Navi ann

もくじ

  1. 1 頭皮のかさぶた・かゆみは皮膚疾患のサイン
  2. 2 【かさぶたとかゆみの原因・対処法】①脂漏性皮膚炎
  3. 3 【かさぶたとかゆみの原因・対処法】②接触性皮膚炎
  4. 4 【かさぶたとかゆみの原因・対処法】③乾燥性皮膚炎
  5. 5 【かさぶたとかゆみの原因・対処法】④頭部白癬
  6. 6 どの症状にも共通する〈頭皮のかさぶた・かゆみ対策〉
  7. 7 頭皮のかゆみ・かさぶたには早めの対処を
  8. 全ての目次を見る
Comment ann 1
あん

頭皮のかさぶたやかゆみは、周りには理解してもらいにくい辛い悩みだよね…。すぐにでもどうにかしたいけどその方法が分からない、って女性は多いと思うの。そこで今回は頭皮のかさぶた・かゆみの原因と対処法を調査してみたよ!頭皮のかさぶたとかゆみは4種類の皮膚疾患に分けられるみたいだから、まずはあなたの原因を探してみてね。

頭皮にできたかさぶたかゆみは、皮膚疾患の可能性があります。

特に可能性がある皮膚疾患が次の4つ

  • ①脂漏性皮膚炎
  • ②接触性皮膚炎
  • ③乾燥性皮膚炎
  • ④頭部白癬

ここでは、それぞれの症状・発症の原因・対処法を詳しく紹介します。

あなたの頭皮のかさぶた・かゆみの症状と比べて確認してみてくださいね。

Comment ann 1
あん

まずは、脂漏(しろう)性皮膚炎に見られる症状とかさぶたの特徴を紹介するよ。

  • 症状:皮脂の過剰分泌 / フケ / かさぶた / 赤み / かゆみ / 臭い / 発疹 / 脱毛
  • かさぶたの特徴:血が出ていない白〜黄色っぽいもの、血が固まったもの

頭皮のかゆみの他に、頭皮がべたつく、臭う、しっとりした湿性のフケが出る、といった場合は脂漏性皮膚炎の可能性が高いと言えます。

かさぶたは白く黄色っぽいもの、もしくは掻きむしって血が出た後のかさぶたの可能性もあります。

Comment ann 1
あん

頭皮にベタベタした感じはないからこれではないかもしれない、って思ったら、次の原因をチェックしてみてね。

脂漏性皮膚炎の主な原因は「マラセチア菌」という常在菌であるカビの一種が増殖すること。

このマラセチア菌は、皮脂をエサとしており、皮脂が多いところで繁殖しやすい性質がありますので、皮脂の過剰分泌が脂漏性皮膚炎の原因として考えられます。

皮脂の過剰分泌を起こす要因はとして考えられるもの。

  • ホルモンバランスの乱れ
    (ストレスや睡眠不足の影響)
  • ビタミンB不足
  • シャンプーの洗浄力不足
  • すすぎ残し など

では続いて、頭皮のかゆみとかさぶたを招く「脂漏性皮膚炎」の対処法を紹介します。

脂漏性皮膚炎の主な対処法は以下の2つです。

  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • 抗真菌剤を使ってマラセチア菌を殺菌する

皮脂の過剰分泌を防ぐには、生活習慣を見直し、頭皮環境を整えることが大切です。

まず、皮脂が多くなるのは、睡眠不足やストレス、ビタミンBの不足、油の多い食生活などが原因です。 睡眠の質を高め、ストレスは意識して発散するようにしましょう。

また、皮脂の分泌量を増やす、脂っこいもの・糖分の多い食事は避け、ビタミンB群が多く含まれた食材(ほうれん草・卵・レバーなど)を積極的に摂るのがおすすめです。


次に、マラセチアの殺菌は、皮膚科でマラセチアに効果のある抗真菌剤を処方してもらうのが良いでしょう。 医師が症状や状態を見て、内服か外用、薬の強さを調整してくれますよ。

自分でできる対処法として、抗真菌成分が配合されているシャンプーを使用するのもおすすめです。


\ 脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプーはこちら /

Comment ann 1
あん

続いて、接触性皮膚炎の症状とかさぶたの特徴を確認してみよう。

  • 症状:かさぶた / かぶれ / フケ / 湿疹 / かゆみ / 赤み / 水疱
  • かさぶたの特徴:血が固まったもの、水疱が破れて固まった白いもの

接触性皮膚炎の特徴は「かぶれ」。
かぶれが頭皮にできると、小さいポツポツした水疱ができます。

この水疱を引っ掻くことでやぶれて固まったものがかさぶたになります。

Comment ann 1
あん

何かにかぶれるような心あたりがなかったら、次の原因をみてみよう。

接触性皮膚炎は、皮膚に直接触れたものによる「アレルギー反応」が原因です。

身の回りにあるさまざまな物質が接触性皮膚炎(かぶれ)の原因となり得るため、頭皮だけでなく顔や体のさまざまな部位にできる可能性があります。

頭皮のかさぶた・かゆみの原因物質として考えられるものがこちら。

  • カラー・パーマの薬剤
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • トリートメント
  • 整髪料(ワックスなど)
  • ヘアピン など

いつもと違うヘアケア剤や整髪料を使用して、かさぶたやかゆみなどの症状がでた女性は、接触性皮膚炎の可能性が高いと言えそうです。

接触性皮膚炎の主な対処法は以下の3つです。

  • 原因となる物質を避けること
  • ステロイド入りの外用薬を使用する
  • かゆみが強い場合は内服薬を服用する

まずは、原因となっている物質を避ける必要があります。
そのためには、原因となる物質が何なのか突き止めなければいけません。

例えば、実験的に今日はシャンプーを違うものにしてみよう、と違うものを使用します。
それでかゆみがなければ原因は以前使用していたシャンプーだったことがわかりますね。

原因を特定できない場合は、皮膚科またはご自身でパッチテスト(注1)をして、確認してみましょう。


また、接触性皮膚炎(かぶれ)の治療で一般的なのは、ステロイド入りの外用薬
しかし、症状がひどい場合は医師の判断で内服薬を処方されることもあります。

市販薬もありますが、かさぶたやかゆみがひどい場合には皮膚科の医師に相談してみましょう。

注1:パッチテストとは、かぶれの原因物質を調べる方法のこと。かぶれの原因となっている可能性のある物質を専用のシールを貼りつけ、アレルギー反応が出るかどうかを調べます。

Comment ann 1
あん

次に、乾燥性皮膚炎の症状とかさぶたの特徴を見てみよう。

  • 症状:頭皮の乾燥 / フケ / かさぶた / 湿疹 / かゆみ / 赤み
  • かさぶたの特徴:血が出ていない白色でカサカサしたフケのよう

乾燥性皮膚炎の特徴は何と言っても、頭皮が乾燥していること。
ひどくなると頭皮がひび割れ痛みが生じることもあります。

かさぶたは掻きむしってできた血の塊ではなく、カサカサとした白っぽいのが特徴です。

Comment ann 1
あん

乾燥もしていないな…っていう人は最後の原因をチェックしてみて。

乾燥性皮膚炎の原因である、頭皮の乾燥は皮脂の過少によって起こります。

皮脂が少なくなってしまう要因の一部がこちら。

  • シャンプーの洗浄力が強すぎる
  • シャワーの温度が高すぎる
  • 洗髪頻度が高い
  • 紫外線によるダメージ
  • 空調や気候の影響 など

洗浄力の強いシャンプーを使用すると、頭皮のバリア機能を果たす必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

すると、頭皮の水分が蒸発して乾燥するだけでなく、外的ダメージを受けやすくなってしまうのです。

乾燥性皮膚炎の主な対処法は、以下の3つです。

  • 乾燥を予防する生活習慣を心がける
  • 保湿剤を使用する
  • かゆみが酷い場合はステロイド剤と内服薬を使用する

まずは、当たり前ですが乾燥を防ぐことが重要ポイントになります。
上記で紹介した皮脂の過少を招く行為は避けるようにしましょう。


そして乾燥してしまった頭皮には保湿剤を使用しましょう。
乾燥を防ぐ保湿剤には、ローション、クリーム、オイルなど、さまざまな種類があります。

頭皮の状態、季節、使用感の好みに応じて、気に入ったものを選んでくださいね。


湿疹やフケなど症状がひどい場合は、皮膚科を受診してステロイド入りの外用薬内服薬を処方してもらいましょう。


\ &Hairおすすめの保湿剤はこちら /

Comment ann 1
あん

最後に、頭部白癬(とうぶはくせん)の症状とかさぶたの特徴を紹介するよ〜!

  • 症状:かさぶた / フケ / 赤み / 脱毛 / 痛み / 炎症
  • かさぶたの特徴:血が出ていない白ぽいもの、血が固まったもの

「頭部白癬」と書くと難しく感じますが、つまりは頭皮の水虫です。
俗称として「しらくも」なんて呼ばれ方をすることもあります。

頭皮のかさぶたとかゆみの他に次のような症状が見られたら頭部白癬の疑いがあります。

  • かさぶたとなる感染部分の毛が抜け落ちている
  • 頭皮に乾燥した細かな角質のかけらがある
  • 感染部分の境界がはっきり分かる

続いて、頭部白癬の原因を確認してみましょう。

原因は白癬を引き起こす原因菌への感染です。

  • 猫などの動物に寄生する「ミクロスポルム・カニス菌」の感染
  • 人に寄生する「トリコフィトン・トンズランス菌」の感染

これらの原因菌に感染すると頭部白癬を発症します。
よくある感染経路は、菌を保有した猫や動物と接触すること

また、同じように白癬に感染した人と接触することでも感染します

頭部白癬の対処法は、以下の3つです。

  • 経口抗真菌薬を服用する
  • 抗真菌作用のあるクリームを塗る
  • 再発や他人への感染に気をつける

まず、頭部白癬は病院以外で治すことができません
そのため、頭部白癬かも?と思ったら、すぐに皮膚科を受診しましょう。

治療が遅れると、菌が頭皮に広がり治すのが難しくなるだけでなく、大量の抜け毛や薄毛の原因になりかねません。
早期発見、早期治療を心がけてくださいね。


頭部白癬で気をつけなくてはならないのが、他人への感染です。
家族であってもヘアブラシ・帽子・タオルなど、頭皮に一度触れたものは共有しないように注意しましょう。

また、白癬の原因菌は人から動物に、動物から人に感染することがあるので、感染元がペットでないか確認を忘れずに。

【注意】頭部白癬にステロイドは厳禁!

頭部白癬にステロイドの塗り薬を使用すると、症状が大幅に悪化することがあります。

そのため、自己判断でのステロイドの使用は厳禁です!
頭部白癬かも、と感じたら必ず皮膚科を受診しましょう。

Comment ann 1
あん

最後にどの皮膚疾患でも共通する、シャンプーや洗髪方法について紹介するよ〜!

意外と知らない落とし穴だったりするから、ちゃんと確認してね。

これまで頭皮のかさぶたやかゆみは、皮膚疾患である可能性が高いとお伝えしてきました。

紹介した4種類の皮膚疾患を未然に防ぐには、頭皮環境を整える必要があります。

そこで気をつけたいのが、シャンプー洗髪方法
毎日使用するシャンプーは、あなたの頭皮タイプに合っていますか?
間違った方法で洗髪していませんか?

毎日使っているシャンプーや、普段からしている洗髪方法が、頭皮環境を悪化させているかもしれません…。
この機会にシャンプーと洗髪方法を見直しましょう。

自分に合うシャンプーを見つけよう!

頭皮がべたつく脂性肌の女性や、乾燥肌の女性など、頭皮タイプは人それぞれ。
そこで今回は、脂性肌・乾燥肌・敏感肌の大きく3タイプに分けて、それぞれ選ぶべきシャンプーの種類を紹介します!

  • 【乾燥肌】薄毛が気になる女性:洗浄成分がアミノ酸系のシャンプー
  • 【脂性肌】汚れをしっかり落としたい女性 :洗浄成分が高級アルコール系のシャンプー
  • 【敏感肌】アレルギー体質の女性:洗浄成分が石鹸系のシャンプー

それぞれの洗浄成分を見分けるには、シャンプーボトルの裏面に書かれている成分表示を確認しましょう。

配合量の多い順に書かれており、一番目は「水」ですので、2〜5つ目に書かれている成分をチェックしてみてくださいね。

以下で、それぞれの成分をみてみましょう。

洗髪時の注意点を確認しよう!

自分に合うシャンプーを選んだら、次は洗髪方法と注意点を確認しましょう。

&Hairおすすめの洗髪方法がこちら。

  • ①シャンプー前のブラッシング
     頭皮の汚れを浮き出す
  • ②ぬるま湯で2~3分頭皮を洗う
     頭皮と髪の汚れを落とす
  • ③シャンプーを泡立ててから、頭皮を中心に洗う
     爪を立てないように指の腹で洗う
  • ④よくすすぐ
     すすぎ残しは毛穴詰まり→頭皮トラブルの原因になるので注意
  • ⑤頭皮までしっかり乾かす
     濡れた状態は雑菌が繁殖しやすいので注意


洗髪時、特に注意してほしいポイントをまとめておくね!

  • シャワーの温度は「38℃」
  • シャンプー洗髪は「1日1回」
  • タイミングは「夜」

  • すすぎ残しNG

  • 自然乾燥NG

シャワーの温度は「38℃」程度のぬるま湯がおすすめです。
お湯が熱すぎると、頭皮のバリア機能を果たす必要な皮脂まで洗い流されてしまい、乾燥の原因になります。

また、1日に複数回シャンプー洗髪をしてしまうと、これまた必要な皮脂まで洗い流し、乾燥を招きかねません。
ですので、シャンプーを使用した洗髪は「1日1回」にとどめ、その他は湯シャンで汚れを洗い流す程度にしておきましょう。

シャンプー洗髪を行うタイミングは「」がおすすめ。
1日の汚れを落とさずに寝てしまうと、毛穴詰まりから頭皮環境の悪化につながりかねませんので注意してくださいね。

すすぎ残しや自然乾燥はNGです!
菌が繁殖する可能性があり、頭皮環境の悪化につながりかねませんので、しっかり洗い流して、頭皮までしっかり乾かしましょう。

少しの意識で簡単にできますので、頭皮環境を整えるためにぜひ実践してみてくださいね。

Comment ann 1
あん

頭皮のかさぶた・かゆみの原因と対処法を見てきたけど、あなたの症状に合う対処法は見つかったかな?

頭皮にかさぶたとかゆみがある場合は、今回紹介した皮膚疾患の可能性があるから、症状がひどい場合はすぐに皮膚科で相談してね。

頭部白癬のように悪化すると抜け毛や薄毛を招くこともあるから、早期発見・早期治療が大切だよ!

頭皮のかさぶたとかゆみを防ぎたいなら、頭皮環境を整えることを意識してね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。