もくじ

  1. 1 髪を“すく”と傷むことも…《デメリットを要チェック》
  2. 2 髪が多い女性におすすめ!レイヤーカットを使ったロングヘア 3選
  3. 3 レイヤーカットで長さを変えずに、量が多い髪を軽くしよう!
  4. 全ての目次を見る
Comment ann 1
あん

髪の量が多いと重たい印象になりがちなロングヘア
でも髪の毛を伸ばしているときは切りたくないし、長さを変えずに軽くしたいよね。。

そんなときよく用いられる「髪をすく」ことにはデメリットがあるって知ってた?

今回は「髪の毛をすくデメリット」と「髪が多いロングヘアの人におすすめの髪型」を紹介するよ!

髪を“すく”ことにはデメリットも…!

「髪の長さを変えたくないけど、量が多いからすくことで軽くしたい!」 という女性も少なくないはず。
確かに、すくとロングヘアをキープしたまま、髪を軽く少なく調整することができます。

しかし、きれいに髪をすくには加減がとても重要なんです。
すき過ぎると、毛先はスカスカでトップに短い毛が多くなり、広がりやすいボリュームヘアになってしまうことが…。

さらに、使用する道具や美容師さんの腕によっては髪の毛が傷んでしまうこともあります。

切れ味が悪いすきバサミだと、髪の毛が折れ曲がったり、中途半端に切れてしまったりと、髪が傷む原因となりかねないので注意が必要。


そこで、髪の量が多い、重い女性におすすめしたいのがレイヤーカット
では、すくのとレイヤーカットは具体的に何が違うのでしょうか?

  • すく:毛量を調節するカット
  • レイヤーカット:段を入れるカット

髪をすくとは、すきバサミやヘアシザーを使って全体の髪の毛を間引くこと。見た目の長さを変えずに髪のボリュームを減らすことができます。
「見た目の長さを変えずに少しだけ軽くしたい」場合には、髪をすくのがおすすめ。

しかし、髪の毛が傷むリスクもあるのできれいなロングヘアを保ちたい女性にはおすすめしません。
さらに、この毛量を調節するために用いる「すく」カットを多用しすぎると、広がったり、はねたり、扱いにくいロングヘアになってしまうため注意してくださいね。


一方のレイヤーカットは、髪にをつけることで軽さや動きを出すカットで、こちらは髪型を作る一つの要素として用いられます。
「重たい髪に動きをつけたい」「長さそのままで雰囲気を変えたい」といった女性には、レイヤーカットがおすすめです。

ロングヘアをきれいに保ちたい女性、髪の量が多い、動きのないワンレングスに飽きた女性におすすめです!

Comment ann 1
あん

髪の量が多いロングヘアを傷めず軽やかな動きをつけるには"レイヤーカット"がおすすめ!

ここでは髪が多くても、軽やかに見えるレイヤースタイルを紹介するよ〜!

regolithさん(@regolith__)がシェアした投稿 -

顔周りにレイヤーカットを入れ、毛先を中心にナチュラルカールした、動きのあるロングヘア

髪が多い場合でも、透明感のある明るいヘアカラーで、より軽やかな抜け感のあるヘアスタイルになりますよ◎

regolithさん(@regolith__)がシェアした投稿 -

こちらは、レイヤーとランダムなゆるパーマで全体に動きが出て、多い重たい髪も軽やかに◎

ただし、トップからパーマをかけてしまうと、髪が多い女性の場合ボリュームがで過ぎてしまうため注意してくださいね!

伸ばしかけの前髪は斜めに分けて流すと、重たい印象にならず、フェミニンな仕上がりになります。

ノーバングにロングのストレートヘアを組み合わせると、落ち着いた大人の雰囲気に。

レイヤー×毛先のワンカールで、髪が多い女性でもまとまり感のある髪型になります。

くせ毛の女性は、ダメージの少ないストレートパーマで髪を伸ばすのがおすすめです◎

ストレートのロングヘアはツヤが命! オイルタイプのスタイリング剤で艶やかに仕上げましょう。

\ &Hairおすすめのヘアオイルはこちら♡ /

Comment ann 1
あん

髪をすくの加減が大切…!
すき過ぎて、毛先がスカスカでトップがもっさりしてしまったり、使用する道具や使い方を間違えると髪の毛が傷むなどデメリットもあるから注意してね。

髪の毛を伸ばしつつ、動きを加えたり、軽やかな印象にしたいロングヘアの女性は"レイヤーカット"を上手に使った髪型を試してみてね♪


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。