Navi megumi 5d53f5049f16b4f208343e0ee7a9e77d02bbca4da903fa25857c9b4794eeff17

もくじ

  1. 1 抜け毛が増えたと思ったら生え際が薄毛になってる…うそでしょ!?
  2. 2 【原因】女性の生え際の薄毛に考えられる6つのこと
  3. 3 【対策】女性の目立ちやすい生え際の薄毛にできる9つの方法
  4. 4 薄毛対策は早めに始めよう!
  5. 全ての目次を見る

ある日、みんなで撮った写真をふと見てみると自分の生え際の毛が薄い

「なんで薄毛?どうして!?これってハゲってこと?」と不安になったことがある…という女性は少なくないはず。

そこで今回は、女性の生え際が薄毛になってしまう原因と対策について詳しくご紹介していきます。  

女性の生え際が薄くなってしまう原因は以下の6つです。

薄い生え際に悩んでいる女性なら、思い当たる節がある方もいるのではないでしょうか。

薄毛が気になって、対策をしたいけどどうしたらいいの?

という生え際の薄毛が気になる女性のために、それぞれの項目について詳しく説明していきますね。

普段、髪型を決めるときに同じ髪型や分け目をしていませんか?

ポニーテールなど、生え際の髪を引っ張るような髪型をいつもしている女性は、これが生え際の薄毛の原因かもしれません。

いつも同じ髪型、毎日ヘアアイロンを使うなど、髪を引っ張る形で頭皮に負担をかけ続けると、薄毛になることがあります。

このように頭皮に負担がかかると、頭皮の血行が悪くなったり、髪を生み出す細胞に負荷がかかったりすることで抜け毛が増えていくことがあるのです。

このような状態で起こる脱毛を「牽引性脱毛症」と呼びます。

髪型に関係するため、女性に多く見られる生え際の薄毛の原因です。

最近、気付くと生え際付近がかゆい!という女性はいませんか?

それは、カラー剤やパーマ剤、スタイリング剤、合わないシャンプーなどが原因かもしれません。

肌に合わない薬剤や整髪料、シャンプーなどが頭皮に触れると炎症を起こすことがあるのです。

直接的に生え際の髪が抜ける原因にはなりませんが、炎症の影響で頭皮環境が悪化し、結果的に生え際の薄毛につながることがあります。

フケやかゆみ、赤みなどの症状が特徴です。

最近、夜遅くまで起きていたり、ジャンクフードが続いたり、と生活習慣が乱れている女性はいませんか?

実は生活習慣の乱れがホルモンバランスを崩し、皮脂分泌量が増えて頭皮環境が悪化することで、生え際が薄毛になることがあるんです。

また、極端な栄養バランスの偏りで髪を作るための栄養が足りず、うまく髪を作れなくて生え際が薄くなることも。

気づけば睡眠不足や栄養が偏った食事が続いたなど、このくらい大丈夫だろうと高をくくっていても体は正直。

思い当たる節があるなら、注意が必要です。

日々の業務に追われ家に帰るのは夜遅く、休日は休むためにベッドでごろごろ。

そうして運動不足だったり、長時間同じ姿勢をしていたりすると、血行不良から生え際の薄毛を引き起こすことがあります。

なぜ、血行不良が薄毛の原因になるのかというと、まず栄養は血液によって運ばれますよね。

しかし血行が悪いと髪の成長に必要な栄養がうまく運ばれず、髪が細く弱くなり薄毛になってしまうことがあるんです。

他にも嗜好品であるタバコを吸うことも血行不良の原因になることもあります。

普段の何気ない生活習慣が、生え際の薄毛の原因になってしまう可能性があるなんて、思いもよらないですよね。

毎日お風呂に入ってシャンプーをしているのに、頭皮がベタつくことはありませんか?

そんな女性の方は、思ったより頭皮の皮脂量が増えてしまっているのかもしれません。

そもそも皮脂量が増えてしまうのは、生活習慣の乱れや肌に合わないシャンプーの使用による頭皮の乾燥が主な理由。

ヒトは頭皮が乾燥すると、皮脂を多く分泌することで頭皮を守ろうとするのです。

それ自体は体に備わった自然な反応なのですが、問題は、皮脂が増えすぎるとこれを餌にする常在菌「マラセチア」が異常に増えてしまうこと。

そのまま放置すると、かゆみやフケが発生する「脂漏性皮膚炎」という炎症になりかねません。

脂漏性皮膚炎が怖いのは、進行すると抜け毛が増えてしまい、生え際が薄毛になってしまう可能性がある点です。

もしあなたが出産後や40代以上の女性ならば、女性ホルモンの減少により生え際の薄毛が起きているかもしれません。

女性ホルモンは髪の成長サイクルに関係していたり、髪のハリ・コシを保つ働きがあります。

女性ホルモンの分泌量のピークは20〜30代で、40代あたりから減っていきます。

加齢で生え際が薄毛になっていくのは、このせいなのです。

他に女性ホルモンが減って生え際や頭部が薄毛になってしまうものとしては、「FAGA」(女性男性型脱毛症)があげられます。

発症する年代としては閉経前後の女性が多いですが、思春期以降の女性にも起こりうる症状です。

また、女性特有の薄毛には、産後の抜け毛「分娩後脱毛症」もあげられます。

分娩後脱毛症は、妊娠中に多く分泌されていた女性ホルモンが、産後に本来の量に戻ることで起こります。

髪の成長サイクルに関わる女性ホルモンによって妊娠中は髪が抜けずらくなっていますが、出産でホルモン量が元に戻ると抜けてしまうのです。

ただし、分娩後脱毛症の場合は基本的に時間の経過とともに治るので、まずは焦らず経過を見てみるのがいいでしょう。

女性の生え際が薄毛になる原因が分かったところで、対策はあるのでしょうか?

このまま生え際の薄毛が進行していくなんて心配ですよね。

でも大丈夫です!
以下の9つの対策方法で生え際が薄くなる原因を改善できる可能性があります。

それぞれ詳しく説明していきますね。

髪を引っ張る髪型や分け目が薄毛の原因となる「牽引性脱毛症」。

牽引性脱毛症ならば、生え際の頭皮に負担がかからないような髪型やスタイリング方法にするといいでしょう。

いつもと違う髪型に変えたり、ヘアセットの際にいつも使っているヘアアイロンで引っ張らないようにしたりすることで牽引性脱毛症の原因を取り除くことができます。

もし、仕事などで髪型が決まってるなら、できる限り短い時間だけ、原因となる髪型をするように心がけてみてくださいね。

カラー剤やパーマ剤、スタイリング剤で頭皮が炎症を起こすと頭皮環境の悪化につながります。

頭皮に触れた薬剤などで炎症を起こすということは、それが肌に合わないということです。

まずカラーやパーマを控えたり、原因のシャンプーや整髪料の使用を止めたりするのが第一です。

その上で炎症がなかなか治らないなら、皮膚科に行ってみることをおすすめします。

生え際が気になっている女性は、一人で悩まずに病院へ行ってみるといいでしょう。

生活習慣の乱れによる薄毛は、生活リズムや普段の習慣などを改めることで改善が期待できます。

まず睡眠時間は長ければいいというものではありません。

厚生労働省がまとめている「健康づくりのための睡眠指針2014」(参照1)によると、個人差はあるものの必要な睡眠時間は6時間以上8時間未満とされています。

最近、睡眠時間が足りていないという女性は、6〜8時間を目安に良質な睡眠がとれるよう心がけましょう。

生活習慣の改善には運動もかかせません。

仕事が忙しくて運動をしている暇もない!という女性は、1日10分歩くのを数回でいいのでするように心がけてみてください。

運動をすると血行が促進され、髪に栄養が行き届きやすくなります。

また、タバコは血行を悪くするのでできるだけ控えるようにしましょう。

ただし、いきなり禁煙するとストレスが溜まるので、ほどほどに調整していくのがいいでしょう。

全部をすぐに変えよう!と焦らず、ゆっくり自分のペースで生活習慣を改善していきましょう。

参照1:厚生労働省:健康づくりのための睡眠指針2014

発毛できる食べ物はありませんが、髪にいい栄養素はあります!

バランスの良い食事の大原則として、1日に必要な栄養素やビタミン、ミネラルなどをバランスよくとることが重要です。

髪に良い栄養素8種類とそれを含む食品の一例は以下の通り。

  • タンパク質:肉、魚、卵、枝豆
  • ビタミンB6:にんにく、まぐろ
  • ビタミンC:アセロラ、柑橘類
  • ビタミンA:うなぎ、鶏レバー
  • ビタミンE:筋子、ピーナッツ
  • 亜鉛:生ガキ、鶏レバー
  • 鉄分:豚レバー、アサリ、納豆
  • マンガン:生姜、しそ、干しエビ  など

普段、献立を考えるときに意識して食材に取り入れてみましょう。

また、外食などでも、意識してバランスのよい食事を心がけてみるといいですね。

女性の生え際の薄毛対策には、シャンプー選びと洗い方にこだわることが重要です。

シャンプーで炎症を起こしたり、皮脂が増えたりするのは、肌質にシャンプーがあっていないことが原因。

肌が弱い女性は、刺激が少ないアミノ酸シャンプーを選ぶようにしましょう。

また、皮脂が多い女性は、洗浄力の強いシャンプーを選ぶのがおすすめです。

自分に合ったシャンプーが分かったら、洗い方にこだわってみましょう。

<洗う順番>

  1. ブラッシング
  2. お湯だけで洗う
  3. シャンプーを手で泡立てる
  4. 指の腹で洗う
  5. しっかりすすぐ
  6. 乾かす

ちなみに生え際はシャンプーのすすぎ残しが多い場所の一つなので、気を付けて流しましょう。

もっと詳しく知りたい方は、「教えて!『肌質別シャンプーの選び方』と『おすすめの髪の洗い方』」も参考にしてくださいね。

生え際の薄毛の原因の1つ「頭皮の血行不良」には、頭皮マッサージがおすすめです。

血行促進の他、ストレスケアも期待できます。

ポイントは爪を立てずに、指の腹で優しくマッサージをすること。

オイルを使うことで、頭皮への負担を軽減しながらマッサージを行うことができます。

<簡単なマッサージの手順> 1. 側頭部から頭頂部に向けてマッサージする
2. 生え際からこめかみへマッサージする
3. 頭皮全体をマッサージする

もっと詳しく効果や手順について知りたい方は、「どうすれば効果的?頭皮マッサージの方法を解説!」ものぞいてみてください。

もう少し念入りに生え際の薄毛対策がしたい!そんな女性におすすめなのは「育毛剤」。

育毛剤は、頭皮を保湿し頭皮環境を整え、血行促進により髪の毛の育毛効果が期待できます。

編集部おすすめの育毛剤は、アレルギーテスト済みで妊娠・授乳中でも使える「ベルタ育毛剤」です。

99%天然由来成分でできている無添加(注1)の育毛剤で、3つの育毛有効成分の他、頭皮環境を整える育毛・頭皮ケア成分が56種類配合されています。

さらに成分のうち32種類はナノ化されいて、頭皮に浸透しやすくなっているのも特徴。

パッケージも可愛く、化粧品と一緒に置いてもおしゃれな見た目もポイントです。

注1:合成香料、天然香料、無香料、石油系界面活性剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、合成ポリマー、殺菌成分、キレート剤、抗酸化剤、ホルモン、ラノリン、アミン系化合物、天然色素

もっと本格的に生え際の薄毛対策をしたい場合は、病院で診察を受ければ発毛剤を処方してもらえることも。

また、市販の女性用発毛剤に「リアップリジェンヌ」があります。

ただし、「リアップリジェンヌ」は、女性特有の薄毛「FAGA」(女性男性型脱毛症)に悩む方のみ使用可能なので注意が必要です。

処方せんのいらない「第一類医薬品」でFAGAに効果が期待できるミノキシジルを配合。

薬局でも購入できますが、頭皮の発疹やかゆみ、頭痛などの副作用が起きることもあるので、異変を感じたら使用を中止してお医者さんに相談してください。

これまで、女性の生え際の薄毛の原因と対策についてご紹介してきました。

もしも紹介した対策方法で解決しなかったり、原因がわからなかったり、かゆみや出血などの異常があったりするしたら…。

その場合は、早めに皮膚科や薄毛専門のクリニックなどに行くことをおすすめします。

薄毛どころか毛が完全に生えてこなくなった時は、お金はかかりますが植毛という方法もあります。

植毛には「人工毛」と「自毛」があり、施術するなら拒絶反応の起こりにくい自毛植毛がおすすめです。

生え際の薄毛について一人で悩まずに、専門家に相談してみましょう。

今回は女性の生え際の薄毛の原因と対策についてご紹介しました。

原因が分かり、早めに適切な解決策を行えば生え際の薄毛を食い止められる可能性があります。

生え際の薄毛が気になる方は、原因を突き止めて症状にあった対策を行ってくださいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。