Navi megumi 5d53f5049f16b4f208343e0ee7a9e77d02bbca4da903fa25857c9b4794eeff17

もくじ

  1. 1 気づいたら大量のフケが肩の上に…!
  2. 2 フケには2つの性質があるって、知ってた!?
  3. 3 <性質別>フケを伴う頭皮トラブル8つの原因
  4. 4 【対策する前にチェック】フケは皮膚疾患のサインかも!?
  5. 5 自宅で簡単!フケの対策方法
  6. 6 フケの対策は原因を見極めてから!心配な場合は皮膚科に行きましょう
  7. 全ての目次を見る
めぐみ

毎日髪の毛を洗っているのに、前髪をかきあげるだけでフケが落ちてくる…と、とても気になるわよね。 ひどいときは、少し動くだけで落ちてくるということも。 髪の毛の洗い方が悪いのかと思って、いろいろ試したけれど治らなかったなんてことはない? もしかして、シャンプーや洗い方だけが原因じゃないかもしれないわね。 そこで今回は、フケで悩んでいる女性のためにフケの種類や頭皮トラブルについて紹介するわ。

フケには性質があり、脂性フケ乾性フケの2つに分けられます。

それぞれの性質によって、フケの特徴や原因、さらに対策まで異なるのです。フケの原因を知り、適切な対策を行うためにもまずは、自分のフケがどちらの性質に当てはまるかチェックしましょう。

  • 脂性フケ
    ・皮脂の過剰分泌によって起こるフケ
    ・ベタつきがあり、大きい固まったフケが特徴
    ・頭皮の臭いやベタつきを伴う

  • 乾性フケ
    ・皮脂の不足によって起こるフケ
    ・パラパラした細かいフケが特徴
    ・頭皮のカサつきや乾燥が伴う

めぐみ

自分のフケの特徴や頭皮の状態は乾性フケと脂性フケ、どっちに近いかしら?間違えた対策をすると、かえってフケがひどくなる可能性もあるから、原因に心当たりがないかどうかも、しっかりチェックしてちょうだいね。

フケとはそもそも、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)によって剥がれ落ちた角質のこと。皮膚は普段からターンオーバーによって生まれ変わっており、通常であれば剥がれ落ちる角質は細かく少ないため気になりません。

しかし何かしらの原因によってターンオーバーが乱れると、皮膚の新陳代謝が早まり通常よりも大きく、大量の角質が剥がれ落ちます。これこそ、目立つフケの正体なのです。

ターンオーバーが乱れる原因はさまざまで、脂性フケと乾性フケそれぞれの性質によって異なります。

\あなたはどっち?気になる方をClick/
脂性フケの原因
or
乾性フケの原因

脂性フケの原因は、頭皮の皮脂分泌量が多量になっていることや、不要な皮脂の洗い残しが考えられます。頭皮のバリア機能を果たす皮脂ですが、多すぎると毛穴に詰まったり、酸化したりしてターンオーバーを乱す原因になるのです。

頭皮の皮脂量が多くなる原因として考えられることは、大きく分けて4つ。

  • 体質による脂性肌
    もともと肌がベタつきやすい人や思春期の人は、体質による皮脂の過剰分泌が考えられます。 思春期は特にホルモンバランスが安定しにくく皮脂量が多くなるとされています。

  • 脂っこい食事や甘いもの
    揚げ物や甘いものを多く食べる人は、頭皮がベタつきやすくなります。 脂肪や糖分は皮脂の分泌を増大させる原因。これらの食べ物を頻繁に食べる人は食事が原因かもしれません。

  • シャンプー、洗髪の方法
    シャンプー自体の洗浄力が足りないと、十分に皮脂を洗い流せません。 またすすぎ残しは地肌に余計な皮脂や汚れを残す原因になります。

  • 乾燥による皮脂の過剰分泌
    肌を乾燥から守るため皮脂が必要以上に多く分泌されてしまうことがあります。 ベタつく頭皮の原因が乾燥ということもあるので、時々肌が突っ張るなど、乾燥に似た症状も見られる場合は乾燥が原因かもしれません。

皮脂の過剰分泌の原因もたくさんあります。心当たりの原因があり、ベタつく大きめのフケが出る人は、脂性フケの可能性が高いと言えるでしょう。

乾性フケの原因は、頭皮の皮脂分泌量の不足や必要な皮脂が除去されてしまうことによる頭皮の乾燥。皮脂は頭皮のバリア機能を果たしており、頭皮の水分が蒸発しないように守る他、外部からの刺激から頭皮を守る役割もあります。

この皮脂が十分量分泌されていなかったり、せっかく分泌されたものが除去されてしまうことで、頭皮の水分が蒸発。結果として乾燥、ターンオーバーの乱れによるフケに繋がるのです。

頭皮が乾燥してしまう原因は、大きく分けて4つあります。

  • 体質による乾燥
    加齢や寝不足などの生活習慣の乱れが肌の乾燥を招きます。寝不足が続いている、年々乾燥を感じるようになっている人は、体質の変化が乾燥の原因と考えられます。

  • 季節による乾燥
    冬やクーラーが効いている環境など空気の乾燥も肌の乾燥に繋がります。空気が乾燥していると、肌の水分が奪われ乾燥肌に。さらに寒くなると血管が収縮し、肌の新陳代謝が乱れ皮脂の分泌量が減少するため乾燥します。

  • 紫外線による乾燥
    紫外線は頭皮にダメージを与えます。このダメージによって頭皮のバリア機能が低下頭皮の水分量を保つことができず乾燥してしまいます。

  • シャンプーや熱いお湯による皮脂の落としすぎ
    洗浄力が強いシャンプーは必要な皮脂まで洗い流してしまいます。また熱いお湯は皮脂を分解し洗い流してしまうため、熱いお湯のシャワーも地肌の乾燥を招きます。

こうした原因に心当たりがあり、パラパラとした細かいフケが気になる人は、乾性フケを疑いましょう。

めぐみ

頭皮の乾燥や大量の皮脂によるフケは、皮膚疾患によるものかもしれないわ。もしそうなら、セルフケアだけじゃフケを改善できないだけでなくて、セルフケアでかえってフケを悪化させちゃうことも考えられるの。そうならないように、皮膚疾患の可能性がないかも、チェックしておきましょう。

フケを伴う頭皮の皮膚疾患は、6つほど考えられます。それぞれの症状の具体的な内容や、日常的な原因をご紹介するので、当てはまるものがないか確認してから対策を行いましょう。

■脂漏(しろう)性皮膚炎
脂漏性皮膚炎は、先ほどご紹介した脂性フケと似た、頭皮のベタつきや湿った大きなフケが特徴
しかし脂漏性皮膚炎になると放置しておいても治りません。ひどくなると頭皮に張り付いたフケがかさぶたのようになります。頭皮のベタつきの他にかゆみや赤みが気になるようなら、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

■乾燥性皮膚炎
乾燥性皮膚炎は、乾性フケがさらにひどくなった状態。皮脂欠乏性湿疹とも言われます。
カサカサしたフケ以外にも、かゆみや湿疹、赤みが見られるようになっている場合皮膚が炎症を起こしている可能性があります。

めぐみ

脂漏性皮膚炎や乾燥性皮膚炎は、脂性肌・乾燥肌が悪化して炎症が起きた状態なの。脂性フケと乾性フケは、これらの皮膚疾患によるものかもしれないから、対策をしてもなかなか改善しない場合や、頭皮に赤みやかさぶたのような分厚いフケがある時は、早めに皮膚科に行くことをおすすめするわ。

■接触性皮膚炎
一般的に"かぶれ”と言われるもので、刺激性接触皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎の2つに分かれます。
カラーやパーマなどの強い刺激によるかぶれ金属やシャンプーの成分などに対するアレルギーによるかぶれが当てはまります。
フケの特徴は乾燥していること。その他にもかゆみやブツブツとした湿疹が見られます。フケが出る直前にいつもと違う成分や物質が頭皮に触れている場合は、接触性皮膚炎が疑われます。

めぐみ

頭皮の"かぶれ"はフケを伴うことがあるのね。かぶれは肌が弱くなっている時に起こりやすくなるから、普段と同じ生活を送っているのにかぶれちゃったという人は、肌が敏感になっているのかも。特に生理中や妊娠中の人は、ホルモンバランスの変化で肌が敏感になっているから、普段平気なものにも注意が必要だわ。

■乾癬(かんせん)
乾癬は原因がまだ解明されていない皮膚の病気。皮膚が銀白色の鱗状になったり、フケのようなものがパラパラ剥がれ落ちるのが特徴。赤い斑点ができることも特徴なので、これらの特徴が見られる場合は乾癬の可能性があります。

■白癬(はくせん)
頭部にできる白癬は別名、"しらくも”とも呼ばれる水虫の一種フケが出る場所と出ない場所の境界線が比較的はっきりしているのが特徴で、かゆみが出てひどくなると脱毛することが。ペットから感染するケースがあり、人から人への感染にも注意が必要です。

めぐみ

2つとも、あまり聞き慣れないものかもしれないわね。乾癬は"カンセン"と読むけど、人から人への"感染"はしないから、家族にうつしてしまう心配はないわ。むしろ"感染"なら白癬の方が要注意よ。足の水虫と同じように、人から人に感染するから、タオルや枕カバー、帽子なんかはこまめに洗って共有しないようにしてちょうだいね。

■アトピー性皮膚炎
アレルギーを起こしやすい人にみられる皮膚炎カサカサとしたフケが特徴でかゆみや湿疹を伴います。 アトピー持ちの人は、乾燥したフケが出た場合アトピー性皮膚炎を疑いましょう。

これら6つの皮膚炎の症状や特徴に心当たりがある場合、日常の対策だけではフケがおさまらないことが考えられます。また、ひどい場合皮膚炎が悪化してしまうことも。

少しでも心当たりがある場合は、まず皮膚科を受診してフケの原因を調べてもらいましょう。

皮膚炎の可能性が低く、脂性フケや乾性フケの特徴がみられる場合は、自宅で簡単に対策できます。主な対策方法は次の4つ。

  1. シャンプーの種類を変える
  2. シャンプーの方法を見直す
  3. 頭皮を保湿する
  4. 食事を見直す

フケの対策には、頭皮の状態に合わせたシャンプーを使うことが大切です。

  • 脂性フケ(頭皮のベタつき)
     洗浄力が強くしっかり皮脂を洗い流せる高級アルコール系シャンプー
  • 乾性フケ(頭皮の乾燥)
     洗浄力が比較的弱く頭皮に潤いを残せるアミノ酸系シャンプー

脂性フケの場合、頭皮に余計な皮脂を残さず洗うために洗浄力が強いシャンプーがおすすめです。しっかり頭皮の汚れや皮脂を落とすことで、清潔で健康な頭皮を保つことができます。

ただし、シャンプー後に肌が突っ張る、頭皮以外の肌は乾燥しがちなど、乾燥による皮脂の過剰分泌が考えられる場合は、洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

乾性フケを対策するためには、頭皮に必要な皮脂を残すことが大切です。そこでおすすめなのが、洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプー。洗浄力が弱いといっても、不要な皮脂は流せるので不潔になる心配はありません。

さらに、乾性フケの人は、汗をかかなかった時や整髪料を使わなかった時、湯シャンですませるのもおすすめ。湯シャンとは、シャンプーを使わないお湯だけで髪を洗う方法。

お湯だけでも地肌や髪の汚れは十分に洗い流せます。時々取り入れて、潤いのある健康な頭皮を目指してみましょう。

Thumbnail fullsizeoutput 3e
Thumbnail fullsizeoutput 66
シャンプーは泡立ててから使うこと。洗う時は頭皮の汚れを押し出すようなイメージでマッサージするのがおすすめよ。

シャンプーの回数や、髪の毛の洗い方もフケの対策には大切な要素です。

シャンプーの頻度が高すぎると、皮脂を洗いすぎてしまい、頭皮の乾燥や皮脂分泌量の増加に繋がるため。フケが気になって1日に何度もシャンプーをしたくなる気持ちはわかりますが、シャンプーは1日1度にとどめましょう。

それ以上に髪の毛を洗いたい場合は、お湯だけの湯シャンにするのがおすすめです。

また、お湯の温度が熱過ぎることもフケの原因の一つ。ぬるめのお湯(38℃程度)でシャンプーをしましょう。

さらにシャンプーの手順にも頭皮環境を整えるコツがあります。

  1. シャンプーは手のひらで泡立てる
    シャンプーを直接頭皮につけると頭皮の毛穴詰まりの原因になるので、あらかじめしっかり泡だててから髪や頭皮にシャンプーをつけましょう。
  2. 頭皮全体をマッサージするように洗う
    指の腹でマッサージするように洗うことで毛穴の汚れを押し出すことができます。爪を立てると頭皮に傷ができるので気をつけましょう。
  3. 時間をかけてしっかりすすぐ
    すすぎは3分ほどかけてじっくり行いましょう。そうすることでシャンプーや汚れのすすぎ残しを防ぐことができます。
  4. トリートメントは毛先だけ
    頭皮対応のトリートメントでない場合、頭皮につけるのは避けましょう。頭皮がべたついたり炎症を起こす原因になります。

ちょっとした工夫と簡単な手順ですが、これらを守るだけでフケの原因を減らすことができます。

頭皮の乾燥が気になる乾性フケの方や、シャンプーをした直後に乾燥が気になる場合は、頭皮の保湿をすることもフケの対策になります。

頭皮の保湿には、ベタつきが少ないローションがおすすめ。

全身への使用が認められている保湿クリームやオイルを使用するのも良いですが、髪の毛についてしまうと脂っぽくなるので見た目がよくありません。また、伸びが悪いものだと頭皮のベタつきや不快感に繋がってしまいます。

さらっとしたローションで、髪の毛をかき分けて使用できるノズルタイプだと使いやすいです。

保湿ローションはたくさん売られていますが、頭皮用ローションや、全身用ローションを使用しましょう。頭皮に使うことを前提に作られていない商品は、思わぬ頭皮トラブルの原因になる可能性があるので、おすすめできません。

フケ対策には、頭皮の新陳代謝を正常にするための食事も大切です。

皮脂の分泌を増やす甘いものや脂っこいものは避けましょう。また、アルコールの取りすぎも皮脂を増やしてしまうのでおすすめできません。

何よりも大切なのは、バランスの取れた食事を3食しっかり食べること。その中でもフケの性質別におすすめな栄養と、それぞれの栄養素に期待できる働きをご紹介します。

  • 脂性フケにおすすめの栄養と食べ物
    ビタミンB2:皮脂の分泌量をケアする
     (レバー、うなぎ、葉野菜など)
    ビタミンB6:欠乏すると脂漏性皮膚炎になりやすくなる(参照1)
     (かゆお、レバー、肉など)

  • 乾性フケにおすすめの栄養と食べ物
    ビタミンA:皮膚や粘膜を正常に保つ
     (うなぎ、人参、レバーなど)
    ビタミンC:乾燥を防ぐために必要なコラーゲンの生成を促す
     (柑橘類、野菜、じゃがいもなど)
    ビタミンE:血行促進をサポートする
     (アーモンド、べにばな油、うなぎなど)

ビタミン類は、肌の状態や皮脂の代謝に深く関わり、肌の健康を守るために非常に大切な栄養素。ビタミンだけ摂っていれば良いわけではありませんが、できるだけ食事から取り入れるようにしましょう。

また、頭皮のベタつき(脂性フケ)が気になる人は、甘いものや脂っこいものの食べ過ぎに注意が必要です。これらは、脂性フケの原因となる皮脂の分泌を増やしてしまうので、摂取量を抑えましょう。

めぐみ

フケには脂性フケと乾性フケの2種類があって、特徴、原因、対策が違ったわね。それから、かゆみや頭皮の赤み、湿疹がある場合は頭皮の疾患によってフケが発生しているかもしれないわ。この場合は、セルフケアだけじゃ治すのが難しいし、下手したら悪化しちゃう。まずは自分のフケが脂性フケなのか乾性フケなのか、それとも皮膚疾患なのか、ちゃんと見極めるのが大切よ。

  • 脂性フケ
    ・ベタつきがあり、大きい固まったフケが特徴
    ・頭皮の臭いやベタつきを伴う

  • 乾性フケ
    ・パラパラした細かいフケが特徴
    ・頭皮のカサつきや乾燥が伴う


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。