Navi ann 3567a55d730e7fc81eceb4f1b3cc64f6d6bce7fc40b438d8ab989303f0b9c3c0

もくじ

  1. 1 髪の毛が多い女性に似合う“髪型のポイント”をチェック!
  2. 2 【長さ別】髪の毛が多い女性におすすめの髪型 10選
  3. 3 「すいてください」は“もっさりヘア”まっしぐら!?
  4. 4 ポイントを押さえて似合う髪型を見つけよう!
  5. 全ての目次を見る
あん

髪の毛の量が多いと似合う髪型がないと思ってない…?
たしかに、髪の毛の量が多いと、もっさりしたり、広がりやすかったり、うまくまとまらなくて困るよね。

でも大丈夫!
髪の毛の量が多い女性でもポイントさえ押さえれば、似合う髪型があるんだよ〜!

今回は髪の毛の量が多い女性におすすめの髪型を長さ別に紹介するね!

髪の量が多い女性におすすめの髪型を見ていく前に、まずは髪型を選ぶときのポイントを確認しておきましょう。

もっさりヘアにならないために…
髪の量が多い女性におすすめの髪型のポイントはこれ!

  • OK:全体的に重めのスタイル
  • NG:すき過ぎ / 軽すぎるレイヤースタイル

レイヤーとは、段差のこと
レイヤーカットは、下が長く上を短くすることで段をつくるカットのこと

髪の毛の量が多い女性は、軽くしすぎると短い毛が増えるので、かえって広がりやすくなってしまいます。
これがもっさりヘアのもと。

そのため、もっさりヘアになりたくなければ、全体的に重ためのスタイル(髪型)がおすすめです。

重たい髪型は嫌…」という女性でも大丈夫!
髪の毛の色や前髪など、スタイル次第で軽く見せることができるんです。

髪色を明るい色にするだけで抜け感が出て、重たい印象を払拭することができます。
前髪は重たい印象にならないシースルーバングノーバングアップバングショートバングがおすすめです!

それでは、このポイントを抑えた髪型を長さ別に紹介していきます。

あん

それではお待ちかね、髪の毛の量が多い女性におすすめの髪型を紹介するよ〜!

長さ別に紹介するから、あなたのお気に入りを見つけてみてね。

1)上品な大人の印象《ニュアンスロング×アップバング》

ふんわりと自然な動きが特徴のニュアンスロング

毛先に動きをつけてふわっとさせることで抜け感がでて、女性らしい雰囲気に。

重たく見えるのが嫌な髪の毛が多い女性は、写真のようにナチュラルなアップバング(かき上げヘア)で、前から見える印象を軽く仕上げるのがおすすめです!

2)シャープだけど可愛さが残る《レイヤーロング×シースルーバング》

前髪で女性らしい雰囲気を残しつつ、シャープな印象のレイヤーロング

多い髪の毛が広がらないように、後ろの長さは揃えて重さを残しています。
顔周りだけにレイヤーを入れ、重たく見えないように軽く仕上げるのコツ。

さらに、写真のように薄くシースルーバングにすることで、全体的に重たく見えない絶妙なバランスになります◎

3)女性らしい優しい印象《ゆるカール×シースルーバング》

ゆるいカールで女性らしい印象に仕上げたゆるカールスタイル

髪の量が多い女性は、巻きすぎると広がって重たい印象になってしまうので、髪の毛の中央〜毛先ゆるくカールをつけるのがおすすめです。

この場合、髪全体は重ためなので、前髪を薄いシースルーバングにしてバランスを取ると軽く見せることができるのでgood◎

4)綺麗めで女性らしい印象《ミディアムストレート×シースルーバング》

綺麗めで女性らしい印象のストレートヘア

全体の長さを揃え、シースルーバングと顔周りに少しレイヤーを入れることで軽く見せています。

毛先を太めのコテでワンカールすると、さらに女性らしさがUPしておすすめです。

5)個性的で甘い印象《ニュアンスウェーブ×オン眉バング》

眉上の前髪が個性的であどけなさが残るニュアンスウェーブスタイル

切りっぱなしのミディアムヘアで、ランダムにゆるいウェーブを入れることで全体に動きを。
そうすることで、軽く見せることができます!

前髪を眉上の長さにすることで重たい印象にならず、髪型のポイントになるのでおすすめです◎

6)大人っぽくクールな印象《切りっぱなしボブ×ノーバング》

あえて前髪をつくらず、クールな印象にした切りっぱなしボブ

写真のようにストレートにする場合は、オイルのスタイリング剤でウエット感を出すのがおすすめです!
髪の毛の広がりを抑えつつ、ツヤが出るのでより女性らしい印象に◎

ワンレングス(毛先のすべてが同じ長さ)にすると、重たい印象になりがちですが、あえて前髪をつくらずアップバングにすることで軽く見せることができます。

7)若々しく個性的な印象《ウェーブボブ×オン眉バング》

眉上の前髪が個性的な印象の無造作ウェーブボブ

全体はワンレングスで重ためですが、ウェーブパーマで動きをつけることで軽く見せることができます。
しかし、パーマを強くかけすぎるのはNG!
広がってもっさりヘアになってしまうので、傷みにくいパーマゆるい無造作ウェーブがおすすめです。

8)色っぽいシャープな印象《前下がりボブ×ノーバング》

色っぽい女性らしさがありつつ、かっこいい印象の前下がりボブ

全体にレイヤーが入っていますが、乾かしたら写真のようにまとまりやすくしっかり計算されています
これは腕のいい美容師さんにお願いしないともっさりヘアになりかねません…!

そのため、この髪型にしたい女性は「すいてください!」ではなく、「まとまりやすいように軽くしてください」とこの写真をイメージで見せてオーダーしてくださいね。

9)色っぽい落ち着いた印象《切りっぱなしボブ×センターパート》

色っぽい落ち着いた印象の切りっぱなしボブ

センターパート(真ん中分け)ですっきりと仕上げることで、長さの揃った切りっぱなしのボブでも軽く見せることができます!

スタイリング剤(オイルもしくはワックス)で毛先に動きをつけると重たく見えないのでおすすめです◎

10)上品で可愛らしい印象《ショートマッシュ×パーマ》

上品さと可愛らしさのあるショートマッシュ

パーマで毛先に動きを出すことで、髪の量が多い女性でも重たい印象になりにくく、しっかりと分けることですっきりと見せることができます!
髪の量を調整したい場合は、パーマをかけてからがおすすめです。

しかし、パーマを強くかけすぎたり、すき過ぎたりするともっさりヘアの原因になるので注意が必要です。

すいてくださいはNG!?

軽くしたいから、と「すいてください!」なんてオーダーの仕方はナンセンスです。

髪が多い、重いと「髪をすく」という選択肢がでてきますよね。
しかし、髪をすき過ぎてしまうともっさりヘアになってしまう可能性が高いのです。

そもそも髪をすくことは、全体の長さを変えずに髪の毛を間引いて毛量を調整する方法。
根元の方からすくと、毛先は軽く少なくなりますが、上の方には短い毛がたくさん残ることになります。

すると、もっさり感が出てしまい髪型が決まらなかったり、重たい印象の髪型になってしまうのです。

“髪の毛をすく”ことは、結果的に髪が軽くなったり、少なくなったりするだけで髪型を決める1つの要素でしかありません。

そこでもっさりヘアを防ぐために意識してほしいのが、「すいてください」ではなく最終的にどうなりたいのかしっかりとイメージを伝えること

例えば「もっさりヘアにならないように、ボブぐらいの短さにしてください」とか、
「髪の毛が広がらないように、軽く見えるヘアスタイルにしたい」とか。

美容師さんはその道のプロです。
あなたの意見をしっかりと伝えておけば、あとはそのために必要な手段を提案してくれますよ。

あん

あなたのお気に入りの髪型は見つかったかな?

髪の毛の量が多い女性には、全体的に重ための髪型がおすすめ!
前髪やカラーで軽く見えるよういに工夫して見てね。

すいたり、レイヤーを入れたり、軽くしすぎると広がってもっさりヘアになるから注意だよ〜!

美容師さんには理想のなりたい姿をしっかり伝えてね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。