Navi megumi 5d53f5049f16b4f208343e0ee7a9e77d02bbca4da903fa25857c9b4794eeff17

もくじ

  1. 1 産後に抜け毛が増えたり、髪が細くパサパサになったりする原因
  2. 2 【対策】産後におすすめのヘアケア方法 5つ
  3. 3 産後の抜け毛をカバーする髪型のポイント
  4. 4 産後のヘアケア、根詰めずに少しずつ始めていきましょ!
  5. 全ての目次を見る
あん

産後は赤ちゃんのお世話にてんやわんやのママたち。
産後からしばらくたつと、髪質の変化や抜け毛に悩むママたちも出てきます。
そこで、今回は抜け毛の原因や産後のヘアケアについて調べてみました。
ママたちの助けになれたら幸いです。

産後の体を回復させながら、赤ちゃんのお世話や家事などをこなすママは大忙し。

なかなか自分のことをかまう暇もなく、気づけば抜け毛が増えたり、髪が細くなったり、パサパサしたりと髪質に変化が訪れる方も多いようです。

「薄毛を隠したいな、いいヘアケア方法はあるかな?」

今回は、そんなお悩みを解決すべく、産後のヘアケア方法産後におすすめの髪型についてご紹介します。

産後の抜け毛や髪質の変化はなぜ、起こるのでしょうか。

順番に解説していきますね。

私たちの体の中ではさまざまなホルモンが作り出されています。

その中でも、健康な髪の毛づくりに深くかかわるのが「エストロゲン」という女性ホルモン

エストロゲンは女性らしい体づくりに必要なホルモンで、髪の成長するサイクルなどに関わっています。

きちんと分泌されていれば、ハリやコシ、艶のある美しい髪の毛を作ってくれます。

反対にエストロゲンの分泌が減少してしまうと、髪の成長するサイクルが乱れて髪が元気に育たず、パサパサに。

さらに、抜け毛が増えたり、薄毛になってしまう可能性もあります。

さて、このエストロゲン、妊娠中にはなんと妊娠前の100倍にも増え、それが産後の髪の悩みに関係しているというのです。

いったい、産後の抜け毛にどのように関係しているのでしょうか。
続けて見ていきましょう。

私たちのある一定の期間で生え変わっています。

しかし、妊娠中は赤ちゃんを育てる関係で、女性ホルモン「エストロゲン」が増加するため、髪の毛は抜けにくくなります。

そして産後、妊娠前の100倍にまで増えたエストロゲンの分泌が元の量に戻ることで、一気に髪の毛が抜ける「分娩後脱毛症」が起こります。

同じくエストロゲンが減少することで、パサパサした髪質に変化してしまうことも。

産後の抜け毛や髪質の変化は、時間の経過とともに産後半年から1年くらいで本来の形に戻っていくことが多いです。

戻るまでの期間は、髪型やヘアケアを工夫して、乗り切っていきましょう!

「ヘアケアはしたいけど、ヘアケアをする時間なんて...」

そう思う方も実践しやすい、時間のかからないヘアケア方法をご紹介しましょう!

<産後におすすめのヘアケア方法5つ>

  1. ヘアケアの基本は食事から!バランスよい食事を心がけよう
  2. 睡眠不足はヘアケアの敵!産後もできるだけ睡眠を取ろう
  3. そのシャンプー大丈夫?選び方、髪の洗い方(ヘアケア方法)
  4. 血行をよくしてリラックス!頭皮マッサージのすすめ
  5. 産後のヘアケアに育毛剤って使うのも◎

健康的な髪に成長させるにはバランスのよい食事が重要。

中でもたんぱく質ミネラルビタミンの3つの栄養素は、特に髪に大切な栄養素といわれています。

<たんぱく質(髪の90%以上を構成する栄養素)>

  • 人間の体や髪を構成し、抜け毛予防にも期待。
    含まれる食品は、牛肉などの肉類、魚、卵、枝豆、チーズ、納豆など。

<ミネラル(亜鉛やヨウ素など髪の生成に関わる栄養素)>

  • 分解されたたんぱく質を髪の原料として再合成するときに必要な亜鉛
    含まれる食品は、生ガキ、鶏レバーなど。

  • 新陳代謝に深くかかわる甲状腺ホルモンの働きを正常に整える手助けをするヨウ素
    含まれる食品は、昆布、ひじき、わかめなど。

<ビタミン(髪や頭皮の健康にかかわる栄養素)>

  • 老化を抑制する働きがあるビタミンA。 含まれる食品は、タマゴやレバーや緑黄色野菜

  • 細胞の代謝を促進し、髪の毛の成長を促す働きに期待が持てるビタミンB
    含まれる食品は、豚肉、レバー、まぐろ、さば、しじみ、納豆、牛乳など。

  • 末梢血管を広げて血行を促進させる働きがあるビタミンE
    含まれる食品は、かぼちゃ、サーモン、うなぎ、アーモンド、植物油など。

ご紹介した髪に重要な3つの栄養を含め、さまざまな栄養素を摂ることが、健康な髪を作ることに繋がります。

産後のヘアケアはバランスのよい食事から!

産後は睡眠が不規則になりがち…なんてママも多いと思います。

でも、健康を保つためにはもちろん、健やかな髪を作るヘアケアのためにも、睡眠は重要なのです。

健康な髪の毛には、睡眠中に分泌される成長ホルモンが不可欠。

成長ホルモンは体内のたんぱく質の合成を促すホルモンです。

髪の毛の大部分はたんぱく質で作られているため、成長ホルモンが分泌されるほど、丈夫で健康な髪が作られます。

その成長ホルモンの分泌は睡眠に入ってから最初の3時間に行われるので、最初の3時間でいかに質の高い睡眠を得られるかがポイント。

一般的に深夜の3~5時を過ぎると深い眠りには入りにくいといわれています。

ですから、遅くとも深夜12時頃には眠りにつくようにするといいでしょう。

産後、のんびりお風呂に入る時間はなかなかないかもしれません。

それでも、シャンプーや髪の洗い方などを見直すだけで、ヘアケアができますよ。

まずはシャンプーの基本。

シャンプーの主な役割は実は髪を洗うことではなく、頭皮を洗うことです。

髪についた汚れのほとんどはお湯で洗い落とすことができます。

一方、頭皮についた汚れはお湯では十分に洗い落とすことができず、シャンプーで洗浄する必要があるんです。

そんなシャンプーは、それぞれの頭皮の状態に合ったものを選ぶことが重要

例えば、脂性肌の人は強い洗浄力があるもの、乾燥肌の人は皮膚を洗浄しすぎず、保湿成分が含まれているものというように。

また、産後のヘアケアとして、シャンプーだけでなく、洗髪の仕方も見直してみましょう。

<洗髪のポイント2つ>

  • スタイリング剤と皮脂をしっかりと落とす
  • 洗いすぎに注意して指の腹で優しく洗う

さらに、髪の毛のパサパサが気になるようなら、ヘアケアにトリートメントを使うのもいいですね。

シャンプーやトリートメントなどのヘアケアについてもっと詳しく知りたい方は、すぐ後で紹介している記事も読んでみてくださいね。

頭皮マッサージは、血行を促進し、育毛に重要な健やかな頭皮作りをサポートできるヘアケア。

育児が始まると、生活リズムの変化や少しずつたまっていくストレスなどで、血行が悪くなってしまうことがあるのです。

血行が悪くなると、血液によって運ばれる、髪の成長に必要な栄養が、うまく頭皮に届かなくなってしまいます。

ですから、頭皮マッサージで血行を促進することは、健やかな髪の成長にプラスになるのです。

頭皮マッサージの具体的な効果はというと…

<頭皮マッサージの効果>

  • 抜け毛の防止
    頭皮マッサージを行うと血行促進効果が。
    血行不良から起きる抜け毛を防ぐ効果が期待できます。

  • コリの解消
    頭皮のコリをほぐし、頭部や目の周りの血行を促進させてあげれば頭皮のコリの解消になります。

  • リラックス効果
    血の巡りを良くするため血管が拡張され、血圧が下がるのでイライラが治まったりリラックスしたりという効果が期待できます。
    ストレス解消にもつながるので、ホルモンバランスを整える効果も期待できる。

頭皮マッサージは、産後の空いた時間にもできるヘアケアですので、是非、毎日続けてみてくださいね。

オイルを使ってマッサージするのもおすすめ!

忙しいとは思いますが、毎日の習慣にしてコツコツと続けていくことが大切です。

詳しい「頭皮マッサージの方法」については、こちらをご参考に。 

抜け毛は産後6ヶ月から1年くらいで落ち着いてくるはずですが、それでも外出時や人と会う時には、薄毛が気になることがあるかも。

それならヘアケア方法のひとつとして育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。

産後のデリケートな頭皮でも刺激の少ない、無添加の育毛剤もありますよ。

<育毛剤に期待できる効果>

  • フケ・かゆみを抑えて髪を抜けにくくする効果

フケは大量に発生すると、頭皮環境を悪くします。

フケやかゆみを抑えることで、頭皮環境を整え改善し、抜け毛防止に繋げてくれます。

  • 血行を促進して髪を抜けにくくする効果

育毛剤には頭皮の血行を促進するという役割があります。

頭皮の血行を促進することで、髪を抜けにくくすることができるのです。

  • 毛母細胞の活性化で髪を抜けにくくする効果

毛母細胞(注1)を活性化させることで、髪を抜けにくくしてくれます。

育毛剤についてもっと詳しく知りたい方は、すぐ後で紹介している記事を読んでみてくださいね。

(注1)毛母細胞とは、髪の毛を作り出している細胞のこと。

産後の抜け毛のカバー方法のひとつが髪型。

以下のポイントを抑えれば、薄毛や抜け毛をカバーしやすくなります。

  • ボリュームを作る
    前髪はショートバングフルバング厚めに作る
    髪を乾かす時は手で握りながら乾かしていくとボリュームが出ます。
    また、パーマで全体的にボリュームを出すのもおすすめです。

  • セットがしやすい
    産後はヘアケアのしやすさも重要。
    髪を結わけるくらいの長さにしたり、レイヤーやパーマなどボリュームと動きが出る髪型がセットしやすいです。

  • ヘアアレンジで工夫する
    髪の毛をくるっと巻いて中に入れ込む「くるりんぱ」はふんわりとしたボリュームを出すことができ、ツンツンした短い毛なども馴染ませることができます。

産後の抜け毛は気になるものの、なかなかヘアケアをする余裕がない方も、髪型でちょっと工夫を!

産後の抜け毛や薄毛をカバーしやすい髪型を知りたいという方は、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、是非、チェックしてくださいね。

産後はなかなか自分の時間を取ることが難しいですね。
「そんな中、ヘアケアに時間を割くなんて無理!」
その気持ちはわかります。

でも、今回ご紹介したように食事や睡眠をはじめとして、産後でも少し見直すだけでできるヘアケアもあります。

産後は赤ちゃんのお世話をしながら、自分の心や体を出産前に戻していく時期。

イライラしたり、余裕がなかったり、泣きたくなったりする時もあるかもしれません。

しかし女性ホルモン関係の産後の薄毛なら、いつか落ち着いてくるでしょう

また、赤ちゃんも生活のリズムができてくれば、お世話も楽になります。

あまり気にし過ぎないようにして、産後でもできるヘアケアからトライしていきましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。