目次

  1. 1 まだ30代なのに薄毛!?原因や対策が知りたい
  2. 2 <30代女性向け>薄毛の原因を知るセルフチェック
  3. 3 セルフチェックができたら薄毛の原因を詳しく知ろう!
  4. 4 30代女性におすすめ!薄毛の原因別対策法をご紹介
  5. 5 30代女性の薄毛は原因に合った対策を!

「30代の女性だけどなんだか薄毛が気になる…」

「薄毛って年齢を重ねた女性の悩みだと思ってたのに…」

実は薄毛で悩んでいる、という30代の女性は意外といるのではないでしょうか?

今回は、30代の女性がなぜ薄毛になってしまうのか、その原因や対策についてまとめてみました。

調べ物

30代女性の薄毛対策法を知る前に、まずは何が原因になっているのか、こちらの項目をチェックしてみましょう。

  1. 年齢が30代後半
     ・ホルモンバランスの変化・乱れによる薄毛
  2. 出産を終えて1年以内
     ・ホルモンバランスの変化・乱れによる薄毛
  3. 外食や栄養の偏った食事が多い  ・ホルモンバランスの変化・乱れによる薄毛
     ・栄養不足による薄毛
  4. 食事制限によるダイエットをしている
     ・ホルモンバランスの変化・乱れによる薄毛
     ・栄養不足による薄毛
  5. 寝不足が多い
     ・ホルモンバランスの変化・乱れによる薄毛
  6. 仕事や育児などストレスが多い
     ・ホルモンバランスの変化・乱れによる薄毛
     ・栄養不足による薄毛
     ・頭皮の血行不良による薄毛
  7. お酒を飲む量が比較的多い
     ・栄養不足による薄毛
  8. タバコを吸っている
     ・栄養不足による薄毛
     ・頭皮の血行不良による薄毛
  9. 紫外線に当たっている時間が多い
     ・頭皮への負担による薄毛
  10. パーマやカラーを頻繁にしている
     ・頭皮への負担による薄毛
  11. 髪をきつく結んでいる、いつも同じ分け目
     ・頭皮への負担による薄毛
  12. 頭皮にベタつき・臭い・大量のフケがある
     ・頭皮の炎症による薄毛
  13. 父親が薄毛
     ・遺伝による薄毛

これらの項目の中で当てはまるものがあれば、それが30代女性の薄毛や抜け毛の原因になっていると考えられます。

また、女性の薄毛の原因は複雑なため、ひとつではなく複数当てはまるという女性もいるでしょう。

そのような場合は、複数の対策を行う必要があります。

先ほどのセルフチェックの項目の原因ごとにまとめました。

ご自身に当てはまるものについて、確認してみてください。

生活習慣

セルフチェックで(1)(2)(3)(4)(5)(6)に当てはまった女性は、ホルモンバランスの変化や乱れが薄毛の原因になっている可能性があります。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、髪の毛の成長に関わっているホルモン。これが減ってしまうと、髪の毛が十分に成長することができず、薄毛につながってしまうのです。

加齢によるもの
30代後半くらいから、エストロゲンを含めた女性ホルモンのバランスが変化してくると言われています。

エストロゲン(女性ホルモン)の減少により起こる代表的な薄毛はFAGA(女性男性型脱毛症)です。頭全体的に薄毛になることからびまん性脱毛症とも呼ばれています。

生活習慣の乱れ
加齢のほかに、生活習慣の乱れもホルモンバランスに影響するとされています。

仕事や育児、家事が忙しくて睡眠不足だったり、生活リズムが不規則になっていたりといったことが、薄毛にも影響しているかもしれません。

産後のホルモンバランスによる影響
また、産後もホルモンバランスが崩れるため、一時的に抜け毛がひどくなって薄毛を引き起こします。

しかしほとんどの場合は産後1年〜1年半くらいで元に戻ると言われているので様子を見るのがいいでしょう。

酒

セルフチェックで(3)(4)(6)(7)(8)の項目が当てはまった方は、髪の毛を育てるために必要な栄養が足りないことが、薄毛の原因になっているかもしれません。

食事の栄養バランスが偏っていたり極端なダイエットで体内に取り入れる栄養が少なくなったりすると、髪の毛が成長するための栄養が不足してしまいます。

また、30代になると喫煙歴が長かったり、交友関係も広がりお酒を飲む機会が増えたりする女性も多いでしょう。

そんな喫煙習慣や飲酒量が多い女性も注意が必要です。タバコに含まれる有害物質やアルコールを体内で分解するために、たくさんの栄養が消費されます。

その結果、髪の毛に届くはずだった栄養が分解に使われてしまうため、栄養不足につながってしまうのです。

タバコを吸う女性

セルフチェックで(6)(8)が当てはまった女性は、頭皮の血行不良が薄毛の原因となっているかもしれません。

ストレスタバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させるため、頭皮の血行不良を引き起こすと言われています。

頭皮の血行が悪いと、髪の毛を新しく作り出したり成長させたりするための栄養が、十分に運ばれなくなります。

その結果、栄養不足で髪の毛が育ちにくくなって、薄毛になってしまうというわけです。

髪を結ぶ女性

セルフチェックで(9)(10)(11)が当てはまった女性は、頭皮へ過度に負担がかかってしまい、薄毛になっているかもしれません。

紫外線によるダメージは頭皮を弱らせてしまうと言われ、頻繁にパーマやカラーを行うと頭皮への刺激が蓄積されていきます。

また、髪の毛の分け目がいつも同じだったり、きつく髪の毛を結ったりしている女性は、頭皮や毛根に負担がかかってしまっていることに。

このような頭皮への負担が、薄毛や抜け毛につながることがあるので、髪型を変えることが好きな女性は要注意です。

悩む女性

セルフチェックで(12)が当てはまった女性は、頭皮の炎症が原因で薄毛が起きているかもしれません。

頭皮のベタつきや臭い、フケなどは、頭皮環境が乱れると起こるもの。

これらによって毛穴がふさがれ、炎症が起きてしまうことがあるのです。

頭皮の炎症がひどくなると、髪の毛が健康に育ちにくくなってしまうため、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。

遺伝子

女性の薄毛は、遺伝が原因になることも多いようです。

特に女性の場合、その遺伝子を父親から受け継ぐと言われているため、父親が薄毛の場合は遺伝が原因のひとつとなっているかもしれません。

ここまで、30代女性が薄毛になる原因を説明してきました。

ここからは、おすすめの薄毛対策をご紹介していきます。ご自身の原因に合わせた対策方法を取り入れてみてくださいね。

シャンプーは頭皮環境を整えるために大切なポイントとなるので、選び方などを知っておくといいでしょう。

原因別の対策にプラスアルファの頭皮ケアもおすすめです。

なかなか薄毛の原因が分からないという方は、病院やクリニックを受診してくださいね。

食事

栄養不足が薄毛の原因と考えられる場合は、食事の見直しをしてみることをおすすめします。以下のポイントを参考に、栄養バランスのとれた食事を心がけてみましょう。

  • タンパク質をしっかり摂る
  • ビタミン・ミネラルを摂取する
  • 脂質を控えめにする

髪の毛の90%以上はタンパク質でできています。また、ビタミン・ミネラルは健康な髪の毛を作るのに必須の栄養素

バランスのとれた食事でこれらをしっかりと摂ることが、髪の毛に必要な栄養を届けることにつながります。

また、脂質のとりすぎは皮脂の過剰分泌の原因となることがあるので、あまり摂取し過ぎないようにしましょう。

運動

薄毛対策をするためには、生活習慣を見直すことも必要です。

ホルモンバランスの乱れを防ぐために、睡眠時間を十分に取ったり、規則正しい生活を心がけたりしてみましょう。

寝る前のカフェイン摂取を控えたり、スマホやPCをいじるのを止めたりすることも対策のひとつ。

また、ストレスを発散させるため、趣味や適度な運動の時間などをとることも大切です。

日々の生活の中で多めに歩くことや、いつもより好きなことに時間を使ってみるといった気分転換にもなりそうなことから始めてみてください。

他にも飲酒や喫煙習慣のある女性は、飲酒量を減らす、禁煙・減煙するなど、できるだけ意識して控えた方がよいでしょう。

湯船に浸かる女性

髪の毛に十分な栄養を届けるため、頭皮の血行改善も心がけましょう。

もともと冷え性という女性は、頭皮も血行が悪くなっているかもしれません。

時間がないからとシャワーだけで済ませずに湯船に浸かる、冷房の効いた部屋にいるときはブランケットを使う、オシャレはしたいけれど薄着はしすぎないなど、冷え対策をしてみてください。

また、頭皮の血行を促進するために、頭皮マッサージをするのもおすすめです。

頭皮のコリがほぐれストレス解消になるうえ、血行改善につながりますよ。

シャンプー

薄毛対策には、毎日使うシャンプーの見直しも重要です。頭皮環境を改善するために、ご自身の頭皮にあったものを使うようにしましょう。

以下のようなポイントに気をつけながら、シャンプーを選んでみてください。

  • 頭皮が乾燥しやすい人:アミノ酸系、弱酸性のもの
  • 頭皮が脂っぽい人:高級アルコール系
  • 頭皮が普通の状態の人:特に気にすることはないがアミノ酸系がベター

ご自身で選ぶのが難しい、ということであれば、通っている美容室で相談してみるのもおすすめです。

帽子を被り日焼け止めを持つ女性

薄毛・抜け毛を防ぐためには、頭皮の負担をできるだけ減らすことも必要です。

  • 髪型や分け目を変える
  • 髪の毛を結んでいる時間を短くする
  • パーマやカラーの頻度を減らす
  • 日焼け止めなどを使って紫外線対策をする

こういったポイントに気をつけると、頭皮の負担を減らすことができます。

美容室で簡単なアレンジ方法を教えてもらったり、カラーやパーマの頻度を減らしたりして、薄毛が気になりにくい髪型にしてもらうといいかもしれませんね。

仕事や育児などでどうしても髪型が限られてしまう、という女性もできるだけ分け目を変えたり、結び方を工夫したりしてみてください。

これまでご紹介した、普段からできる対策にプラスして、育毛剤を使ってみるのもいいでしょう。

育毛剤には、頭皮の環境を整えたり、血行を促進したりする成分が含まれています。髪の毛が健康に育つのを助けてくれるので、普段のヘアケアに加えてみてください。

&Hairでおすすめするのは、女性の頭皮や髪の毛の悩みに特化して作られた「ベルタ育毛剤」です。

天然由来成分が配合されており、女性のデリケートな頭皮に優しく使える育毛剤となっています。

頭皮に炎症が起きているという方は、皮膚科やクリニックを受診してみるのも良い方法です。

近年は、薄毛治療を専門に行っているクリニックも多くあります。専門知識を持った医師が診察してくれるので、早めに解決できるかもしれません。

30代の働く女性

ご自身の薄毛に思い当たる原因はありましたか?30代に限らず女性の薄毛は原因が複雑な場合が多いため、自分の症状を見極めてそれに合った対策を行うことが大切です。

もしいろいろ試してみたけれど変化がなく、原因もいまいちわからない場合は、早めに適切な対策を打てるように病院やクリニックなどで原因を調べてもらいましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。