Navi megumi 5d53f5049f16b4f208343e0ee7a9e77d02bbca4da903fa25857c9b4794eeff17

もくじ

  1. 1 抜け毛が急に増えた…これってなんで?
  2. 2 そもそも抜け毛が多いとはどういう状態?
  3. 3 女性の抜け毛の原因〜病気編〜
  4. 4 女性の抜け毛の原因〜病気以外編〜
  5. 5 <対策>女性の抜け毛を減らすための方法
  6. 6 抜け毛には早めの対処が吉!
  7. 全ての目次を見る
急に抜け毛が増えたのは、なんで?!

原因と対策を知りたい

抜け毛が急に増えると、「このままハゲていったらどうしよう...」と不安が募りますよね。

急に増えた抜け毛は、頭皮からのSOSサインかもしれません。

悩みを打破するためには、まずは原因を知り、正しい対策をとっていくことが重要です。

今回は女性の抜け毛の原因として、病気によって起こるものと、それ以外の原因のものに分けてご紹介していきます。

自分の頭皮に何が起こっているのか何が原因なのかを見極めた上で、抜け毛ケアを始めましょう。

抜け毛が増えた気がして不安...

今の抜け毛の本数って多いのかな?

まずは抜け毛が多いとはどんな状態なのか、確認していきましょう。

正常なヘアサイクルの場合、1日に50~100本程度の抜け毛は、極めて自然のことです。

つまり、抜け毛の本数が明らかに100本を超えている場合や、抜け毛が急にどっと増えた場合は、抜け毛が多い状態にあると言えます。

そのような女性は、ヘアサイクルが乱れるような何かしらの頭皮トラブルが起こっていると考えられます。

では、女性の抜け毛が急に増える原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

今回は、病気が原因のものそれ以外の原因のものの2種類に分けて、ご紹介していきます。

その抜け毛の原因、病気かも!

急な抜け毛から考えられる病気とは?

女性の抜け毛の原因が病気の場合、次の3つが考えられます。

  • 脂漏性湿疹

  • 円形脱毛症

  • 甲状腺異常

それでは、病気を原因とする女性の抜け毛について、ひとつずつ確認していきましょう。

急に抜け毛が増える上、頭皮にかゆみやフケ、赤みなどの症状が見られる場合は、脂漏性皮膚炎という病気の可能性があります。

脂漏性皮膚炎による炎症が悪化すると、抜け毛につながることがあり、この場合は脂漏性脱毛症と呼ばれることも。

これは、皮脂を餌にするマラセチアという常在菌が異常増殖し毛根にダメージを与えることで引き起こされると考えられています。

脂漏性皮膚炎を引き起こす皮脂の過剰分泌が起こる原因は、脂っこい食生活や、洗髪のしすぎなど。

また、合わないシャンプーを使い続けたりすることでも、皮脂の過剰分泌が起こることがあるので要注意!

大量のフケに伴って赤みやかゆみなどの症状が出たらすぐに脂漏性皮膚炎を疑い、悪化させないようにしましょうね!

一気に抜け毛が起きたり、特にかゆみなどの異常はないのに抜け毛がどっと増えたりする場合は、円形脱毛症の可能性があります。

円形脱毛症は、一般的に発症の兆候はなく10円玉サイズの円形のハゲができるのが特徴です。

1カ所だけではなく、複数ハゲができることもあり、また10円サイズにとどまらず頭皮全体にハゲが広がることもあって、症状はさまざまです。

実は円形脱毛症の原因は、まだはっきりとは解明されていません。

以前はストレスが原因とされていましたが、現在では自己免疫疾患という説が最有力となっています。

ストレスに関しては、直接的な関連性は根拠が乏しいものの、自己免疫疾患発症のトリガーのひとつであることはほぼ間違いないようです。

甲状腺から分泌されるホルモンの量が、多すぎたり少なすぎたりすると、甲状腺疾患が起こります。

頭皮全体の抜け毛や薄毛の症状とともに、動悸や疲れやすさ、むくみ、皮膚のかさつき、あまり食べないのに太る、物忘れなどの症状がある場合、甲状腺の異常による抜け毛が考えられるのです。

甲状腺ホルモンは、髪の発育に欠かせないホルモン

なので例えば甲状腺機能低下症の場合、甲状腺ホルモンが不足して髪が細く弱くなり、抜け毛が増えてしまいます。

また甲状腺ホルモンの分泌が増える甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の場合は、新陳代謝が活発になりすぎて、髪が成長しきる前に抜けてしまうのです。

ちなみに甲状腺機能亢進症(バセドウ病)は、女性に発症しやすい病気です。

甲状腺ホルモンを作る甲状腺は、のどの前部にあります。

異常が起きると、鎖骨の上辺りが腫れたり硬くなったりすることがあり、異常に気づくきっかけとなることも。

女性の抜け毛の原因は多い...

病気以外の原因もこんなにいっぱい!

女性の抜け毛の原因には、病気以外にもたくさんあります。

例えば年をとることでも、抜け毛が増えて髪の毛が薄くなっていきますよね。
女性の薄毛にはさまざまな原因があるんです!

  • FAGA

  • ダイエットによる抜け毛

  • 紫外線による抜け毛

  • 牽引性脱毛症

  • 分娩後脱毛症

早速この5つを詳しく見ていきましょう。

つむじ部分を中心に髪全体が薄くなるのがFAGA(女性男性型脱毛症)の特徴です。

分け目の広がりやトップのボリュームダウンなどが現れることもあります。

FAGAによる女性の抜け毛の原因は、主に女性ホルモンの減少ホルモンバランスの乱れによるもの。

ホルモンバランスの乱れは他にも、ストレス生活習慣の乱れなどによって引き起こされてしまうのです。

キレイになりたいと願う女性にとって、ついつい熱が入りがちなダイエット

でも過度な食事制限などによるダイエットは、女性の抜け毛の原因になってしまうことがあるんです。

ハードな食事制限栄養不足を引き起こし、ホルモンバランスが崩れたり、髪を作るのに必要な栄養が不足したりする事態を招きかねません。

特にタンパク質やビタミン、ミネラルなどの髪の生成に不可欠な材料が不足すると、髪のツヤが無くなったり、毛が細くなったりします。

ひどい時は、抜け毛が増えて頭全体が薄毛になることも。

紫外線で頭皮が日焼けすると、老化や乾燥などのダメージを受け、頭皮環境が悪化します。

頭皮が炎症を起こして赤みを帯びることもあり、ひどくなると抜け毛が増えて薄毛になることもあるんです。

また紫外線によって、髪の毛のキューティクルが傷むと、色があせたり細く弱い毛になっていきます。

気付いたときには「髪がパサパサな上に抜け毛がひどい」という、女性には厳しい状況になることも...。

抜け毛対策に加え健康な髪をキープするためにも、紫外線には注意しましょう。

毎日同じ髪型の女性に起こりやすい、牽引性脱毛症と呼ばれる抜け毛の症状もあります。

仕事でポニーテールなどのまとめ髪を頻繁にしている女性は、要注意です。

髪が引っ張られて頭皮に負担がかかることで血行が悪化髪の成長に必要な栄養が届きにくくなることで抜け毛が引き起こされます。

これは、いつも同じ分け目の女性長期間エクステをしている女性にも起こることがあるので、ご注意ください。

出産後の女性に起こる産後の抜け毛、分娩後脱毛症

産後の抜け毛は、出産による女性ホルモンの減少が原因ですが、最初に紹介したFAGAとは全くの別物です。

妊娠中の女性は、お腹の中で赤ちゃんを育てるために、女性ホルモンが多く分泌されています。

女性ホルモンには髪の成長する期間を長くする働きもあるので、妊娠中は髪の毛が抜けにくくなるんですよ。

しかし出産を終えると、女性ホルモンが減少していくため、妊娠中に抜けなかった髪の毛まで一気に抜け落ちます。

産後の抜け毛は、基本的に半年~1年ほど続きますが、月日の経過とともに自然に元に治っていく傾向にあります。

抜け毛を減らす方法は?

自分の原因に合った抜け毛対策を知ろう!

次は、これまでに紹介した女性の抜け毛の原因を踏まえて、抜け毛を減らすための対策を確認していきましょう。

抜け毛を減らすための対策が、こちらの8つです。

  • 病院へ行く
  • シャンプーで頭皮環境を整える
  • 生活習慣を改善する
  • 日焼けを予防する
  • 髪型や分け目を変える
  • 育毛剤を使う
  • 発毛剤を使う
  • サプリメントを使う

さっそく、ひとつずつ確認していきましょう。

症状が今回紹介した病気を原因とするものに当てはまる場合、または何かの病気が原因かもと感じる場合。

そして何が原因なのか分からない場合、まずは病院を受診することをおすすめします。

適切な対策を行うためには、まずは原因を正しく知ることが重要です。

脂漏性皮膚炎や円形脱毛症が疑われる女性や、原因が分からないという女性は、皮膚科を受診しましょう。

甲状腺の異常が考えられる女性は内科や内分泌内科を。

そしてFAGAかもしれないと感じる女性は、薄毛治療を行っている皮膚科や薄毛専門クリニックを受診してください。

費用に関しては、皮膚炎や円形脱毛症、甲状腺疾患など、病気が原因の場合は保険が適用されます。

しかし病気ではない抜け毛は基本的に保険がきかない自由診療となりますので、注意が必要です。

抜け毛などの髪の悩みを改善したい女性は、シャンプーの種類や洗い方を見直してみましょう。

シャンプーって髪を洗うものだと思われがちですが、本当は頭皮を洗うことで、頭皮環境を整えるものなんです。

シャンプー選びのポイントは、自分の頭皮タイプに合った種類を選ぶこと。

刺激に敏感な乾燥肌の女性は、洗浄力の優しいアミノ酸シャンプーがおすすめ。

肌が脂っぽい脂性肌の女性は、余分な皮脂だけを洗い流せる洗浄力が強めのシャンプーを選びましょう。

例えば、乾燥肌にはマイナチュレシャンプー、脂性肌にはスカルプD ボーテ モイストがおすすめです。

またシャンプーは、1日1回丁寧に洗うことも大切です。
&Hairおすすめの洗い方は、こちら。

  • 1.ブラッシングで汚れやほこりを落としておく
  • 2.お湯で洗うことでさらに汚れを落とす
  • 3.シャンプー液を手でよく泡立てる
  • 4.指の腹で地肌をマッサージするように優しく洗う
  • 5.すすぎ残しがないように気を付けつつ洗い流す
  • 6.ドライヤーで乾かす

ネイルで洗いにくいという女性は、シャンプーブラシを使うとしっかり優しく洗えますよ!

女性の抜け毛を予防するためには、睡眠、運動、食事などの生活習慣の改善も重要です。

睡眠に関しては、夜更かしをせずに、成長ホルモンが多く分泌される22時から2時には、眠っているようしておきたいもの。

また国の「健康づくりのための睡眠指針 2014」によると、睡眠時間は6〜8時間が良いそうですよ。

運動に関しては、特別に気負う必要はなく、1日10分程度の歩行を数回程度繰り返すだけでもOKなんです。

継続することがなによりも大切ですよ。

適度な運動は、頭皮の血行を良くして栄養を届けやすくする上、さらにストレス発散にもなります。

食事は1日に必要な栄養素を意識しながら、三大栄養素やビタミン・無機質なども、バランスよく食べるようにしてくださいね。

その中でも髪を作るのに必要なたんぱく質やビタミン、亜鉛などのミネラルは、意識してしっかりとりましょう。

髪に大事な栄養は、こちら。

  • タンパク質:肉、魚、卵、枝豆
  • ビタミンB6:にんにく、まぐろ
  • ビタミンC:アセロラ、柑橘類
  • ビタミンA:うなぎ、鶏レバー
  • ビタミンE:筋子、ピーナッツ
  • 亜鉛:生ガキ、鶏レバー
  • 鉄分:豚レバー、アサリ、納豆
  • マンガン:生姜、しそ、干しエビ

ご紹介した食品はごく一部です。ご自身の好みのものを探して食事に取り入れてみるといいでしょう。

生活習慣の見直しは今日からでもできる対策なので、実践してみてください!

頭皮や髪の日焼けを防いで抜け毛を減らすためには、紫外線をしっかりカットするUV対策を心がけましょう。

真夏だけではなく一年を通して紫外線は降り注いでいるので、気を抜かないようにしてくださいね。

帽子や日傘、髪・頭皮に使える日焼け止めスプレーで、頭皮を日焼けから守りましょう。

牽引性脱毛症の対策としては、いつも同じ髪型や分け目であることが原因なので、髪型や分け目を変えて負担を分散させましょう。

イメチェンや気分転換にもなりそうですね!

仕事で髪を結ばないといけない女性は、あまりきつく結びすぎないように注意してください。

抜け毛が気になる女性は、育毛剤の使用もおすすめです。

育毛剤の効果は、頭皮環境を整えたり、血行を促進したり、さらには毛母細胞を活性化したりすること。

今生えている髪の毛を抜けにくくする効果が期待できます。

ただし女性は、女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。

男性用の育毛剤は、女性とは薄毛の原因が異なる関係で、入っている成分が女性の肌には刺激が強く、頭皮トラブルを招く可能性があるので要注意です。

編集部おすすめの育毛剤はベルタ育毛剤

アレルギーテスト済みで、妊娠・授乳中の女性でも使用可能です。

本格的に抜け毛をどうにかしたい場合、発毛剤を使う方法もあります。

発毛剤は発毛効果が国から認められている医薬品であり、基本的に医師や薬剤師の処方がないと購入できません。

大正製薬から発売されているリアップジェンヌは、ミノキシジル1%が配合された市販の女性用発毛剤です。

20歳以上の女性でしたら、医師や薬剤の処方により購入できますが、妊娠中や授乳中の方は使用できません。

またFAGAにしか使えず、円形脱毛症や甲状腺疾患の女性、産後の抜け毛に悩む女性、急激なダイエットをしている女性は使用できないのでご注意ください。

抜け毛が増えたと気づいたら...

早めに対処しましょう

今回ご紹介した女性の抜け毛が急に増える原因と対策は、いかがだったでしょうか?

抜け毛の原因はさまざまで、それに合った対策をしなければ、効果は期待できません。

今回の記事を読んで「病気かも...」と感じた女性は、早めに病院を受診して診察を受けましょう。

抜け毛が悪化して薄毛が引き起こされると、治るのにもそれなりの期間が必要になります。

抜け毛が増えたなと感じたら、すぐに対処しましょうね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。