目次

  1. 1 薄毛をなんとかしたい…!発毛剤と育毛剤って何が違うの?
  2. 2 発毛剤と育毛剤の違いを解説!
  3. 3 市販の女性向け発毛剤は少ない!?〜育毛剤と発毛剤の見極め方〜
  4. 4 市販で購入できる発毛剤はコレ
  5. 5 女性向けの発毛剤はクリニックでも処方してもらえる!
  6. 6 女性向け発毛剤の購入には細心の注意を!

女性にとって、抜け毛や薄毛って気になりますよね。
なんとかしたいと思い、発毛剤や育毛剤の使用を検討している方も多いでしょう。

でも、発毛剤と育毛剤。
「実際、どっちが自分に必要なの?」
「そもそも、発毛剤と育毛剤の違いって何?」と思ったことは、ありませんか?

こんな疑問をお持ちの方のために、2つの違いとともに、市販でも買える女性向けの発毛剤と育毛剤をご紹介します。

まずは、発毛剤と育毛剤の違いをご紹介していきます。

抜け毛や薄毛を改善するために、しっかり理解していきましょう。

発毛剤は、以下のようなものをいいます。

  • 医薬品として扱われる
  • 有効成分として、国が認めた成分が配合されている
  • 発毛効果が認められている(注1)

お分かりいただけるように、ポイントは、医薬品であること。

発毛成分が配合されており、サプリメントや栄養ドリンクのような補助する働きではないものをいいます。

ですから、薄毛治療の効果は高いですが副作用が起こる場合も…。

頭皮にかゆみや赤みが出たり、発汗や頭痛などが起こったりといった症状が報告されています。

そのため発毛剤は、病院での処方や薬剤師のいるドラッグストアでしか購入できません。

値段も医薬品の有効成分が配合されているため、高価なものが多いのが特徴です。

育毛剤は、以下のようなものをいいます。

  • 医薬部外品として扱われる
  • 有効成分として、国が認めた成分が配合されている
  • 発毛効果は認められておらず、育毛や発毛促進効果が認められている(注1)

育毛剤は、発毛剤と違って医薬部外品だということがポイント。

つまり、薬のように治療ではなく、現在ある髪の毛を強く元気にする働きをするのです。

抜け毛や薄毛の予防とか、ハリやコシのある髪を育毛したいという方が使用するとよいでしょう。

また、人体への作用が緩和なので医薬品のような副作用は少なくなっています。

ただ、女性の肌はデリケートですし、成分が肌に合わず赤みやかゆみなどの症状が出ることも忘れずに。

医薬品でないからといって、安心・安全であるとは断言できないので注意は必要です。

値段は、配合されている成分などにもよりますが、比較的手頃な価格で購入できるものが多いでしょう。

注1:全ての発毛剤・育毛剤に対して同じ効果が認められているわけではありません。
含まれる有効成分や商品そのものによって、認められている効果がことなるため、正確な効果効能はそれぞれの商品をご覧ください。

それでは、発毛剤と育毛剤の違いを、わかりやすくまとめてみましょう。

発毛剤 育毛剤
分類 医薬品 医薬部外品
効果 発毛効果など 育毛効果・発毛促進効果など
副作用 リスクが高い リスクが低い
価格帯 高め 比較的安価
目的 薄毛を改善したい 薄毛を予防したい

このように、発毛剤と育毛剤は、それぞれ違いがあります。

まず、自分がどの目的で使用するかを考え、薄毛の対策を始めましょう。

発毛剤と育毛剤の違いが、お分かりいただけたと思います。

薄毛や抜け毛の症状で、どちらを使用するか判断しなくてはなりませんね。

特に発毛剤を使用したいと思った場合でも、ご自身がFAGA(女性男性型脱毛症)でないと効果は見込めなません。

さらに女性が発毛剤を使用したい場合、市販で売られているものはごくわずかなため、女性用の発毛剤を探すこと自体が難しいのです。

でも、ネットなどで女性も使える商品を見たことがある気がするような?と思う方もいると思います。

実は、その商品は医薬部外品の育毛剤の可能性が高いのです。

発毛剤の購入を考えているなら、「第1類医薬品」と表記されているかをしっかり確認してください。

また、 海外からオンラインなどで個人輸入をして発毛剤を手に入れるルートもありますが、&Hairではおすすめしていません。

現在、女性用の発毛剤をドラッグストアなどで購入したい場合は、リアップリジェンヌしかありません。

リアップリジェンヌは、発毛効果が認められている成分のミノキシジルが配合されているFAGAに対応した女性用の発毛剤です。

  • ミノキシジルとは…?
    ミノキシジルは、高血圧の薬だったのですが、この薬を服用している人に、多毛症などの副作用が出ました。
    その結果、薄毛治療の薬として研究が進められ、発毛剤に使用されるようになりました。

  • ミノキシジルの効果は?
    ミノキシジルは、血管を拡張し血行を促進する効果があります。
    頭皮の血流も高められるので、毛乳頭にまで栄養が十分行きわたり、髪の毛を発毛させます。
    太く、抜けにくい髪を育てるので、抜け毛予防の効果も、認められています。

女性用のリアップリジェンヌには、ミノキシジルが2%配合されています。

男性用よりも少なくなってはいますが、副作用などのリスクがあるので購入・使用の際は、必ず薬剤師・医師へ相談しましょう。

女性の薄毛FAGAを治療するなら、クリニックで検査を受けて発毛剤を処方してもらうのもいいでしょう。

なぜなら、クリニックではリアップリジェンヌも扱っていますが、ほかにも女性が使用できる発毛剤を取り扱っているからです。

<クリニックで処方される女性でも使用できる発毛剤>

  • ロゲイン リアップリジェンヌ同様、ミノキシジルが、配合されている発毛剤。

  • パントスチン アルファトラジオールが、配合されている発毛剤。
    女性ホルモンが減少し、抜け毛が発症している症状に効果を発揮します。

このように、クリニックでは女性が使用できる発毛剤の種類が多いのが特徴。

発毛剤の使用が初めてという女性は不安もありますよね。

自己判断ではなく、自分の症状に合った治療法を医師に診断してもらうことをおすすめします。

発毛剤以外にも、ご自身の薄毛の症状にあった対策が見つかることもありますし、何より薄毛は方って置いても改善されるものではないため治療をするなら早めが肝心です。

薄毛専門のクリニックでは、無料相談も行っているので相談してみるのもいいでしょう。

発毛剤と育毛剤の違いが、お分かりいただけたでしょうか。

最後に、もう一度、女性用発毛剤の購入に関する注意点をまとめます。

<注意のポイント>

  • 女性は女性用(女性向け)の発毛剤を使用する 女性と男性の薄毛や抜け毛の原因は異なり、女性用を使用しなければ効果がでなかったり、副作用が大きく出たりします。

  • 発毛剤は医薬品であること 医薬品であることを確認してください。
    ネットで発毛効果があるかのように謳っている商品には、有効成分が配合されていない育毛剤であることがあるので注意。

  • 医薬品のため副作用もある 治療薬なので高い効果が期待できますが、まれに赤みやかゆみ、発疹などの副作用が出る場合もあります。

  • 医師・薬剤師から処方されたものを購入する 費用が高いからといって、個人輸入をして安く発毛剤を購入するのは危険です。
    前にも述べましたが個人輸入は、重大な副作用がでても救済措置の対象とはならないため、&Hairでは個人輸入はおすすめしていません。

発毛剤を購入する際はこれらのポイントに注意してください。

女性にとって髪は長く大切にしたいものです。

発毛剤の使用を検討している方は、医師や薬剤師のアドバイスを参考に薄毛治療を始めましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。