Navi akane

もくじ

  1. 1 梅雨時期のくせ毛とうねり、原因は”髪のダメージ”
  2. 2 梅雨時期のうねり対策は〈今すぐくせ毛を直す方法+ダメージケア〉
  3. 3 今すぐなんとかしたい髪の毛のうねりに!くせ毛を直すブロー&ヘアアイロン
  4. 4 梅雨の時期のうねりは日々のケアで解消!今日からできるダメージケア
  5. 5 梅雨は自分の髪の毛と向き合えるチャンス!
  6. 全ての目次を見る
Comment akane 1
あかね

いよいよ梅雨の季節です。雨の日は髪の毛が上手くまとまらないですよね。元気にうねり広がるくせ毛に、鏡の前でため息…そんな1日の始まりは、もう終わりにしましょう。髪の毛の悩みが晴れて、朝の憂鬱が解消されれば、梅雨がもっとおしゃれで楽しいものに大変身!梅雨を迎える前に知っておきたい、とっておきの対策をご紹介します。

梅雨の時期や雨の日、湿気が多い日に髪の毛がうねり、広がってしまう大きな原因は髪のダメージ髪内部の水分バランスの崩れです。

髪の毛の表面は通常キューティクルに覆われ、このキューティクルが開いたり閉じたりすることで、髪の水分量が調整されています。

しかし、ダメージを受けた髪はキューティクルが剥がれていたり、毛羽立っていたりと破損している状態。

この傷んだ部分が梅雨で湿気が多くなった空気が触れることで、必要以上の水分を空気中から吸収し、膨張するのでうねりやくせが出てしまうのです。

反対に、キューティクルがダメージを受けておらずしっかり機能していれば、梅雨の時期でもうねりにくい髪になります。

【梅雨時期のうねりの原因】

  • ①髪のダメージ
  • ②髪内部の水分バランスの崩れ


髪の毛がダメージを受けていると髪が水分を吸収してうねるんです。思い返してみれば、何もしていない髪の毛よりも、カラーをした髪の毛の方が雨の日の扱いが大変になるような気がしませんか?

梅雨時期のくせ毛・うねりの対策には、髪の毛を一時的にまっすぐにする方法と、原因となるダメージをケアする根本的な対策の2つがあります。

ブローやヘアアイロンなどで髪をまっすぐにする方法は、いわば応急措置。その場のうねりやくせ毛を抑えることはできますが、翌日にはまた強いうねりが出てしまいます。

一方、原因となるダメージをケアする方法は、うねりが出にくい髪に導くことはできますが、効果が出るまで時間がかかってしまうことを覚えておきましょう。

「髪の毛のうねりもくせ毛も、今すぐどうにかしたい!」でも、
「もう髪の毛のうねりやくせ毛で、悩みたくない!」

そんな梅雨のお悩みは、一時的にまっすぐにする方法ダメージケアの“二刀流”で解決しましょう!

Comment akane 1
あかね

うねりが気になる髪の毛をすぐにまっすぐにする方法といえば、ドライヤーを使ったブローやストレートアイロンですよね。こちらでは、梅雨の時期におすすめのコツと共に、まっすぐな髪をキープしやすいブローやアイロンの方法を紹介します。

髪の毛のうねりをドライヤーで抑えるためのポイントは、しっかり乾かすことと、濡れた状態で温風を当てて引っ張ること。

この2つを踏まえ、くせ毛やうねりを抑える乾かし方とブロー方法、さらにまっすぐな髪をキープするテクニックをご紹介します。

梅雨に負けない乾かし方とブロー方法

  1. 根元〜毛先の順に乾かす
    濡れた髪を乾かす時はまず、根元から毛先に向かうように乾かします。この時、根元を前から後ろに流すように乾かすと根元のうねりが抑えられます。
  2. 引っ張りながら乾かす
    根元が乾いたら中間〜毛先に温風を当て乾かします。この時、空いた手で髪を引っ張るように乾かすと、くせ毛がまっすぐになります。
  3. ブラシで伸ばす
    7割くらい乾いたところで、温風を当てながらブラシを使い髪を伸ばしましょう。
  4. 冷風でくせをつける
    温風で乾かし終わったあとは、冷風に切り替えて熱を冷まします。この時もブラシで軽く引っ張るようにすると、しっかりまっすぐな状態でくせがつきます。

ブローの時は乾かす方法のステップ3番から、念入りに髪の毛を伸ばしましょう。大きめのロールブラシを使えば、より自然な仕上がりになりますよ。

乾かし終わった髪やブローを終えた髪には、ヘアオイルをつけて重たさを出すのがおすすめ。毛先に重みがあることで、うねりが出にくくなります。

さらに綺麗な前髪や髪型をキープしたい時は、コームにハードスプレーを吹きかけて髪をとかしましょう。直接髪にスプレーを吹きかけるとガチガチに固まってしまいますが、コームにつけてからとかすことで、ふんわり感を残した自然な仕上がりになります。

ヘアアイロンは方法を間違えると、うまく髪型をキープできないだけでなく、必要以上に髪の毛を傷めてしまうことになります。

まず髪の毛のダメージを防ぐために大切なのが、しっかりと髪の毛を乾かすことと、アウトバストリートメントを使用すること。そうすることで、髪のダメージを軽減させられます。

また、温度は150度以下に設定し、同じ箇所に何度も当てたり、長時間当てたりしないように気をつけましょう。

くせ毛を綺麗に伸ばすアイロンの方法

  1. 髪を細かくブロッキングする
    髪を小分けにするブロッキングは、通常より細かめの3cmほどの幅で、薄めにとりましょう。そうすることで、髪1本1本に熱が行き渡りやすくなります。
  2. 根元から2/3までアイロンをかける
    ブロッキングした毛束一つ一つにアイロンをかけます。この時毛束が頭皮に対して垂直になるように持ち上げ、アイロンで挟みスライドさせましょう。根元は最後に整えるので、一旦2/3まででストップです。
  3. 毛先にアイロンをかける
    髪の中間〜毛先を挟み、手首を返しながら毛先にかけてアイロンをスライドさせます。この時も、一気にあまり多く挟みすぎないように注意しましょう。

こちらも、スタイルをキープさせるためには、ハードスプレーをコームに吹きかけてから髪に馴染ませるのがおすすめです。

ワックスを使う場合は、セット力が強すぎないものを選び、髪の表面に揉み込むように使いましょう。こうすることでワックスの重たさによって湿気によるうねりを抑えられます。

ただし、ワックスには水分が含まれており、つけすぎるとかえって髪のうねりが出やすくなるので注意しましょう。

Comment akane 1
あかね

梅雨時期に髪の毛がうねる最大の原因はダメージでしたね。それなら、髪の毛がダメージを受けにくいようにケアをして、湿気によって左右されない髪の毛にできれば、梅雨の時期や雨の日も髪の毛のうねりを気にしなくて良い髪を実現できるはずですよね。

ヘアケアというとどうしても特別な製品を使ったり、美容室に行ってお金をかけて行ってもらうものをイメージしがちですが、それではなかなかケアを続けられません。

そこで今回は、高いお金をかけずに、日々の生活の中でほんのちょっと工夫すればできる簡単なヘアケア方法をメインにご紹介します。

  • ブラッシングで髪の水分バランスを整える
  • ドライヤーの掛け方でキューティクルを引き締める
  • 髪・頭皮を乾燥から守るシャンプーを使う
  • 洗い流さないトリートメントで髪を保湿する

※記事内で紹介する商品価格はいずれも、2018年5月時点のものとなります。

適度なブラッシングは、水分を含んで広がった髪をまとめるのに効果的と言われています。

これは、ブラッシングによって髪の水分がまんべんなく行き渡るため。水分を吸収して膨張している箇所から、全体に水分を散らし、髪のうねりを抑えてくれると考えられているのです。

ただし、ブラッシングのしすぎには要注意。

必要以上にブラッシングをしたり、ガシガシと乱暴にブラッシングをすると、髪とブラシの間に摩擦が生まれてキューティクルが毛羽立ってしまいます。その結果キューティクルが傷つき、余計なダメージを与えてしまうので気をつけましょう。

またブラッシングは必ず髪の毛が乾いた状態で行うことも大切。髪の毛が濡れているままブラッシングを行うと、キューティクルが剥がれて髪の毛を傷めてしまうので気をつけてくださいね。

ドライヤーの掛け方をちょっと工夫するだけでも、髪のダメージを抑えることができます。

おさえておきたいポイントはこちらの5つ。

  • ①アウトバストリートメントをつける
  • ②ドライヤーは髪から20cm以上離す
  • ③同じ箇所に長時間当てない
  • ④風は根元〜毛先に向かって当てる
  • ⑤冷風に切り替えて整える

ドライヤー前にアウトバストリートメントをつけておけば、ドライヤーの熱やブラッシングの摩擦から髪を守ることができます。

また、ドライヤーの熱は髪にとって大敵なので、②によって高温になる噴射口をできるだけ髪から離し、同じ箇所に温風が集中しないようにこまめに動かしながら乾かしましょう。

④は、キューティクルの流れに沿って髪を乾かすため。キューティクルは根元から毛先に向かって閉じる形になっているので、その流れに沿って乾かすことで綺麗にキューティクルが閉じてくれます。

最後に冷風にして髪を整えることで、キューティクルがよりキュッと引き締まりダメージを受けにくい綺麗な髪に仕上がります。

普段何気なく使用しているシャンプーをちょっと工夫するだけでも、キューティクルをダメージから守ることができます。

一般的に多く使われているシャンプーの種類は、高級アルコール系と呼ばれるもの。ドラッグストアなどで安価に手に入るのが特徴で、種類も豊富です。

この高級アルコール系シャンプーですが、シャンプーの中でも洗浄力が強いことで知られています。この洗浄力の強さが、キューティクルにも影響しダメージを与えると言われているのです。

そこでおすすめなのが、シャンプーの中でも比較的洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプーと呼ばれるもの。洗浄力が強すぎないため、キューティクルへのダメージが少ないのはもちろん、髪や頭皮の水分や油分を保ち潤いのある仕上がりが期待できます。

Comment akane 1
あかね

シャンプーの種類はパッケージの裏の成分表を見れば簡単にわかります。高級アルコール系、アミノ酸系の他に石鹸系のシャンプーもあります。それぞれ主な成分を紹介するので、次にシャンプーを買う時にはぜひ注目してみてください。

&hairで人気のアミノ酸系シャンプーなら《haru》

髪の毛のダメージを予防するためには、髪をダメージから守ることも大切です。

そこで役に立つのが洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)やヘアオイル。

例えば、お風呂上がりに洗い流さないトリートメントをつけて乾かすことで、ドライヤーの熱や乾燥から髪を守ることができます。

また、ブローやヘアアイロンの前にヘアオイルやヘアミルクを使うのも効果的。

髪の毛を外側からコーティングすることで、紫外線や摩擦など、様々なダメージから髪を守ることができますからね。

ただし使用するときは、トリートメントやオイルが頭皮につかないように注意しましょう。根元につくとベタついて数日お風呂に入っていないような印象になってしまうだけでなく、毛穴を詰まらせて頭皮トラブルを招きかねません。

Comment akane 1
あかね

洗い流さないトリートメントとしても、仕上げのヘアオイルとしても使えるものを紹介しますね。昔馴染みの椿油。使い方の幅が広くて、ドラッグストアや薬店で簡単に手に入るのもポイントです。

Comment akane 1
あかね

梅雨の時期に髪の毛にうねりが出てしまうのは、髪のダメージが原因でしたね。ダメージを受けて剥がれたキューティクルの隙間から水分が入って、髪が膨張することでうねりや広がりに…。根本的な対策としてはダメージケアが良いけど、今すぐにでもまっすぐな髪を手に入れたい人にはブローやアイロンによる対策がおすすめです。

ブロー&アイロンのコツ

  • 乾かし方とブロー
    ポイント①:引っ張りながら乾かして冷風でくせづけ
    ポイント②:ヘアオイルでうねり・広がりを抑える ポイント③:コームにつけたスプレーを髪に馴染ませてキープ
  • ヘアアイロン
    ポイント①:ダメージを大きくしないように注意する
    ポイント②:細かくブロッキングする
    ポイント③:根元〜2/3、中間から毛先の2回に分ける
    ポイント④:コームにつけたスプレー、軽めのワックスでキープ

ダメージケア

  • ブラッシングで髪の水分バランスを整える
  • ドライヤーの掛け方でキューティクルを引き締める
  • 髪・頭皮を乾燥から守るシャンプーを使う
  • トリートメントで髪を保湿する

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。