Navi akane

もくじ

  1. 1 〈原因〉雨による髪のうねりは”水分”と関係がある!
  2. 2 雨に負けない!うるさらストレートを長持ちさせる秘訣
  3. 3 雨の日を可愛く乗り切る!簡単ヘアアレンジ5選
  4. 4 雨が降ってもうねりにくい髪にしたい!くせ毛を減らすヘアケア方法
  5. 5 うるさらストレート&簡単ヘアアレンジで雨の日を乗り切ろう♪
  6. 全ての目次を見る
Comment akane 1
あかね

雨の日は髪の毛がうねったりくせが出たり…スタイリングもなかなか決まらなくて気分もどんよりしてしまいますよね。そもそも、なぜ雨だと髪がうねるのでしょうか。今回は、雨の日の髪のうねりに焦点をあてて、その原因と対策法をご紹介します。

雨の日に髪がうねる原因は、空気中の水分です。

雨など空気中の水分を髪の毛が取り込もうとした結果…
必要以上に髪の内部に水分が入り込み、髪の毛が膨れ上がり、広がったりうねったりしてしまうのです。

そもそも髪の毛は、水分の吸収のしやすさによって以下の2通りに分けられます。

  • 撥水毛…水分をはじく性質が強い
  • 吸水毛…水分を吸収する性質が強い

湿気の影響を受け、雨の日にうねってしまうのは吸水毛。 もともと撥水毛であっても、ダメージによってキューティクルが傷つき、吸水毛になってしまうことがあるのです。

これまでは雨の日でもうねりは気にならなかったけれど、最近になって雨の日のうねりがひどくなったという人は、髪の毛のダメージが大きくなっているといえるでしょう。

雨の日のうねりやくせ毛は普段通りのスタイリングではうまくまとまりませんよね。そこでまずは、うねりを綺麗にストレートにするスタイリング方法や、うねりをマシにするちょっとしたテクニックをご紹介します。

  • 雨の日用のドライヤーの使い方
  • 雨の日のアイロン方法
  • 雨の日のスタイリング剤選び
  • 雨の日のスプレーの使い方
  • 雨の日はこまめなブラッシングorコーミング

これらの対策は一時的なもので、雨の日のうねりやくせ毛自体がなくなるものではありません。雨の日にうねりにくい髪にしたい方は、あとでご紹介するヘアケア方法をご覧ください。

※本記事で紹介する商品の価格はいずれも2018年6月15日時点のものです。

雨の日のうねりやくせ毛を減らすには、髪を乾かす時やブローする時のドライヤーの掛け方が重要です。

まず、朝お風呂に入った際や寝癖を直すために髪を濡らした場合は、水分が残らないようにしっかり乾かすことを意識しましょう。

髪の毛は、濡れるとキューティクルが開くという性質があります。髪が乾き切っていないということは、キューティクルが開いている箇所があるということ。そこから空気中の水分が入ると、うねりが出てしまうのです。

また、髪の毛は濡れている状態に力と熱を同時に加えることでくせ付きます。乾かす際やブローの際は、水分が残っているうちからブラシや手ぐしでしっかり伸ばしながら乾かしましょう。

さらにキューティクルは根元から毛先に向かって閉じる構造になっているため、根元・中間・毛先の順で乾かししっかりとキューティクルが閉じるようにすることも大切です。

ブローの後は、オイルやワックスで仕上げましょう。これは、形を整えるためではなく髪の毛をコーティングすることで湿気を吸いにくくするため。

オイルやワックスは髪全体にまんべんなくなじませるのがポイントです。

【雨の日のドライヤーのポイント】

  • 水分が残らないようにしっかり乾かす
  • 少し濡れた状態でブラシや手ぐしでしっかり伸ばす
  • 髪の根元、中間、毛先の順で乾かす
  • 最後にオイルやワックスで髪全体をコーティングする

さらさらヘアのスタイリングの味方といえば、ヘアアイロン。雨の日の広がりやすい髪の毛には、ヘアアイロンにも工夫が必要です。

  1. ドライヤーでしっかりと髪の毛を乾かしておく
  2. ヘアオイルをつける
  3. 細かくブロッキングし、少量ずつ挟む
  4. コームなどできれいに伸ばしてから挟む
  5. 根元~中間、中間~毛先と、数段階にわけてアイロンをかける
  6. オイルやワックスでコーティングする

髪の毛はあらかじめ、しっかり乾かしておきましょう。生乾きの状態でアイロンをかけてしまうと、キューティクルがうまく閉じず、うねりやすい髪になってしまうので要注意。

また通常時より時間はかかるかもしれませんが、なるべく細かくブロッキングすることで、髪の毛1本1本にしっかり熱が行き渡り綺麗に伸ばすことができます。

Comment akane 1
あかね

スタイリング剤には「水分」が含まれているものもあります。何気なく選んだスタイリング剤がうねりやくせ毛の原因になってしまうこともあるので要注意です。

雨の日におすすめのスタイリング剤の特徴は大きく分けて3つあります。

  1. オイル系
    オイルが髪の毛をコーティングすることで、髪が水分を取り込みにくくします。
  2. のびが良いもの
    重すぎると髪全体にまんべんなくつけることが難しくなります。大切なのは、髪の毛一本一本をきちんと保護すること。のびが良く軽めのテクスチャーのものを選びましょう。
  3. 保湿力があるもの
    髪の毛内部が乾燥していると外の水分を取り込もうとしますが、スタイリングの段階で保湿をすることで髪の毛が水分を取り込みすぎるのを防げます。

これらを総合すると保湿力が高いオイルを使用したオイルタイプのスタイリング剤で、軽く伸びが良いものがおすすめということになります。

伸びが良いかどうかの判断が難しい場合は、スプレーボトルになっているものを選びましょう。スプレータイプのものは、サラサラした液体で伸びがよくベタつきや重みも軽減されています。

Comment akane 1
あかね

スプレーボトルのヘアオイルの中でも、ドラッグストアなどで手軽な価格で購入できるものといえばロレアルパリのリスインテンス スムースオイルエッセンスです。まとまった髪を長時間キープしてくれるので、雨の日のおでかけにもぴったりですね。

せっかくきれいにスタイリングできても、雨の日には髪の毛が水分を吸ってしまう…。それを考えると、雨の日は何といってもスタイルキープが難しいですよね。

そこで活躍するのがヘアスプレーです。ヘアスプレーは細かい樹脂が髪の毛をコーティングすることで固めます。

髪の毛全体にスプレーをなじませれば髪の毛全体がコーティングされて固まるので、湿気による影響を少なくできるのです。

普段は表面だけ軽くスプレーしている方も、雨の日には髪の毛全体になじませましょう

一ヶ所に偏ってしまったり、つけすぎてしまうのを避けるためのコツがこちらです。

  • コームにスプレーをつけてとかす
  • 手につけたスプレーを髪になじませる

髪1本1本に成分をまとわせるようなイメージで行ってみてくださいね。

Comment akane 1
あかね

雨の日のうねりに、キープ力が高いものや雨の日用のスプレーがおすすめです。ヘアスプレーとして馴染みがあるケープにも、雨の日用のものがあるんですよ。

雨の日は、髪型が崩れないようスタイリングすることばかり考えるのではなく、その都度リセットすることも大切です。

実は、雨の日はこまめにブラッシングやコーミングをすることで、うねりやくせ毛をある程度防げるのです。

ブラッシングによって頭皮の油分が髪全体にいきわたるため、髪の毛を油分でコーティングして湿気から守るのです。

この時、ヘアオイルや軽めのスタイリング剤を使うと、コーティング力もアップしてより良いでしょう。

さらに、吸ってしまった水分は不均衡に髪の毛内部に含まれていて、そのアンバランスさがうねりやくせ毛を助長しています。ブラッシングによって髪の毛の水分を均等にし、うねりを抑えることができるのです。

朝は念入りにブローやアイロンをする時間がないから、適用なヘアアレンジで済ませてしまうという人も多いですよね。

こちらでは、そんな人におすすめの雨の日のうねりやくせ毛をごまかせる簡単アレンジをご紹介します。

  • ゆるめのお団子
  • ハーフアップお団子
  • くるりんぱ
  • 編み込み
  • ランダム巻き
Comment akane 1
あかね

髪が長い人にはお団子アレンジがおすすめです。写真のように、お団子の高さを変えただけで雰囲気も一気に変わりますね!髪が短い人も、ターバンを使えばお団子は可能ですよ。

lutellaさん(@lutella_hairsalon)がシェアした投稿 -

大重 美晴さん(@miha_hair)がシェアした投稿 -

お団子でうねりが目立たなくなるポイント

  • ゆるめにつくる
  • あえて襟足や耳のあたりの髪を残す
  • きっちりまとめずヘアピンやクリップを使用しながらルーズにまとめる
Comment akane 1
あかね

髪が短くてお団子にはしにくい、トップのうねりが特に気になるという方は、ハーフアップのお団子もおすすめです!

@u___ya.211がシェアした投稿 -

@relian_mahoがシェアした投稿 -

ayaさん(@mirumiru.a)がシェアした投稿 -

ハーフアップお団子でうねりが目立たなくなるポイント

  • 毛先がうねる場合は毛先を入れ込む
  • 下の髪は軽く巻く
  • ねじったり三つ編みでお団子を作るとルーズ感が出つつも崩れにくい
Comment akane 1
あかね

髪が長くても短くてもできる、ハーフアップのくるりんぱもおすすめです!くるりんぱはアレンジがしやすいですよ。

katy__berry123さん(@katy__berry123)がシェアした投稿 -

Ayana*さん(@olive_lisaya123)がシェアした投稿 -

くるりんぱでうねりが目立たなくなるポイント

  • うねりが気になる髪をくるりんぱ
  • くるりんぱした後、毛を引き出して全体的にルーズにくずす
  • 軽く全体を巻いておくとより目立ちにくい
  • うねりが気になる箇所に大きめのヘアアクセサリーを使うのもOK
Comment akane 1
あかね

前髪だけ、顔まわりだけ、後ろ髪だけ、などうねりが気になる場所だけささっとアレンジできるのが編み込みアレンジです。

hana_doiさん(@hana_stylistdoi)がシェアした投稿 -

tukasa(趣味垢)さん(@amore_amore25)がシェアした投稿 -

編み込みでうねりが目立たなくなるポイント

  • 髪を軽く引き出す
  • 編み目のうねりを目立たなくするには細くきつく編む
Comment akane 1
あかね

ランダム巻きは外巻きと内巻きをミックスしたもの。毛先や髪の中間あたりからのうねり対策ならこれでOK!雨の日でも髪をおろせますよ。

カキアユさん(@ayu.works)がシェアした投稿 -

yui hayakawaさん(@ash__yuyuyu)がシェアした投稿 -

ランダム巻きでうねりが目立たなくなるポイント

  • いつもより細めのコテで巻く
  • 少量ずつ巻く
  • 巻いた後毛束を崩してより自然になじませる
Comment akane 1
あかね

雨の日だからってスタイリングやアレンジに時間をかけたくない、そもそも雨が降ってもうねらない髪にしたい、という方もいますよね!そこで、雨が降ってもうねりにくい髪を作るためのヘアケア方法をご紹介します。

雨の日に髪がうねるのはダメージによってキューティクルが傷つき、その隙間から水分が髪に入り込むため。

雨の日にうねりにくい髪にするには、キューティクルを保護するダメージケアがおすすめです。

  • ヘアアイロンの熱には要注意
  • 髪の乾かし方にも注意が必要
  • トリートメントは保湿力があるものを使用
  • アウトバストリートメントも取り入れる
  • 何気ない摩擦や紫外線によるダメージもケア

くせ毛の人にとって強い味方のヘアアイロンですが、間違った使い方をすると髪にかなりの負担がかかってしまいます。

その原因は。髪の毛はタンパク質でできていますが、タンパク質は熱が加わることでダメージを受けてしまいます。

ヘアアイロンを使用する際には低温を心がけましょう

一方、あまりに低温だと形が変わらず、長時間当て続けたり何度も使用することになり、かえって髪に与える熱が多くなってしまいます。

ヘアアイロン使用の際にはこちらの3つのポイントを守りましょう。

  1. 設定温度は130℃~160℃程度
  2. 一度に挟む量を少なめにして1度でしっかりくせをつける
  3. ゆっくり滑らせても良いが、止めて当て続けたり何度もやり直さない
Comment akane 1
あかね

雨の日に使うのはいいけど、毎日使ったり高温で当てたりするのは髪へのダメージが大きくなるので、使用する頻度はできるだけ少なくしましょう。また濡れた髪に使うと水蒸気爆発を起こすので、必ず乾いた髪に使用してくださいね!

熱が髪によくないのであれば、ドライヤーも良くないのでは…と考えるかもしれませんね。 確かに、近い場所から髪の毛にあてたり、同じ場所に当て続けたりすると、髪は熱で傷んでしまいます。
セットのために長時間使いすぎるのもおすすめできません。

とはいえ、自然乾燥はもっと髪への負担が大きいので避けましょう。濡れた髪はキューティクルが開いていて、非常にダメージを受けやすい状態です。

ドライヤーで乾かさないと、キューティクルが開きっぱなしになったり、うまく閉じなくなったりして、ちょっとした刺激で大きなダメージを受けてしまうのです。

髪が濡れているときは早く乾かし、ドライヤーでキューティクルを綺麗に閉じるようにしましょう。

髪への負担を減らすドライヤーのポイントは以下の通りです。

  • 髪から20cm以上離して使う
  • 同じ場所に当て続けない
  • 髪に手を入れて根元から毛先に向かってしっかり乾かす
  • キューティクルをきれいに閉じるために上から下へ風をあてる

キューティクルが傷ついた髪の毛は、外的な刺激に弱くなっています。そして、一度はがれてしまったキューティクルはもとには戻りません。

つまり、現時点で傷んでしまっている髪の毛にできることは、髪の毛の内部に必要な成分をその都度補給したり、外側をコーティングして刺激から守ることだけ。

そこで活躍するのがトリートメントです。

トリートメントは、髪の毛の表面と同時に内部にも浸透して成分を補給するもの

髪の毛内部の保湿力が高く、髪の毛表面のコーティング力が高いトリートメントを選ぶと、外部の湿気を取り込もうとするのを抑えることにつながります。

アウトバストリートメントとは、洗い流さないトリートメントのこと。髪の毛表面を刺激から保護する働きがあります。

アウトバストリートメントには以下のような種類があります。

  • オイルタイプ
  • ミストタイプ
  • ミルクタイプ
  • ジェルタイプ

このうち、オイルタイプはドライヤーなどの熱から守る効果が期待でき、さらに保湿性にもすぐれているのが特徴。

ミルクタイプは水分量が多く保湿力に優れています。スタイリング剤としても使いやすく、しっとり重めにまとめてくれます。

ドライヤーの前にオイルタイプを使う、日常のケアとしてミルクタイプを使うなど、場面に応じて使い分けるのもおすすめです。

\オイルタイプのおすすめトリートメント/

\ミルクタイプのおすすめトリートメント/

髪の毛は日々、摩擦紫外線薬剤などさまざまなダメージにさらされています。

キューティクルが傷ついてしまった髪の毛は、これらのダメージも受けやすくなるため、さらに傷みが進行。雨の日のうねりやくせ毛も強くなってしまいます。

大切なのは、日常的に受けるダメージを少しでも軽減させるための工夫です。

  • 就寝時の摩擦を軽減するためナイトキャップを使用
  • タオルドライ時はこすらず、優しくおさえるのみ
  • ブラッシングは優しく行う
  • 紫外線を避けるために帽子や日傘、紫外線スプレーを使用
  • パーマやカラーは頻度を下げる

日々少しずつ気をつけるだけでも、髪の毛が受けるダメージを減らすことができますよ。

Comment akane 1
あかね

雨の日に髪がうねってしまうのは、髪の毛が空気中の水分を吸収するからだとわかりましたね。そして、髪の毛が水分を吸収しようとする原因の一つは、キューティクルが傷ついて乾燥したり、ダメージを受けてしまったこと。その特徴をふまえて、ヘアアレンジを工夫したり、日々のケアでダメージから髪を守りって雨の日を乗り切りましょう。

雨の日の髪をまっすぐにする方法

  • 雨の日のドライヤーの使い方
  • 雨の日のヘアアイロンの方法
  • 雨の日用のスタイリング剤
  • 雨の日のスプレーの使い方
  • こまめなブラッシング

雨の日におすすめのヘアアレンジ

  • ゆるめのお団子
    →根元から毛先までのうねりをごまかせる
  • ハーフアップのお団子
    →トップのうねりをごまかせる
  • くるりんぱ
    →気になる部分がオールマイティにごまかせる
  • 編み込み
    →ピンポイントで気になるうねりをごまかせる
  • ランダム巻き
    →広範囲のうねりや、気になるうねりを生かしながらごまかせる

雨の日に備えたヘアケア方法

  • ヘアアイロンの使い方
  • ドライヤーの使い方
  • トリートメントの選び方
  • アウトバストリートメントを取り入れる
  • 身近なダメージを避ける工夫

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。