目次

  1. 1 シャンプーの度に排水溝が…こんなに産後の抜け毛がひどいのはおかしい?
  2. 2 先輩ママたちの産後の抜け毛体験談を見てみよう!
  3. 3 いつまで続くの?産後の抜け毛が起きる原因とは
  4. 4 【対策】ひどい抜け毛のためにできる6つの方法
  5. 5 髪型でも対策!産後の抜け毛をカバーするヘアスタイル3選
  6. 6 ひどい抜け毛は気にしすぎず、工夫して乗り越えよう!

『産後は抜け毛がひどい』なんて話を聞いたこともあるけど、こんなに抜けるもの?」

出産という大仕事を終え、息つく暇もなく始まる育児のさなか…。

ある日、朝起きたら枕に髪の毛がごっそり抜け落ちていたり、髪の毛を洗うと排水口が髪の毛で真っ黒になったり。

「これって普通?病院で相談した方がいい?」

そんなママたちの心配を解消すべく、今回は先輩ママたちの体験談、産後の抜け毛の原因や対策などをご紹介します。

調べてみると、産後の抜け毛がひどいママ、そうでないママ、人それぞれのようです。

では、実際に産後のひどい抜け毛を経験した先輩ママたちの声を、「ママスタ☆BBS」や「ミクル掲示板」から、チェックしてみましょう!

以下の内容を中心に見ていきます。

  • 産後、抜け毛が始まったのはいつから?
  • いつまで続いた?
  • 抜けた量はどれくらい?

先輩ママたちは、産後2~3か月頃から、ひどい抜け毛が起き始めたと感じているようです。

赤ちゃんのお世話にも慣れてくる産後6〜8週間は、妊娠で変化したママの体が元の体に回復していく「産褥期(さんじょくき)」でもあります。

ちょうどこの頃、ひどい抜け毛がはじまったと感じたママが多いようですね。

私もすごかった! でも6ヶ月過ぎた頃からピタッとなくなりましたよ(´ー`)

ミクル掲示板-SNSで言えないことも!オトナ女子のおしゃべりコミュニティ

9ヶ月くらいまではかなり抜け毛がひどかったですよ。 10ヶ月くらいから、だんだんマシになって、いつの間にか気にならなくなっていました。

ミクル掲示板-SNSで言えないことも!オトナ女子のおしゃべりコミュニティ

1年半経ったくらいでなんとか戻ってきたかな?ってレベル。2年くらいでハゲが気にならなくなった。

子育てに関する情報満載!ママ向けコミュニティ ママスタジアム

産後のひどい抜け毛がいつまで続くのか見てみると、産後半年くらいで落ち着いたという方、1年半から2年くらいかかったという方まで、さまざま。

また、中には断乳したらひどい抜け毛は落ち着いたという方も。

産後の抜け毛が落ち着くまでの期間には、人によって幅があるようです。

私は抜け毛がすごくて排水溝に片手一杯の髪の毛です💧

ミクル掲示板-SNSで言えないことも!オトナ女子のおしゃべりコミュニティ

ウィッグ買おうか真剣に悩んだくらい前髪スッカスカだったわ。

子育てに関する情報満載!ママ向けコミュニティ ママスタジアム

長さもあったから毎日ちょっとしたウィッグが作れるくらいの抜け毛だった。

子育てに関する情報満載!ママ向けコミュニティ ママスタジアム

先輩ママたちの産後の抜け毛の量はどれくらい「ひどい」ものだったのかというと…。

シャンプーの時に排水溝が髪の毛で真っ黒、ブラッシングの度に束になって抜けた、などのエピソードが。

いずれにしても、産後の抜け毛の多さにビックリしたり、落ち込んだという声がたくさんありました。

毎日これだけ産後の抜け毛がひどいと、「病院に行った方がいいのかな?」と心配になってしまうのも仕方ないですよね。

ではその産後のひどい抜け毛、どうして起きてしまうのでしょうか?

原因についてご紹介します。

産後の抜け毛は、「分娩後脱毛症」とも呼ばれ、産後の女性なら誰にでも起こる可能性があります。

私たちの髪の毛は、2〜6年の一定のサイクルで生え変わっています。

しかし妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンの分泌量がとても多くなり、この女性ホルモンの働きによって髪の毛が抜けにくくなるのです。

ところが、産後は女性ホルモンの分泌量が元に戻っていくので、妊娠中抜けなかった髪の毛が一気に抜け、抜け毛がひどい…という結果に。

さらに、次の髪の毛が生えてくるまで休みの時期に入ることで、産後は一時的に髪の毛が薄くなってしまうのです。

とはいえ個人差はあるものの、産後半年から1年程度で、抜け毛がある程度は治まってくる方が多いようですね。

ちなみに、妊娠後期の女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は妊娠前に比べて100倍以上といわれています。

これだけ産前と産後のホルモン量に差があれば、抜け毛が増えてしまうのも仕方ないのかもしれませんね。

産後のひどい抜け毛は、基本的に時間の経過とともに自然に治まっていくと言われています。

しかし、あまりにもひどい抜け毛や鏡に映る地肌を見て、「このまま髪の毛が無くなってしまうのでは…」と悲しくなってしまうこともあるかも。

そこでここからは、食事シャンプーストレス管理など、産後のひどい抜け毛のための対策方法をご紹介していきます。

  1. 体は食べものから作られる!バランスの良い食事を意識しよう
  2. 健康な髪は健康な頭皮から!シャンプーに気を使おう
  3. リラックス&血行促進!頭皮マッサージをしてみよう
  4. ためないことが大事!ストレス解消を心がける
  5. 合間合間にちょっとだけでも…できるだけ休息をとろう
  6. もっと本格的に対策するなら…育毛剤を使ってみよう

タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素をはじめ、バランスのよい食事は、体を作るだけでなく健康な髪の毛を作るためにも必要不可欠

ですので、髪の毛の成長にも必要な栄養をしっかり摂って、産後の抜け毛対策をしたいですね。

髪の毛の成長を助けてくれるのは、タンパク質やビタミン類、亜鉛、鉄分、マンガンなどがあり、それぞれどのような働きがあるのかみてみましょう。

まず、タンパク質は、髪の毛を作るのに必要な栄養素。

不足すると髪の毛が痩せて細くなったり、髪の毛を作れなくて薄毛になったりします。

ビタミン類は、細胞の代謝を促進・正常にする働きがあり、欠乏すると髪の毛の成長や頭皮の健康を保ちにくくなります。

亜鉛は、体内で分解されたタンパク質を髪の主成分「ケラチン」に再合成する働きがあるため、髪の毛の生成に必要です。

鉄分は、酸素を運ぶ赤血球のヘモグロビンの材料のひとつ。

体内の鉄分が減り、ヘモグロビンが減ると、酸素が体に行きわたらなくなり、髪を生み出す細胞などの働きが悪くなってしまいます。

マンガンは、タンパク質や脂肪の代謝を助ける働きがあり、成長に関係しています。

髪の毛の成長を助けてくれる栄養素が含まれる食材を、わかりやすいように一覧でまとめてみました。

<髪の毛の成長を助ける栄養素を含む食べ物一例>

  • タンパク質:肉、魚、卵、枝豆
  • ビタミンB6:にんにく、まぐろ
  • ビタミンC:アセロラ、柑橘類
  • ビタミンA:うなぎ、鶏レバー
  • ビタミンE:筋子、ピーナッツ
  • 亜鉛:生ガキ、鶏レバー
  • 鉄分:豚レバー、アサリ、納豆
  • マンガン:生姜、しそ、干しエビ
    など

産後は食事もままならない…なんてこともあるかもしれません。

それでもできれば、上記のような栄養素を摂って、健康な髪の毛づくりを心がけてみてくださいね。 

授乳しながら寝落ちしてしまった、疲れてお風呂に入らず寝てしまった…。

産後のママなら経験がある人も多いはず。

もし、生活リズムの崩れによる皮脂の増加など、頭皮環境の悪化が気になるようならシャンプーに気を使ってみるといいでしょう。

適切なシャンプーの頻度は1日1回が基本です。

肌が弱い方はアミノ酸シャンプー、皮脂が多くて頭がべたつく方は高級アルコールシャンプーを使うのがおすすめ。

<&Hairおすすめのシャンプー方法>

  1. 乾いた状態でブラッシング
  2. シャワーのみで予洗い
  3. シャンプーを手のひらで泡立てる
  4. 泡立ったシャンプーで頭皮を洗う
  5. シャンプーをしっかり洗い流す

頭皮を洗浄することをきちんと理解して丁寧に洗うと、頭皮に負担をかけずに効率よく清潔にすることができるでしょう。

上記の手順を参考に、忙しいママでも時間のある時は、ぜひ試してみてくださいね。

シャンプー選びや洗い方についてもっと詳しく載っている「教えて!『肌質別シャンプーの選び方』と『おすすめの髪の洗い方』」という記事もありますので、気になる方は読んでみてください!

リラックス効果があり、血行を促進して髪の毛に必要な栄養を頭皮に運ぶ助けとなる「頭皮マッサージ」を試してみませんか?

マッサージの頻度は、可能であれば1日に1回やってみましょう。

クレンジングなども兼ねて肌なじみのよいホホバオイルなどを使うなら、週に1度、シャンプー前に行ってくださいね。

<頭皮マッサージの方法>

  1. 側頭部から頭頂部に向けてマッサージ
  2. 前頭部・こめかみのマッサージ
  3. 頭皮全体を刺激するマッサージ

行う際の注意点は、力を入れすぎないこと、爪を立てないこと、長くやりすぎないの3つ。

心地よいと感じる強さでマッサージしてください。

「もっと頭皮マッサージについて詳しく知りたい!」という方は、「どうすれば効果的?頭皮マッサージの方法を解説!」という記事を参考にしてみてくださいね!

産後しばらくは寝不足が続いたり、ゆっくり自分の時間を持ったりする時間もなかなか取れませんよね。

そんな状態が続くと、自分が気づかないうちに大きなストレスを抱えてしまっていることも。

ひどいストレスは、血行を悪くして髪の毛の成長の妨げになります。また、皮脂分泌を促し、頭皮環境を悪化させて抜け毛につながることがあります。

気持ちが落ち込むとよいことがないので、できるだけ溜め込まずに発散させましょう。

<おすすめのストレス解消法>

  • 体を動かす
    ネガティブな気分を発散させたり、リラックスさせてくれます。
    運動の時間が取れないという方は、近所や公園をお散歩するのがおすすめ。

  • 音楽を聴いたり、歌う
    アップテンポの音楽はエネルギーや活力を与え、優しくスローな曲は不安や緊張を和らげてくれるのだそう。 好きな曲を聞いてリフレッシュするのもいいですね。

  • おいしいものを食べる
    妊娠中や授乳中は食べ物の制限をしているママも多いかもしれませんが、たまには好きなものを思いっきり食べましょう! ただし、食べ過ぎは注意です。

他にも感動する本や映画で泣いてストレスを発散する方法、何かを作ったり、絵を描いたり、友達と会うのもストレス解消になるでしょう。

赤ちゃんが小さい月齢の時は、寝たい時に寝れない!というママも多いと思います。

睡眠不足はストレスにつながり、疲れがたまってしまったり、ホルモンバランスを崩したり、判断力が低下したりと百害あって一利なし。

成人に推奨される平均睡眠時間は6〜8時間

産後はなかなかまとまった時間は取れなくても、空いた時間に目を閉じて横になるなど少しでも休むことを心がけてみてください。

また、ストレス解消法でもご紹介したように、適度な運動をすることはよい睡眠を促してくれます。

家にこもりがちな時期でも、気分転換に体を動かしてみてください。

赤ちゃんの生活リズムが整ってくれば、もう少しゆっくりできるようになるでしょう。

さらに抜け毛対策をしたい!というときには育毛剤を使ってみるのもおすすめです。

育毛剤は、育毛や発毛促進、抜け毛防止、フケ、かゆみを抑えるなどの効果が期待できます。

頭皮環境の改善を目的に使ってみましょう。

<育毛剤の選び方>

  • 自分に合う成分が含まれている
  • 継続的に購入できる価格である
  • 自分の好みの使用感である

さまざまな育毛剤がありますが、自分に合ったものを選ぶことができるといいですね。

編集部おすすめの女性用育毛剤は「ベルタ育毛剤」。

敏感肌・乾燥肌・アレルギー肌の方はもちろん、妊娠中や産後の授乳中でも使用可能!

産後のママたちにおすすめな女性用育毛剤です。

育毛剤についてもっと詳しく知りたい方は、「女性育毛剤の基本のキを知る!おすすめ商品5選も紹介【口コミあり】」の記事をチェックしてみてください。

産後の抜け毛は、やはり見た目が気になるところ。

帽子やバンダナでカバーすることもできますが、かといって帽子をかぶり続けるわけにもいきませんよね。

もし、薄毛をカバーできる髪型があれば試してみたいと思いませんか?

産後の抜け毛をカバーできる髪型のポイントはこちら。

  • 前髪にボリュームを作る
  • セットがしやすい
  • ヘアアレンジで工夫する

前髪やこ生え際のあたりの薄さが気になる…。のび始めの短い髪がツンツンするのが気になる…。

それなら、前髪を厚くしてボリュームを作るのはとても効果的です。

この3つのポイントを押さえて、ご自分でスタイリングしやすい髪型を見つけてみてくださいね。

前髪を下ろして、短くカットしたショートバングや長めにカットしたフルバング。

前髪を厚めに作ることで、ボリュームを出すことができますよ。

髪を分けてしまうと、薄くなった生え際や分け目が目立ってしまうのって、気になりますよね。

前髪を作れば、分け目を無くす、目立たなくすることができるのもおすすめポイント。

ロングヘアでもショートヘアでも可愛いので、産後でもおしゃれしたいママにおすすめ!

レイヤーは、表面に段差を作るカット方法。

髪の毛に動きを出すことができるため、ボリュームを出したり、ヘアアレンジも簡単

ストレートだと薄い部分や抜け毛の後に生える短い毛が目立ってしまいますが、レイヤーなら短い毛も馴染みやすいので、おすすめです。

ショートならシャンプーやドライヤーも時短できるので、産後にスッキリ切ってみてはいかがでしょうか?

パーマはボリュームを出すことができ、髪の毛がぺたんこになってしまうことを防げるので、薄毛対策におすすめ。

生えかけのツンツンした短い毛もカバーすることができます。

ヘアアレンジやスタイリングも楽ちん
産後、少し時間ができたら、パーマにチャレンジしてみては。

個人差がありますが、半年から1年くらいで産後の抜け毛が落ち着いてくる方が多いようですね。

1年以上経っても抜け毛が続くようなら、念のため産婦人科に相談してみてもいいかもしれません。

抜け毛がひどいなら、その期間だけウィッグを使うのを検討してみたりするのもおすすめです。

あまり抜け毛を気にしすぎず、「産後の抜け毛はそのうち治まる」と考えて、楽しく毎日を過ごせるといいですね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。