燥の激しい毛先を中心に、ヘアミルクを揉みこんでいく感覚でつけていきましょう。

最後に櫛を使うことで、髪全体にヘアミルクがいきわたり、まとまりを持たせることができます。

Comment ann 1
あん

今回は、数あるヘアミルクの中でも、特におすすめなものだけを厳選したよ。

ヘアミルク選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてみてね。

それでは早速、1位から見ていこう!

※このランキングは、@cosme、Amazon、楽天から人気のヘアミルクを選出し、「価格」「購入のしやすさ」などを基に、当記事に訪れる読者に最も適する判断した商品順に紹介しております。データ・価格は、2018年10月23日時点のものです。

  • 内容量・価格:150ml/1,680円(税抜)
  • 香り:爽やかなフローラル系
  • 購入方法
     ・ 通販(公式サイト、Amazon、楽天など)
     ・店舗販売(東急ハンズ、ショップインなど)

髪にハリとツヤを与えるフィトリペア成分を独自配合したヘアミルクです。

アミノ酸系美容液成分や、髪にうるおいを与えるヒアルロン酸などをバランス良く配合。

髪の深部から表面までトータルでケアし、うねりの少ない、スタイリングのしやすい髪へと導きます。

テクスチャはサラサラしており、髪馴染みが良いのも特徴の一つ。

軽やかな仕上がりにしたい方や、髪のうねりにお悩みの方に特におすすめです。

  • 内容量・価格:115ml/900円(税抜)
  • 香り:ブルーフローラルの香り
  • 購入方法
     ・ 通販(公式サイト、Amazon、楽天など)
     ・店舗販売(ドン・キホーテ、レデイ薬局など)

ダメージケアに特におすすめなのが、こちらのヘアミルク。

たっぷり配合されたダメージ補修成分が、熱や乾燥により傷んだ髪をしっかりとケアします。

また、髪の毛にしっかり吸着する、保湿効果の高いモイストコート成分を配合しており、さらなるダメージから髪を守ります。

フローラル系の香りは、@cosmeの口コミでも評判が良く、「上品でさわやか」というコメントも。

特に髪のダメージにお悩みの方におすすめのヘアミルクです。

  • 内容量・価格:140g/1,200円(税抜)
  • 香り:無香料
  • 購入方法
     ・ 通販(公式サイト、Amazon、楽天など)
     ・店舗販売(ORBIS直営店)

こちらのヘアミルク は、毛髪補修成分である11種のアミノ酸や、保湿力の高い高保水ミルクをたっぷり配合し、傷みや乾燥で広がってしまった髪にアプローチ。
高保水ミルクが髪の内側と外側からしっかり保湿し、長時間潤いをキープします。

また、ツヤ成分であるシャイニーグロス成分を配合しており、サラツヤの髪へと導きます。

無香料のため、香水やスタイリング剤の香りを邪魔しません。

スタイリング前の朝用のヘアミルクとしてもおすすめです。

  • 内容量・価格:100ml/オープン価格(参考価格 Amazon:621円)
  • 香り:ふんわり甘い花々に爽やかな果実を散りばめた香り
  • 購入方法
     ・ 通販(公式サイト、Amazon、楽天など)
     ・店舗販売(ドラッグストア各店)

このパンテーン「毛先まで傷んだ髪用」のヘアミルクは、最先端のプロビタミン処方により、ダメージ補修保護成分が髪の芯までしっかり浸透。

毛先が乾燥や熱で傷んでしまった場合でも、ダメージを補修しながらうるおいやツヤをプラスします。

多くのドラッグストアで取り扱っており、安価に入手できるのもこのヘアミルクの特徴です。

他にも「パサついてまとまらない髪用」「ボリュームのない髪用」などの種類がありますので、自分の髪質に合わせて使用すると良いでしょう。

  • 内容量・価格:120ml/オープン価格(参考価格 Amazon:738円)
  • 香り:エレガントフローラルの香り
  • 購入方法
     ・ 通販(公式サイト、Amazon、楽天など)
     ・店舗販売(ココカラファイン、マツモトキヨシなど)

厳選したオーガニックヒマワリオイルを配合した、保湿力の高いヘアミルクです。

ゆるめのテクスチャは伸びが良く、髪になじんでスッと浸透。

髪にしっとり感をプラスし、うねりやクセを抑えます。

また、ヘアケアとともにUVケアも行うことができるため、外出前への使用もおすすめです。

今回のランキングにはランクインしなかったものの、ミルボンジョンマスターオーガニックのヘアミルクも人気が高いです。

しかし、一般的なヘアミルクが1500円前後なのに対して、ミルボンとジョンマスターオーガニックは2500円以上と価格が高め。

使ってみたいけど、せっかく買って合わなかったら嫌だな

そう思って躊躇する人も多いのでは。

そこで、編集部スタッフ2名がミルボンとジョンマスターオーガニックのヘアミルクを実際に使って、リアルな感想をお届け。

今回検証する編集部スタッフのプロフィールを簡単に紹介します。

HARU
HARU

&Hair編集者 HARU

【髪質】軟毛
【毛量】少なめ〜普通
【普段のヘアケア方法】洗髪後に市販のヘアミルクを使用

NANAMI
NANAMI

&Hairライター NANAMI

【髪質】直毛
【毛量】普通〜多め
【普段のヘアケア方法】洗髪後とスタイリング時にヘアオイルを使用

まずは商品の特徴を説明します。

  • 内容量・価格:120g/2,600円(税抜)
  • 香り:優しく甘い香り
  • 購入方法
     ・ 取り扱いサロン

このヘアミルクの特徴は、時間がたつにつれ香りがグラデーションのように変化していくこと。

みずみずしい香り→柔らかな香り→やさしい甘い香りへと変化していきます。

カシスやラズベリー、アンバーなど、さまざまな香料をブレンドし、エジューダエマルジョン+ならではのやさしく魅惑的な香りを作り出しているのです。

エルジューダからは10種類のヘアオイルやヘアミルクが販売されており、髪質に合わせて選べるのも魅力の一つ。

髪が細い方には「エマルジョン」が、髪が太い方には保湿力の高い「エマルジョン+」がおすすめです。

とろりとした水分多めなテクスチャ。

HARU
HARU

夜、お風呂上がりの少し濡れた髪につけました。

とろりとしたテクスチャは伸びが良く、私は肩につくくらいのミディアムヘアですが、2プッシュで十分でした。(ショートは1プッシュ、ミディアムは2プッシュ、ロングは3プッシュが目安)

髪につけた瞬間、ローズ系の甘い香りが漂い、翌朝起きたときもふわりと香りが漂いました。

私は朝起きると髪が広がっていることが多いのですが、このヘアミルクをつけた翌朝は髪がしっとりまとまっていました。

NANAMI
NANAMI

私は胸まであるロングヘアなのですが、3プッシュでは足りなくて4プッシュ使いました。

普段からヘアアイロンによるダメージが気になっていましたが、このヘアミルクをつけると髪がしっとりして、ダメージが気にならなくなりました。

指通りも滑らかになり、サラサラでした。

香りは時間が経つにつれ変化するということでしたが、香りの変化はわかりませんでした。

でも、女性らしい甘めな香りが気に入りました。

さすが人気なヘアミルクだけあって、使ってみるとクオリティの高さを感じました。

ミルボンのヘアミルクを実際に使ってわかった効果は、以下の通りです。

主な効果

  • 保湿効果が高く、しっとり感のある髪に
  • うねりやくせ毛を抑えて、まとまりやすくなる
  • 甘いバラ系の香りが気分をアップさせる

とはいえ、いくら良い商品であっても、自分の髪質や好みに合うかどうかが大切。
検証結果を踏まえて、「こんな人にミルボンのヘアミルクがおすすめ!」と思うものをまとめました。

おすすめな人は…】

  • カラーやアイロンなどによるヘア ダメージが気になる方
  • 乾燥でパサパサヘアな方
  • くせ毛やうねりが気になる方
  • 剛毛、髪が広がりやすい方
  • 香りも楽しみたい方

上記に該当するものがある人は、ミルボンのヘアミルクがおすすめです。

こちらも商品の説明からしていきます。

  • 内容量・価格:118ml/3,800円(税抜)
  • 香り:ローズ&アプリコットの香り
  • 購入方法
     ・ 通販(公式サイト)
     ・店舗販売(ジョン マスター オーガニック直営店、伊勢丹など)

オーガニックブランドとして有名なジョンマスターオーガニックが販売しているヘアミルクです。

ダマスクバラ花油やワサビノキ種子エキスなどのオーガニック原料をふんだんに使用。

配合されている成分の70%以上がオーガニック成分であり、特に成分へのこだわりの強いジョンマスターオーガニックらしいヘアミルクだといえるでしょう。

保湿・補修成分であるアンズ核油を配合しており、枝毛や切れ毛がある髪をしっとりと包みます。

テクスチャはミルボンのヘアミルクに比べると少し硬め。

HARU
HARU

しっとり保湿されるというよりも、全体のまとまりが良くなるような軽めの仕上がりでした。

ローズ&アプリコットの香りは甘すぎず、アロマのようなナチュラルな香り。

翌朝はミルボンのヘアクリームをつけたときに比べて、髪は広がっていました。

スタイリング時にまたつけると程よい感じのまとまり感に。

ふんわりとしたサラサラヘアになるので、ナチュラルな仕上がりにしたい時にはピッタリだと思いました。

NANAMI
NANAMI

このヘアミルクは、「ヘアミルクをつけた」という感覚はなく、元々髪が綺麗だったんじゃないかと思うくらい軽くて自然な仕上がりでした。

テクスチャは硬めなので、少し多めに出して手のひらでよく伸ばして使用すると良いと思います。

ロングヘアの私は1回で人差し指の第一関節くらいの量を使いました。

紫外線ダメージを防いでくれるということで、朝のスタイリングの仕上げにも使いました。

オイルのようなツヤはありませんが、髪が保湿されている満足感はありました。

検証の結果、ジョンマスターオーガニックのヘアミルクも、効果を十分に感じられるものでした。

実際に使ってわかった効果は、以下の通りです。

主な効果

  • しっとり感はないが、全体的にまとまりを感じる
  • ベタベタ感がなく、軽めでナチュラルな仕上がり
  • 香りは控えめで、アロマっぽい香りに癒される

上記のような効果を踏まえて、「こんな人におすすめ」と思うタイプは以下の通りです。

おすすめな人は…

  • 傷んだ髪をケアしたい方
  • 髪が細く、猫っ毛な髪質の方
  • 軽めな仕上がりが好みな方
  • ナチュラルな香りが好みの方


検証の結果、ミルボンもジョンマスターオーガニックのヘアミルクも高品質だとわかったね。
大切なのは、「価格が高い、人気がある」=「良いもの」と考えるのではなく、各商品の特性を知り、自分の髪質や好みに合っているかを確認すること。

今回の検証結果を参考に購入を検討してみてね!

Comment ann 1
あん

ヘアミルクを選ぶときには、自分の髪質やヘアミルクの特徴を知っておくことが大切!

今回紹介したヘアミルクを参考に、自分に合ったヘアミルクを見つけよう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。