目次

  1. 1 産後にいきなり増えた抜け毛…これってなんで?
  2. 2 分娩後脱毛症(産後の抜け毛)の原因やメカニズム
  3. 3 分娩後脱毛症(産後の抜け毛)の時期や期間は?
  4. 4 産後の抜け毛がおさまらない!…どうしたらいいの?
  5. 5 産後に抜け毛が増えるのは自然なこと!あまり気にしすぎないで!
抜け毛がごっそり!

産後の大量の抜け毛にガーン!いつまで続く?!

産後に髪の毛が一気に抜け、驚いた女性も多いのではないでしょうか?
これは分娩後脱毛症(産後脱毛)と呼ばれており、出産後の女性の約7割が経験していると言われています。

でも実際の大量の抜け毛薄くなっていく髪を目の当たりにすると、不安になってしまいますよね。

そこで今回は、分娩後脱毛症のメカニズムや期間について詳しく解説していきます。
産後の抜け毛について知識を深め、不安を軽くしていきましょう!

分娩後脱毛症はどうやって起こるの?

原因とメカニズムまで知っておきましょう

まずは分娩後脱毛症原因とメカニズムについて、確認していきましょう。
分娩後脱毛症による産後の抜け毛の原因として、考えられるのはこちら。

  • 産後のホルモンバランスの変化
  • 出産後の生活リズムの変化
  • 育児によるストレス

これらの原因がいくつか重なることによって、産後の抜け毛が長引いたり悪化したりすることもあるんですよ。

それでは、それぞれがどんなふうに分娩後脱毛症に関わっているのか、詳しく見ていきましょう。

分娩後脱毛症を引き起こすきっかけになるのが、妊娠・出産に伴うホルモンバランスの変化です。

妊娠すると、お腹の中でしっかりと赤ちゃんを育てるべく、女性ホルモンのエストロゲン多く分泌されます。
エストロゲンには、髪の毛の成長期を伸ばす働きがあるので、妊娠中は髪の毛が抜けにくく、ほとんど生え変わりません

それが出産を機に、役目を終えたエストロゲンの分泌がグンと減って元の分泌量に戻ることで、それまで抜けずに成長を続けていた髪が、一気に生え変わることになります。

この際、髪の毛がまとまって抜けるため、髪のボリュームダウンや、透けて見えるようになった地肌に悩まされる女性も多いようです。

ただし、これはあくまでも髪の毛が「生え変わっている」状態なので、ある程度期間が経つと治まりますよ

出産後の生活リズムの変化が、抜け毛に影響することがあります。

慣れない育児により、生活習慣に乱れが生じるのはよくあることです。
自分の食事がおろそかになって食事を抜いたり、夜中の頻回授乳で睡眠時間が減ったりしている女性も多いのでは?

産後ダイエットによる栄養不足にもご注意くださいね。

生活リズムが崩れて不規則になると、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、さらに抜け毛が増える原因になってしまいます。

ストレスを溜め込みすぎると、抜け毛の原因になることがあります。
慣れない育児や生活リズムの乱れは、産後の女性にとってストレスになりやすいものです。

大きなストレスを溜め込み続けると、血行不良が引き起こされます。
髪の毛が育つための栄養を運ぶのは血液なので、血行不良になると髪が生えたり成長したりするための栄養が足りなくなって抜け毛につながってしまうんです。

また育児による過度のストレスは女性ホルモンの乱れを引き起こし、脱毛の原因にもなりうるので、できるだけストレスを溜め込まないように心がけましょう。

分娩後脱毛症について知ろう

産後の抜け毛はいつ頃始まって、どれくらい続くの?

それでは、分娩後脱毛症はいつ頃から始まり、どれくらいの期間続くのかを確認していきましょう。

一般的に分娩後脱毛症は、出産後2~3か月で抜け毛が始まると言われています。

分娩後脱毛症は、抜け毛が増え始めてから半年~1年程度続いて元の状態に戻ることが多いでしょう。

ただしこれは、出産に伴うホルモンバランスの乱れを原因にする場合のみに言えることで、生活リズムの変化やストレスが原因の抜け毛も進行している場合は異なります。

産後の抜け毛がおさまらないこともある?

別の原因かも...受診して相談しましょう

産後の抜け毛が治まるといわれる時期になっても、一向に抜け毛が減らなかったり、髪の毛の量が元に戻らなかったりする場合は、かかりつけの産婦人科の先生に相談してみることをおすすめします。

産後のホルモンバランスの変化の他に、何か薄毛に繋がっている別の原因があるのかもしれません。

ひとりで不安を抱えて悩むより、おかしいと思ったら早めに受診しましょう。

産後の抜け毛は自然のこと

あまり気にしすぎず、育児を楽しんで!

分娩後脱毛症は出産に伴うホルモンバランスの変化によるものが大きいです。
産後に髪の毛が抜けるのは自然なことで、生活習慣やストレスを溜め込まないように気を付けていれば、いずれ治っていくことが多いので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

産後は慣れない育児に追われて大変なことも多いですが、自分の体にも気を配りつつ、可愛い赤ちゃんとの時間を満喫してくださいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。