Navi megumi

もくじ

  1. 1 どうして!?女性の薄毛の原因って何なの?
  2. 2 女性にみられる7の症状から薄毛の原因をみてみよう
  3. 3 つむじ付近が薄い原因
  4. 4 分け目や生え際付近が薄い原因
  5. 5 髪全体が薄い原因
  6. 6 抜けた毛の跡が丸い形になっている原因
  7. 7 出産後に髪がごっそり抜ける原因
  8. 8 かゆみやフケがでる薄毛の原因
  9. 9 その他に考えられる薄毛の原因
  10. 10 原因がわかったなら…女性の薄毛の対策方法はこれ!
  11. 11 女性に多い薄毛の原因がわかれば対策もできる!早めに対処しよう
  12. 全ての目次を見る

みんなで撮った写真を見たら、なんだか髪の分け目が目立って薄毛になっている気がする…。

結構ショックですし、気になって仕方ないですよね。

そこで、女性の薄毛の原因と対策方法について調べてみました!

まずは、あなたの薄毛がどの種類の女性の薄毛かを探ってみましょう!

次の段落から始まる、今の薄毛の状態に当てはまるか心当たりのある項目を選んで、読んでみてくださいね。

女性の薄毛のつの状態から、原因として考えられる症状や対策を詳しく解説していきます。

ご自身に近い症状から原因を探ってみてください!

主としてつむじを中心に髪全体が薄くなりますが、側頭部や生え際が薄くなることもある女性特有の薄毛です。

閉経前後の女性に多く見られますが、思春期以降の女性ならいつでも発症する可能性があります。

最近は仕事のストレスや生活習慣の乱れなどのためか、若い女性のFAGAが増えています。

■原因
FAGAの原因は、女性ホルモンのバランス、ストレス、生活習慣の乱れなどです。

・女性ホルモンのバランス
女性ホルモンの働きには、髪のハリ・コシを保つことや髪が伸びる成長期を延長することなど。

加齢、ストレス、生活習慣の乱れなどが原因でこの女性ホルモンが減少すると、毛の生え変わりなどにも影響を及ぼしてしまい薄毛の原因になるのです。

・ストレス
ストレスがたまると、ホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌量が増えます。

後ほど紹介する頭皮マッサージを試したり、体を動かしたりして、ストレスを解消してみましょう!

・生活習慣の乱れ
睡眠不足だったり、食生活が乱れたりすると、皮脂分泌量が上がって頭皮環境が悪化しやすくなり、薄毛のリスクが高まります。

■対策方法

牽引性脱毛症は、髪の毛が長期間引っ張られることが原因の薄毛。

引っ張られて負担がかかりやすい、生え際や分け目などの髪が抜けてしまうことが多いです。

■原因
「牽引性脱毛症」の原因は、髪を引っ張ることで頭皮の血行が悪くなったり髪を生み出す細胞に負担がかかったりすること。

毎日同じ髪型や分け目、あるいはヘアアイロンで髪を引っ張っていたり、編み込みタイプのエクステをしていたりすると、リスクが高まります。

■対策方法

主としてつむじを中心に髪全体が薄くなりますが、側頭部や生え際が薄くなることもある女性特有の薄毛です。

閉経前後の女性に多く見られますが、思春期以降の女性ならいつでも発症する可能性があります。

最近は仕事のストレスや生活習慣の乱れなどのためか、若い女性のFAGAが増えています。

■原因
FAGAの原因は、女性ホルモンのバランス、ストレス、生活習慣の乱れなどです。

・女性ホルモンのバランス
女性ホルモンの働きには、髪のハリ・コシを保つことや髪が伸びる成長期を延長することなど。

加齢、ストレス、生活習慣の乱れなどが原因でこの女性ホルモンが減少すると、毛の生え変わりなどにも影響を及ぼしてしまい薄毛の原因になるのです。

・ストレス
ストレスがたまると、ホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌量が増えます。

後ほど紹介する頭皮マッサージを試したり、体を動かしたりして、ストレスを解消してみましょう!

・生活習慣の乱れ
睡眠不足だったり、食生活が乱れたりすると、皮脂分泌量が上がって頭皮環境が悪化しやすくなり、薄毛のリスクが高まります。

■対策方法

主としてつむじを中心に髪全体が薄くなりますが、側頭部や生え際が薄くなることもある女性特有の薄毛です。

閉経前後の女性に多く見られますが、思春期以降の女性ならいつでも発症する可能性があります。

最近は仕事のストレスや生活習慣の乱れなどのためか、若い女性のFAGAが増えています。

■原因
FAGAの原因は、女性ホルモンのバランス、ストレス、生活習慣の乱れなどです。

・女性ホルモンのバランス
女性ホルモンの働きには、髪のハリ・コシを保つことや髪が伸びる成長期を延長することなど。

加齢、ストレス、生活習慣の乱れなどが原因でこの女性ホルモンが減少すると、毛の生え変わりなどにも影響を及ぼしてしまい薄毛の原因になるのです。

・ストレス
ストレスがたまると、ホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌量が増えます。

後ほど紹介する頭皮マッサージを試したり、体を動かしたりして、ストレスを解消してみましょう!

・生活習慣の乱れ
睡眠不足だったり、食生活が乱れたりすると、皮脂分泌量が上がって頭皮環境が悪化しやすくなり、薄毛のリスクが高まります。

■対策方法

髪が乾燥してパサパサになってしまったり、薄毛になったりします。

■原因
ダイエットによる薄毛の原因は、栄養不足とホルモンバランスの崩れです。

・栄養不足
食事制限などで髪の毛を作るための栄養が足りなくなると髪がパサパサになってしまい、極端に足りない場合は薄毛の原因となります。

・ホルモンバランスの崩れ
女性ホルモンは毛の生え変わりなどにも影響を及ぼしているため、バランスが崩れると薄毛につながってしまいます。

また、過度のダイエットをすると、ホルモンバランスが崩れて皮脂分泌量が上がり、頭皮環境が悪化しやすくなるのです。

■対策方法

20代〜30代の女性に多く、髪全体が薄くなるほか、人によっては眉毛が抜けることも。

他の症状としては、疲れやすくなったり、よく汗をかいたり、食欲はあるのに痩せてきたりします。

喉の下の方や鎖骨の上のあたりが腫れている時は、甲状腺異常による薄毛かもしれません。

■原因
原因は甲状腺のホルモン分泌量の異常。

こちらで出来ることはほとんどないので、早めに病院へ行きましょう。

■対策方法

無意識に自分で自分の髪を引き抜いてしまうのがこの「抜毛症」です。

髪だけではなく眉毛などを抜く方もいて、また、抜いた毛を呑み込んでしまう方もいます。

■原因
20代までの若者、特に女性に多く見られ、本人の抱える不安やストレスが原因になります。

しかし本人がそのストレスや不安を自覚していなかったり、わかっていても自分ではどうしようもないことがあったりすることも。

ですから抜毛症の場合、心療内科や精神科などの専門家の手を借りるべきでしょう。

■対策方法

産後2〜3ヶ月あたりから起こり始める、女性ならではの薄毛です。

半年〜1年ほど続くもので、たいていは月日の経過とともに自然に治ります。

それでも気になる場合は、育毛剤などを使うのも手です。

■原因

分娩後脱毛症の原因は、妊娠中の女性ホルモンの分泌量。

女性ホルモンには、髪が伸び続ける期間を延長する働きなどがあります。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が多いため、本来とっくに抜けるはずの髪の毛があまり抜けません。

しかし出産後は女性ホルモンの量が妊娠前の量に戻るので、髪の成長もようやく終わり、一気に髪の毛が抜けていくことで薄毛になるのです。

■対策方法

かゆみやフケ、かさぶた、赤みなどの症状が見られ、悪化すると薄毛になることがあります。

■原因
頭皮の皮脂量が多いこと、それによって皮脂をエサとする常在菌マラセチアが増殖してしまうことが原因です。

皮脂増加の原因は、うまく頭皮の皮脂を落とせていないパターンの他、頭皮の乾燥、生活習慣の乱れによる頭皮環境悪化、などがあります。

・うまく頭皮の皮脂を落とせていない
髪の汚れはお湯だけでもある程度洗い流せるのですが、頭皮の汚れはシャンプーを使わないとなかなか落とせません。

抜け毛やフケなどのトラブルには頭皮環境が原因となっていることも多く、頭皮環境を整えるためには肌に合ったシャンプーでしっかりと頭皮を洗う必要があります。

・頭皮の乾燥
皮脂には皮膚をカバーして水分が蒸発しないように守る役割があります。

皮脂が不足すると、皮膚は水分が蒸発しないようにもっと皮脂を分泌して自分を守ろうとするので、乾燥によって皮脂量が増えてしまうのです。

特に女性は男性よりも皮脂分泌量が少ない傾向にあるため、皮膚が乾燥しがちな方が多くみられます。

・生活習慣の乱れによる頭皮環境悪化
睡眠不足だったり、食生活が乱れたりすると、ホルモンバランスが崩れて皮脂分泌量が上がり、頭皮環境が悪化しやすくなります。

■対策方法
- 正しく髪を洗う
- 生活習慣の改善
- お医者さんに診てもらう

抜け毛が増えるほか、日焼けして髪も傷みます。

■原因
薄毛の原因は紫外線ダメージ。

髪が受ける紫外線ダメージは肌の約3倍と言われており、特に夏の紫外線によるダメージは、秋に抜け毛が増えてしまうほど著しいダメージが…。

■対策方法

いわゆる「かぶれ」です。

かゆみや赤み、ひどい時は出血などが起きることもあります。

■原因
カラー剤やパーマ剤、シャンプー、整髪料などが原因です。

薬剤やシャンプーなどが肌に合わないものだと、頭皮が傷ついたりアレルギーを起こしたりしてかぶれてしまいます。

薬剤などが直接薄毛の原因となるわけではありませんが、かぶれによって頭皮環境が悪化し、薄毛を招きやすくなる可能性はあります。

■対策方法

薄毛の原因がわかったら、次は薄毛を防ぐための対策方法が知りたくなるもの。

というわけで、今度は解説した女性の薄毛の原因を元に、対策方法を紹介します。

牽引性脱毛症」は、髪型や分け目を変えたり、エクステを外したりすることで対策できます。

職場などのルールで髪型がきっちり決められている場合は難しいかもしれませんが、そうでなければ髪型を変えてみましょう。

脂漏性皮膚炎」や「接触性皮膚炎」が薄毛の原因という女性は、丁寧にシャンプーをおこないましょう。

洗う頻度は1日1回、爪を立てずに指の腹で洗います。シャンプーはきちんと洗い流してくださいね。

ネイルなどをしていて洗いにくい方は、シャンプーブラシを使うのがいいでしょう。

肌が弱い方、乾燥しがちな方は、頭皮や髪と同じ弱酸性の「アミノ酸シャンプー」を使うのがおすすめです。

もっと詳しく知りたい方は、「薄毛に悩む女性の対策方法とは?症状別に原因も紹介!」も参考にしてみてくださいね。

「FAGA」や「過度なダイエット」「脂漏性皮膚炎」が薄毛の原因という方は、睡眠時間や食生活を改善してみましょう。

成人の睡眠時間の目安は厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針 2014」(参照1)によると6〜8時間がベスト。

髪を育てるためにはバランスのいい食事をとるには、るたんぱく質をはじめとるす栄養素をバランスよく取る必要があります。

髪を作るのに必要な栄養素と主な食材はこの通り。

  • タンパク質:肉、魚、卵、枝豆
  • ビタミンB6:にんにく、まぐろ
  • ビタミンC:アセロラ、柑橘類
  • ビタミンA:うなぎ、鶏レバー
  • ビタミンE:筋子、ピーナッツ
  • 亜鉛:生ガキ、鶏レバー
  • 鉄分:豚レバー、アサリ、納豆
  • マンガン:生姜、しそ、干しエビ

日々の食事の中で、意識して食べてみてください。

もっと生活習慣について知りたい方は、「薄毛に悩む女性の対策方法とは?症状別に原因も紹介!」の「生活習慣を改める」を。

もっと食事について知りたい方は、「薄毛に悩む女性の対策方法とは?症状別に原因も紹介!」の「バランスの良い食事をとる」も参考にしてみてくださいね。

頭の「日焼け」が原因となる薄毛は、紫外線を防ぐために帽子や日傘を使うのが良いでしょう。

また、最近では髪や頭皮に使える日焼け止めスプレーも販売されているので、それを使うのもおすすめです。

「FAGA」はヘアサイクルの乱れやホルモンバランスが崩れてなってしまいます。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けていると血行が悪くなるりがち。 目も酷使するので、眼精疲労の原因にも。

そこで、頭皮マッサージを行うと…リラックス効果のほか、頭皮のコリを軽減して血行を促進したり眼精疲労の軽減緩和をしたりする効果があります。

血行不良は頭皮環境悪化、ひいては薄毛の原因の一つ。

マッサージは、肌馴染みの良いホホバオイルなどを使って肌の負担を軽減しながら、シャンプー前に週1で行うと良いですよ。

順番は以下の通り。

  • 側頭部から頭頂部に向けてマッサージ
  • 前頭部・こめかみのマッサージ
  • 頭皮全体を刺激するマッサージ

オイルは、シャンプー時にしっかり洗い流してください。

もっと詳しく知りたい方は、「どうすれば効果的?頭皮マッサージの方法を解説!」も参考にしてみてくださいね。

もっと頭皮環境の改善や育毛に力を入れたい女性は、育毛剤を使ってみるのも一つの手段ですよ。

男性用と女性用がありますが、女性は女性用を使うのをおすすめします。

もっと詳しく知りたい方は、「薄毛に悩む女性の対策方法とは?症状別に原因も紹介!」も参考にしてみてくださいね。

これは「FAGA」や「産後の抜け毛」など、頭皮環境を整えて、発毛を促進したい女性に試してもらいたい対策です。

発毛剤には、病院で処方されるもののほか、「FAGA」による薄毛の場合のみ使用できる市販発毛剤「リアップリジェンヌ」があります。

副作用が出ることもあるので、使い方や使用上の注意などをよく理解して使ってくださいね。

もしも副作用が出たら、使用を中止してお医者さんに相談しましょう。

薄毛以外にもかゆみなどの症状があったり、対策を試してみても改善しないようなら、早めに病院へ行ってお医者さんに診てもらいましょう。

原因がわからない場合やかゆみ・発疹などがある場合は皮膚科へ。

甲状腺異常による薄毛の疑いがあるなら内分泌内科。

はっきりFAGAとわかっているなら毛髪外来や薄毛クリニックへ。

抜毛症の場合は、皮膚科だけでなく心療内科や精神科も視野に入れましょう。

いかがでしたか?

この記事である程度女性の薄毛原因の見当がついたなら幸いです。

薄毛になると「もしかしてこのまま治らないのかな?」なんて不安になってしまう女性もいると思いますが、薄毛の原因がわかれば手が打てます。

早めに対処すれば綺麗に治るかもしれないので、今すぐ対策してみましょう!

薄毛の悩みが解決するように祈ってます!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。